BXONEが、テザー(USDT)の取扱いを開始!テザー(USDT)と法定通貨の相互両替も可能!

この記事は約3分で読めます。

bxone

BXONEでテザー(USDT)の取扱いが開始されました!

テザーは、Tether社が発行する米ドルとペックした仮想通貨で、単位がUSDTです。つまり、1USDTを1USDとなるように、USDTの供給を調整しているという意味です。

Tether(USDT)とは、米ドル通貨に類似する価値を持つことを目的とした仮想通貨です。2014年に公開されたTetherですが、その開発の背景には仮想ドル通貨やStable Coinのように安定した価値を持つ通貨を設計するというアイディアがありました。Tetherは、米ドル価格に結びついている(テザーされている)のです。

当初Tetherは、ビットコインネットワークのオムニレイヤーを通信プロトコルとして使用していました。現在はイーサリアム上で、ERC20トークンとして提供されています。総じてTetherは、ビットコイン(オムニ及びリキッドプロトコルの両方)、イーサリアム、EOS、そしてトロンのブロックチェーン上で発行されています。

Tetherトークンは、Tether Limited社によって発行されており、そのCEOはBitfinex社のCEOの役職も兼任しています。Tether社は、通貨は100%会社の準備金により調達されていると主張していましたが、2019年に当社の弁護士らは、調達は74%もしくは準備金のごく一部のみで、合計の調達額には関連会社からのローンも含まれていると発表しました。

そのテザーが、日本国内の電子ウォレットでは殆ど扱われておらず、外国の電子ウォレットでは基本的に取り扱いがあることが多いです。しかし、仮想通貨を法定通貨へ両替できない場合が殆どです。

BXONEなら仮想通貨から法定通貨の両替も自由です!!

BXONEの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

BXONEに関するUSDTにおける送金条件・手数料について

仮想通貨アンケート

  • 入金最低額:無し
  • 出金最低額:USDT 100 以上
  • 送金ネットワーク:ERC20
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 自動出金対象額:USDT 20,000 まで

USDT 20,000 越えの出金は3営業日以内に処理させていただきます。

BXONEの公式ページはこちら

BXONEへUSDTを入金する方法

BXONEへこちらからログインする。

bxone

Deposit(入金) ページを開き、USDTを指定して「Continue(続ける)」を押します。

bxone

上記のページで送金アドレスを取得します。
送金元ウォレットにログインし、送金の手続きを進めてください。

BXONEに着金すると、Transactions(取引)ページで今までの取引履歴を確認することができます。

BXONEの公式ページはこちら

BXONEへUSDTを利用する一例

  1. ウォレットAでBTC保有
  2. BTCが値上がりしたのでUSDTに両替してとりあえず利益確定
  3. ウォレットAからUSDTをBXONEへ送金(BXONEへの入金無料)
  4. BXONEでUSDTを円に両替(両替手数料なし)
  5. BXONEから円を日本の銀行へ出金(出金手数料500円)

BXONEでUSDに両替して、アクレダ銀行など海外の銀行へ送金することもできます。

BXONEの公式ページはこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました