SticPay(スティックペイ)が、日本国内銀行出金手数料を改定しました。

この記事は約4分で読めます。

sticpay

昨今、新型コロナウイルスの影響による世界的経済不況により、各国の送金及び銀行側の規制と制度が強化されております。

SticPay(スティックペイ)も、社員たちが努力を続けてまいりましたが上記影響が大きく、やむを得ず2020年9月1日付で日本国内銀行出金手数料を以下の通り改定させていただくこととなりました。

SticPay(スティックペイ)のご利用の方は、予めご理解頂ますようお願いします。

SticPayの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは国境を越えた支払い与えた影響

新型コロナウイルスの蔓延を防ぐためのロックダウンやその他の対策により、COVID-19(新型コロナウイルス)のパンデミックは、私たちの日常生活を劇的に変えました。 ATMを使った引き出しと現金の使用量は減少しましたが、パンデミックの間、デジタル決済への関心が大幅に高まりました。 2020年5月26日から2020年6月1日までのオンライン販売は、パンデミック前と比較して40%増加し、eコマースショッピングへの関心が高まっています。 このような劇的な影響により、パンデミックは国境を越えた決済業界にもいくつかの大きな変化をもたらしました。

クロスボーダー決済システムの進化

それがB2CまたはB2Bの取引であるかどうかにかかわらず、従来の国境を越える「クロスボーダー」決済ネットワークの非効率性を確認することは難しくありません。国際送金を開始した後、資金は受取人に届く前に複数のコルレス銀行を通過します。送金銀行と受取銀行の間で直接送金が行われないため、従来のクロスボーダー決済は、コストが高く、処理時間が長くなります。

システムの問題はパンデミック前の期間に観察される可能性がありますが、コロナウイルスを燃料とするデジタル変革は、国境を越えた決済業界の発展を促進し、サービスプロバイダーからの予測可能な国際取引を要求しています。たとえば、SWIFT GPI(金融機関がはるかに高速かつ安価な方法で資金を送金できるようにする新しい国境を越えた支払い基準)は、パンデミックの間に銀行の間で人気が急速に高まっています。

電子ウォーレットの利用の急増

キャッシュレス取引の需要が急増しているので、消費者はデジタル決済用の電子ウォーレットの使用をますます検討しています。安全なエコシステムの一部として、電子ウォーレット決済は、顧客が資金を便利かつ効率的に取引するために使用できる幅広い支払い方法を統合します。

たとえば、STICPAYは、各国の国内銀行送金を提供し、グローバルな決済サービスを費用対効果が高く高速なトランザクションで拡張することで、電子ウォーレットを各国の国内および国境を越えた送金の実行可能なソリューションにしています。

仮想通貨とブロックチェーンの採用の増加

決済サービスプロバイダーは、ブロックチェーンベースのソリューションを試し、ユーザーにより迅速で安価な決済を可能にしています。パンデミックの影響により、仮想通貨に対する世界的な需要は大幅に高まってきました。消費者も企業も、国境を越えた支払いや危機に耐えられる価値のあるストアとしてのデジタル資産である仮想通貨の利用の可能性に注目しました。

仮想通貨の価格は、この需要の急増に続き、値上がりしつつあります。 2020年3月13日以降、ビットコインとイーサリアムはそれぞれ162%と263%値上がりしました。 STICPAYは、仮想通貨の需要に注目し、デジタル資産取引を電子ウォレットソリューションに追加しました。

現在、STICPAYを利用している方は、ビットコイン(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、およびTether(USDT)を使って入出金したり決済に利用できたりします。

SticPayの公式ページはこちら

SticPayにより日本国内銀行出金手数料の改訂前と改定後

sticpay

1.改定日:2020年9月1日

2.改定となる手数料:日本国内銀行出金手数料

既存手数料
国名 出金方法 通貨 手数料 1回出金限度額
日本 国内銀行出金 JPY(日本円) ¥ 800 + 1.5% 最大 ¥ 990,000
最小 ¥ 3,000
改定後手数料
国名 出金方法 通貨 手数料 1回出金限度額
日本 国内銀行出金 JPY(日本円) ¥ 800 + 2.0% 最大 ¥ 990,000
最小 ¥ 3,000

SticPayの公式ページはこちら

まとめ

入出金やATMによる現地引き出しに利用できる電子ウォーレット SticPay(スティックペイ)が日本国内銀行における出金手数料を引き上げます。

2020年9月1日火曜日以降、日本国内銀行送金での出金手数料が、800円+1.5%から800円+2.0%になります。

今回変更される手数料は、SticPayから日本国内銀行口座へ出金・送金した時に発生する手数料です。

日本国内銀行送金での出金手数料以外におけるSticPayのその他の入出金条件に関しては変化ありません。

SticPayの公式ページはこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました