Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)は、Beeks社のVPSサービスを無料で利用できる。無料でVPSを利用する方法を詳しく解説!

この記事は約7分で読めます。

exclusivemarkets-beeks-vps

Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)では、インジケーターやエキスパートアドバイザー(EA)を利用しているクライアントや、約定スピードを少しでも高めたい、レイテンシーを軽減されたいクライアントに、VPSサービスの提供をしています。

エクスクルーシブマーケットでは、VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)として利用頂けるサービスとしてBeeks社と契約しています。Beeks社のシステムは、VPSサービスグルーバルリーダーとして認知されています。

Beeks社で利用できるVPSサービスは、エクイニクス社のLD-4でホスティングされている専用サーバーとなり、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)の取引サーバーとは相互接続された状態で利用できます。

Beeks社と提携する事でExclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)トレーディングサーバーロケーション(ロンドン・LD-4)とクロス・コネクト(相互接続)されたVPS(バーチャル・パーソナル・サーバー)の利用が可能です。

この記事では、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)で取引するときに、無料VPSサービスを利用する方法を解説します。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

VPSを利用するメリット

バーチャルプライベートサーバー(VPS)を利用すると、クライアントがプラットフォームにPCやスマホ、タブレット経由でログインしていない時でも、24時間稼働させる事が出来るので、自動売買システムやインジケーターの稼働、決済スピードの改善を始めたり、スリッページを削減できたりと、自分のネット環境に依存しない最高の取引環境で取引することができます。

さらに、バーチャルプライベートサーバー(VPS)は、トレーダーが利用しているコンピューターとは別に設置され、停電やハードウェア障害、システムエラーとは無縁の状態で、24時間年中無休でインターネット接続環境を利用できます。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

Beeks社とは?

beeks-server

Beeks社は、金融サービス向けの主要なクラウドコンピューティング、接続、分析プロバイダーです。Beeks社はニュージャージーのエクイニクスNY4データセンターの単一サイトで運営されている小売取引市場に低遅延VPS(仮想プライベートサーバー)サービスを提供するために、CEOのゴードンマッカーサーによって2011年に設立されました。設立してから6か月以内に、ロンドンの外国為替市場にサービスを提供するサイトをロンドンに追加しました。

Beeks社のクラウドベースのInfrastructure-as-a-Service(IaaS)モデルにより、金融機関は、独自のネットワークやインフラを構築するコストの何分の1で、さまざまな取引所やクラウドサービスプロバイダーを展開および接続する柔軟性と機敏性を実現できます。

イギリスに拠点を置くBeeksは、17のデータセンターの国際ネットワークを持ち、主要な金融センターで大規模なグローバル顧客をサポートしています。オンデマンドコンピューティング、マネージドクラウドサービス、取引インフラストラクチャ、接続性、オープンバンキング、支払い、分析など、さまざまなソリューションを提供しています。

Beeks社はさらに、GallantVPSやVDIWareLLCを含む米国の資産を取得し、香港でも事業を拡大しました。

2017年11月、Beeks社はIPOを成功させ、700万GBPを調達し、ティッカーBKSの下で株式上場を認められました。 それ以来、成長戦略を成功裏に実行し、新しい地域に拡大し、株式や暗号通貨への接続を追加し、新しいサービスを開始しました。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

無料でVPSを利用する方法

1. まず、クライアントは各自、取引量やVPSの利用期間など取引状況に応じて、ブロンズ・シルバー・ゴールドパッケージの中から自分の取引スタイルに適したパッケージを申し込んでください。

パッケージ名 ブロンズ フリー シルバー フリー ゴールド フリー
必要経費 1ヶ月あたり27GBP相当額 1ヶ月あたり48GBP相当額 1ヶ月あたり85GBP相当額
スペック ・2560MB RAM
・30GB disk space
・1 vCPU
・4096MB RAM
・50GB disk space
・2 vCPU
・6656MB RAM
・75GB disk space
・4 vCPU
対応しているOS ウィンドウズ2021/2016・Linux サーバー ウィンドウズ2021/2016・Linux サーバー ウィンドウズ2021/2016・Linux サーバー
契約期間 月次購読/年次購読 選択可 月次購読/年次購読 選択可 月次購読/年次購読 選択可
利用できる人 新規・既存全員 新規・既存全員 新規・既存全員
最低必要残高 月末時点の口座残高 2,000ドル相当以上 月末時点の口座残高 3,000ドル相当以上 月末時点の口座残高 5,000ドル相当以上
最低取引量 月次で5往復ロット 月次で10往復ロット 月次で15往復ロット

2. Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)のVPSサービスを無料で利用したい人は、まず自分でBeeks社へ月次購読もしくは年次購読を契約して、支払いを完了しなければなりません。

3. 上記の表に書かれている「最低必要残高」と「最低取引量」を月末時点で満たしていれば、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)は、Beeks社で契約した月次購読料をクライアントの取引口座に支払います。つまり、実質無料でVPSを利用できることになります。

注意点

Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)が提供するVPSサービスは、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)以外で利用しているブローカーの取引口座や、Exclusive Marketsにおける複数の口座をBeeks社のVPSで稼働させることができます。

ただし、VPSの購読料を無料で利用したい人は、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)に申請・登録した取引口座での最低口座残高と最低取引量に注意してください。

Exclusive Marketsは、月末毎に取引口座の最低口座残高と最低取引量を確認します。

Exclusive Marketsに申請・登録した取引口座以外でBeeks社のVPSを利用した場合、もしくは、他のブローカーの口座でBeeks社のVPSを利用した場合、VPSの購読料は無料になりません。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

VPSを無料で利用するための手続きの方法

Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)のVPSサービスを利用したい方は、無料で利用できます。VPSを無料で利用したい人は、以下の情報とお支払い明細を添付した上で、Exclusive Marketsのカスタマーサポート「japan@exclusivemarkets.com」に連絡してください。

連絡する内容

  • メールの件名:無料VPSサービス申込について
  • 名前
  • 登録しているメールアドレス
  • VPSを利用した取引口座の口座番号
  • ご利用パッケージ
  • お支払い明細を添付して下さい。

お支払い明細のサンプルvps-beeks-payment

エクスクルーシブ口座を利用している場合の注意点

さらに、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)が提供する3種類の口座「スタンダード」「プロフェッショナル」「エクスクルーシブ」のうち、エクスクルーシブ口座を利用している人は、無料でお好きなパッケージでVPSサービスを利用できます。

エクスクルーシブ口座は25000USDが最小入金額なので、無料でBeeks社のVPSを無料で利用できる最低残高2000USD相当を満たしています。従って、申込みのパッケージに応じて月次での取引量を完了しさえすればいいだけです。連絡する内容は以下となります。

連絡する内容

  • メールの件名:エクスクルーシブ口座・無料VPSサービス申込
  • 名前
  • 登録しているメールアドレス
  • VPSを利用した取引口座の口座番号
  • ご利用パッケージ
  • お支払い明細を添付して下さい。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

まとめ

Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)は、無料でBeeks社のVPS(バーチャル・プライベート・サーバー)を利用できます。

バーチャルプライベートサーバー(VPS)は、トレーダーが利用しているコンピューターとは別に設置されているので、停電やハードウェア障害、システムエラーとは無縁の状態で、24時間年中無休でインターネット接続環境を利用できます。

「最低必要残高」と「最低取引量」を月末時点で満たしていれば、Exclusive Markets(エクスクルーシブマーケッツ)は、Beeks社で契約した月次購読料をクライアントの取引口座に支払います。つまり、実質無料でVPSを利用できることになります。

頻繁に取引する人は、VPSの利用をお勧めします。

Exclusive Marketsの公式ページはこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました