Axiory(アキシオリー)が、入金方法に仮想通貨を6種類追加!

この記事は約6分で読めます。

axiory

AXIORY(アキシオリー)が、仮想通貨を使った入金・出金方法に、BTC (Bitcoin)、BCH (Bitcoin Cash)に加えて、ETH (Ethereum)、XRP (Ripple)、PAX (Paxos Standard)、GUSD (Gemini dollar)、 USDC (USD coin)、BUSD(Binance USD)を新たに追加しました。

AXIORY(アキシオリー)の場合、仮想通貨を直接受付けしていないので、決済会社Bitpayを使って、法定通貨を仮想通貨に換金した後に、AXIORY(アキシオリー)へ入出金を行うことができます。

以下で詳細を解説していきます!

口座開設はこちら

Sponsor
Sponsor

仮想通貨での入出金の詳細

axiory

AXIORY(アキシオリー)は、 BTC (Bitcoin)、BCH (Bitcoin Cash)、ETH (Ethereum)、XRP (Ripple)、PAX (Paxos Standard)、GUSD (Gemini dollar)、USDC (USD coin)、BUSD(Binance USD)といった8種類の仮想通貨で入出金することができるようになりました。

しかし、AXIORY(アキシオリー)の場合、仮想通貨を直接受付けしていません。また、仮想通貨を持っていないトレーダーも数多くいます。そこで、仮想通貨を利用してAXIORY(アキシオリー)に入金、もしくは、AXIORY(アキシオリー)から出金する場合、ペイメントプロトコル採用ウォレットの一つであるBitpay(ビットペイ)を利用する必要があります。詳細はこちらからでも確認することができます。

AXIORY(アキシオリー)へ入金する時は、ペイメントプロトコル採用の仮想通貨ウォレットに限ります。 また、Bitcoin以外の仮想通貨は、利用しているウォレットによりAXIORY(アキシオリー)への入金で利用できる通貨が異なります。

尚、Bitcoinで入金した場合、Bitcoinで出金できます。

Bitcoin以外の仮想通貨でAXIORY(アキシオリー)に入金した金額は、国際銀行送金を経由して出金してください。

詳細はこちら

入出金手数料について

入金

入金を確認後、約15分で口座に反映します。1日の最大入金可能額は、500,000JPYです。
*ご利用のウォレットにより、利用できる仮想通貨が異なります。
bitpayからAXIORY(アキシオリー)への入金手数料は無料となります。

また、20,000JPY以上の入金には手数料は無料です。しかし、20,000JPY以下の入金には金額によらずに一律に、1,500JPYの手数料が必要となります。

出金

セキュリティーに万全を期しており、出金時には必ずウォレット名の確認を行っております。3営業日以内に手続きが完了します。Bitcoinへ出金可能。Bitcoin以外の仮想通貨は入金のみの対応となりますので、国際銀行送金でご出金ください。1日の最大出金可能額は、1,000,000JPYです。

bitpayからAXIORY(アキシオリー)からbitpayへの出金手数料は無料となります。

出金手数料に関しては、1回あたり、200USD(20,000JPY、200EUR)未満の取引で出金する場合のみ、一律、15USD(1,500JPY、15EUR)の手数料が発生します。200USD(20,000JPY、200EUR)以上の取引をすると、出金手数料は無料となります。

Bitpay(ビットペイ)とは?

BitPayウォレットは、元々、BitPayの資産を保護するために作成されたHDマルチシグウォレットです。 BitPayは、複数の個人用および共有のウォレット、テストネット、そしてペイメントプロトコルといった全てのサービスを提供しています。プライベートなBWSノードは、セキュリティとプライバシーを強化するために使用可能です。

ビットコインがまだ世界であまり認知されていない2011年にbitpay(ビットペイ)が設立されました。 bitpay(ビットペイ)は、ビットコインが金融業界に革命を起こし、支払いをより速く、より安全に、そしてより安価に世界規模で行えるようにサービスを展開しています。

Bitpay(ビットペイ)は、ペイメントプロトコルを採用しているので、BitPayへの支払いの正しい送信金額とビットコインアドレスを即座にロックすることができます。それらは、非常に多くの費用のかかる支払いエラーを引き起こしていまう手作業の間違いの影響を受けません。

ペイメントプロトコルにより、すべての支払いエラーの発生を防ぐことができます。ペイメントプロトコルを使用すると、ウォレットは、ビットコインネットワークで拡散される前に、支払いをBitPayのサーバーと直接調整できます。取引や支払いなどのお金の出入りに問題がある場合、BitPayはそれを拒否できます。取引は決して拡散されないので、ユーザーは誤った支払いでお金を失うことはありません。ペイメントプロトコルは、誤ったビットペイの請求書支払いがビットコインネットワーク上で拡散されるのを防ぎます。

Bitpay(ビットペイ)が提供する6つの特徴

資産のコントロール

Bitpay(ビットペイ)を使用すれば、ビットコインを完全にコントロールできます。つまり、第三者が資金を凍結したり失くしたりする事がなくなるのです。ただし、ウォレットを安全に保ち、バックアップを行う事は、ユーザー自身の責任となります。

中央集権型

Bitpay(ビットペイ)は、中央集権型サービスにデフォルトで依存しています。

基本的な透明性

このウォレットの開発者は、クライアントのソースコードを公表しています。つまり、世界中の開発者の誰もが、コードを監査できます。しかし、Bitcoin Coreの様に決定論的に作成されたものではないため、最終的なソフトウェアをインストールしたりアップデートする際には、このウォレットの開発者を信頼する必要があります。

脆弱な環境の克服

Bitpay(ビットペイ)は、マルウェアに脆弱なコンピューターにも読み込まれます。しかし、その欠点を防ぐために、コンピューターを安全に保ち、強力なパスワードを用い、資産の殆どをコールドストレージに移動したり、2段階認証を強制的に用いているので、ビットコインを他人に盗まれる危険性はありません。

基本プライバシー

・支払追跡防止

Bitpay(ビットペイ)は、アドレスを循環する事で各ユーザーの残高や支払いに対する追跡を困難にしますが、支払い請求の度に、新しいビットコインアドレスを使う必要があります。

・第三者への情報開示

Bitpay(ビットペイ)は、各ユーザーの支払いを関連付け、IPアドレスを記録する事ができる中央サービスを使用しています。

・Torが使用不可能

Bitpay(ビットペイ)は、攻撃者やインターネットプロバイダーが各ユーザーのIPアドレスを用いて支払いと関連付ける事を阻止するための、Torの使用が許可されていません。

手数料の動的な提案の変更

Bitpay(ビットペイ)は、現在のネットワークの状況に応じて手数料の提案をします。つまり、Bitpay(ビットペイ)は、適切な手数料の選択を助ける事で、各ユーザーのトランザクションをタイミング良く、必要以上の手数料を支払う事なく承認させます。しかし、もし各ユーザーが提案の変更を望むのであれば、最終的には各ユーザーに手数料の決定権があります。

口座開設はこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました