Axiory(アキシオリー)が「ブレント原油」の取扱を開始!

この記事は約2分で読めます。


2020年4月29日現在、Axiory(アキシオリー)では、WTICL(原油)の新規注文の受付を一時的に中断させて頂いております。

多くのAxiory(アキシオリー)の利用者に大変ご迷惑をおかけしていましたが、新たに「ブレント原油」の取扱を2020年4月29日より再び、開始することができるようになりました。

今回新たに追加したのは、原油価格市場において主要な位置を占める原油のひとつ「ブレント原油(BRENT)」です。

MT4及びcTraderの両プラットフォームにおいて、Axiory(アキシオリー)の利用者全員が、スタンダード、ナノ・スプレッドの全ての口座から、ブレント原油(BRENT)を取引できます。

ブレント原油取引開始時刻:2020年4月29日(水)日本時間22時頃

エネルギーマーケットもFXや株価指数CFD同様、実際に現物を所有することなく、原油などのエネルギーをレバレッジをつけて取引できます。

金利動向、インフレ期待や懸念、または新興国の活発な資源需要など様々な経済の基礎的要因の影響を受け、相場は時として大きく乱高下します。

エネルギーCFDは、少ない資本でレバレッジを活用する差金決済により取引が可能となりますが、高いリスクも伴いますので、資金に余裕を持って取引することをおすすめいたします。
また、エネルギーCFDは、月曜日から金曜日まで24時間、取引が可能なため、多彩な取引スタイルでお取引いただけます。

すべてのエネルギー銘柄は、レバレッジ20倍でお取引いただけます。

原油や天然ガス等の化石燃料取引を、少ない資本から資源価格へ直接投資できます。
金利の動向、インフレ期待や懸念、または新興国の活発な資源需要など、さまざまなファンダメンタルズの影響を受け、相場は時として大きく乱高下します。
エネルギーCFD市場への参加は、少ない資本でレバレッジを活用する差金決済により可能となります。

axiory

※MetaTrader 4の取引時間を記載しています。cTraderの取引時間はcTrader上でご確認下さい。

WTICL(原油)に関しては、0USDまで価格が落ち込むという前例のないWTI原油先物取引の暴落を受け、一時的に新規注文を受付できない設定とさせて頂いております。既にポジションをお持ちのお客様は、決済頂けます。

AXIORYのマーケット分析チームは、この歴史的な市場変動に関して、市場分析を継続して行っております。WTICL(原油)の取引の新規ポジション受付再開まで、今しばらくお待ち頂けますようお願いいたします。

こちらからAXIORYで取引する

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました