TradersTrust(トレーダーズトラスト, TTCM)が、BCH/JPYの仮想通貨CFDを追加!

この記事は約5分で読めます。

traderstrust-bitcoincash

2021年5月24日月曜日から、TradersTrust(トレーダーズトラスト, TTCM)が、BCH/JPY(ビットコインキャッシュvs日本円)の仮想通貨CFDの提供を開始します。

新しい仮想通貨ペアBCH/JPYは、仮想通貨CFDの取引商品への最新の追加となります。

日本で人気のあるブローカーTradersTrust(トレーダーズトラスト)で、世界で最も取引されている法定通貨の1つである日本円(JPY)と、仮想通貨トップ10の1つで最大のビットコインフォークであるビットコインキャッシュ(BCH)を取引できるようになります。

この記事では、TradersTrust(トレーダーズトラスト)が提供を開始する仮想通貨ペア「BCH/JPY」について詳しく解説します。

TradersTrustの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

仮想通貨ペアBCH/JPYを理解しよう

仮想通貨ペアBCH/JPYの詳細




取引毎の手数料 ・クラシック口座 $0
・プロ口座 $0
・VIP 口座 $0
取引時間 ・週7日24時間年中無休
・サーバー時間 GMT+2
スワップ(ロング) -15
スワップ(ショート) -15
マージン 要件 20%
最小取引サイズ 0.01
最大取引サイズ 50
契約サイズ(通貨) 250
レバレッジ最大 1:5
スワップ三倍付与日 金曜日

定期システムメンテナンスの為、GMT時間、金曜日午後22:00〜土曜日午前 11:00(日本時間、土曜日午前07:00〜午後20:00)までの間、価格フィードの配信並びにお取引に際し接続が不安定となる場合があります。

TradersTrustの公式ページはこちら

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスプリットまたはハードフォークから2017年に作成された仮想通貨です。 ビットコインキャッシュには、独自のブロックチェーンと仕様があり、ビットコインとは1つの重要な側面が異なります。

つまり、検証プロセスを高速化するためにブロックサイズが大きくなっています。

ビットコインキャッシュは、ビットコインネットワークよりも速く、1秒あたりより多くの取引を処理することができます。 従って、短時間で取引・決済できて、さらに、取引手数料が低くなります。

ビットコインキャッシュの価格に影響する要因

・需要と供給

ビットコインキャッシュの需要が供給を超えると、ビットコインキャッシュの価格は上昇します。 ビットコインキャッシュの作成の背後にある考え方は、ビットコインの非効率性と拡張性の欠如に対処することでした。 従って、ビットコインの効率と将来に対する懸念により、BCHの需要が高まり、価格が上昇する可能性があります。

・投資家の意識

ビットコインキャッシュに対する意識の高まりは、アルトコインの需要を高める可能性があります。 英国のFCA(Financial Conduct Authority)による2020年の調査によると、参加者の20%がビットコインキャッシュについて聞いたことがあるそうです。これは、仮想通貨というデジタル資産が最も有名なアルトコインの1つであることを証明しています。 BCHに対する一般の認識が高いことは、投資家がBCHを取引する可能性が高いことを示唆しています。

・Crypto Whales

「Crypto Whales」という用語は、大量の仮想通貨を保有する個人または団体を指します。 これらの保有者は、資産の動きから利益を得るために、人為的なボラティリティを引き起こし、価格を増減させる可能性があります。

・実世界における応募・マイニング

ビットコインキャッシュがより確立され、広く受け入れられる支払い方法になると、実世界における応募・マイニングは、増加します。 従ってそれに対する需要が高まり、価格も上昇します。

TradersTrustの公式ページはこちら

日本円

日本円は日本の法定通貨であり、名目GDPで3番目に大きな流通通貨です。 これは、米ドルとユーロに次ぐ外国為替市場で最も取引されている通貨の1つであり、米ドル、ユーロ、英国ポンドなどの他の通貨と並んで準備通貨でもあります。

日本円の価格に影響を与える要因とは?

日本円の価格は、FX市場全体でほとんどの通貨を動かすのと同じ一連の要因によって動かされます。 その要因には、経済データの発表、中央銀行の発表、自然災害、地政学的イベント、および政府の政策が含まれます。 ただし、投資家が日本円を取引する際に知るべき以下の3つの要素もあります。

短観調査

短観調査は、日本中央銀行が発行する経済報告書であり、影響力が大きいと考えられる、または資本の最低額が指定されている数千の日本企業を対象としています。 企業は調査に参加し、事業所とその業界の現在の傾向と状況について回答します。 また、次の四半期および年に予想される事業活動を提示するよう求められます。 短観調査は、日本の国内総生産(GDP)データの前に発表され、レポートの重要な指標と見なされています。

キャリートレード

日本銀行の低金利は、投資家が債券金利が高い他の国から通貨を買うために円を借りることが魅力となっています。 日本の低金利と相まって、世界的なマイナス金利への低圧力は円を弱め、投資家は他の資産を優先して円ポジションを清算するように動機付けられます。

日本銀行の為替介入

日本銀行は、通貨価値を低く抑え、世界的な輸出競争力を維持するために円を売り続けてきました。
新型コロナウイルスによる大量の銀行券の発行により、ますます円の価値が下がり、インフレが続くと思われます。

TradersTrustの公式ページはこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました