TitanFX(タイタンFX)が、FX・メタルの新規7ペアの取扱いを開始!ZuluTradeにも利用できます

この記事は約4分で読めます。

TitanFX(タイタンFX)では、多くの利用者からのリクエストにより、新しい円ペアのFX商品、並びに人気のメタル(貴金属)CFD商品に、新たな取扱いペアを7つ追加しました。

コピートレードプラットフォーム「ZuluTrade」でも取引できます!

TitanFXの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

新たに取扱いを開始した7ペア

titanfx-cfd

FX通貨ペア

通貨ペア スタンダード口座の平均スプレッド ブレード口座の平均スプレッド
CNHJPY – 人民元 / 日本円 1.55 pips 0.55 pips
MXNJPY – メキシコペソ / 日本円 1.32 pips 0.32 pips
THBJPY – タイバーツ / 日本円 2.95 pips 0.32 pips

CNHJPY – 人民元 / 日本円の特徴

人民元は高い政策金利と将来性への大いなる期待に満ち溢れている魅力的な通貨です。
まず、インカムゲインの裏付けとなる政策金利に注目してみましょう。中国の政策金利は、2015年11月から3年以上もの間4.35%という高水準を維持しています。ご存知の通り、日本の金利は0.1%ですから金利差は4.25%です。現在の先進国の政策金利を見てみても、高いほうからアメリカが2.5%、カナダが1.75%、オーストラリアが1.5%となっており、人民元の高金利通貨としての実力は疑いようがありません。もちろん以前ほど経済の急成長は見られませんが、拡大を続ける中国の金利は高水準を保つと言われています。

人民元を取引するうえでおさえておきたい中国経済指標はGDP成長率や消費者物価指数、貿易収支などです。特にGDPの比率が各国に比べて高い「製造業」の伸び率に人民元は敏感に反応するため、要チェックです。また、このほかの中国経済で気にしておきたいのが「土地価格」です。以前の中国では土地は個人や企業が所有することはできず、公有制になっていたため、自由な経済活動が行うことができませんでした。ただ、1988年の法改正により土地の売買が可能になり、都市部の住民は国から安価で使用権を取得したほか、広大な土地を保有していた国有企業は土地を開発し譲渡、賃貸することで莫大な利益を上げ、多くの富裕層が現れました。このように中国経済の急激な発展の裏には「土地」が大きく関わっていました。ただ、近年は不動産投資が過熱した結果、記憶に新しい「チャイナショック」の引き金にもなりました。そのため、市場参加者は中国の不動産価格動向に目を光らせています。例えば不動産開発投資の伸び率が高い数字で数カ月推移した場合には、バブルが意識され世界的なリスクオフになる可能性も考えなくてはなりません。そのため中国の不動産価格には常に注視しておく必要があります。

MXNJPY – メキシコペソ / 日本円の特徴

メキシコペソの魅力はやはり政策金利の高さです。世界的な低金利の流れのなかでBOM(メキシコ中央銀行)は政策金利を7%としています。過去には政策金利が8%を超えていた時期もあり、メキシコペソはトルコリラと並びスワップ運用を好むFXトレーダーの中でも人気の通貨です。高金利のメキシコペソと低金利の日本円を組合わせた「メキシコペソ/円(MXN/JPY)」は特に人気があり、外国為替市場でも取り扱いの多い通貨ペアです。

メキシコペソ相場の変動率は高い傾向にあります。過去にメキシコペソが「メキシコ通貨危機」で暴落したことや原油価格の推移に振られやすいことを考えて資金管理をしましょう。またBOM(メキシコ中銀)の金利政策もメキシコペソを取引する上で重要な材料の一つで、過去にメキシコ中銀が利上げした局面ではメキシコペソが上昇したことがあります。逆に利下げ局面では売られる傾向がありますが、安値で買える絶好のチャンスでもあります。経済データや原油価格、中銀のスタンスの変化を観察しながら取引に臨みましょう。

THBJPY – タイバーツ / 日本円

タイの通貨「バーツ」は、1997年からのアジア通貨危機の主役となった通貨の一つです。それまでのドル・ペッグ制(実質的な基軸通貨である米ドルと連動させる精度)が崩れ、大幅な通貨安と株安(1年で四分の一以下に)が進行した。しかし、2000年代以降は内需主導の穏やかな経済成長の下で、物価も安定的な推移となり、通貨の信用も回復。バーツ相場は比較的落ち着いた動きとなっている。近隣のラオスやカンボジアでも非公式に流通するなど地域を代表する通貨となっている。

半導体などの輸出が主導する経済構造となっており、世界景気の影響を受けやすいです。外貨準備も潤沢で危機対応もしっかりとしているが、かつての通貨危機の印象もあり、新興国通貨売りの動きなどには同調する場面が見られます。

貴金属通貨ペア

通貨ペア スタンダード口座の平均スプレッド ブレード口座の平均スプレッド
XAGAUD – 銀 / 豪ドル 1.74 pips 1.62 pips
XAUCHF – 金 / スイスフラン 3.30 pips 3.18 pips
XAUGBP – 金 / 英ポンド 2.75 pips 2.63 pips
XAUJPY – 金 / 日本円 3.02 pips 2.90 pips

TitanFXの公式ページはこちら

まとめ

titanfx-zulutrade

これらの新規ペアは、既存の商品と同じく、完全に追加済みなので、今すぐTitanFXのMT4/5及びウェブトレーダー上、もしくはTitanFXのソーシャルトレードとして提携しているコピートレードプラットフォーム「ZuluTrade」で今すぐ取引をすることができます。

TitanFXの公式ページはこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました