VantageFX(ヴァンテージFX)が、入出金方法にbitwallet(ビットウォーレット)とSticPay(ステックペイ)を追加!ポータルサイトに日本語を追加しました!

この記事は約6分で読めます。

vantage

VantageFX(ヴァンテージFX)が、入出金方法にbitwallet(ビットウォーレット)SticPay(ステックペイ)を追加しました!

VantageFX(ヴァンテージFX)の取引口座にbitwallet(ビットウォレット)やSticPay(スティックペイ)で入出金できるようになったので、より便利にそして、より利用手数料削減して取引できるようになりました。

さらに、VantageFXのクライアントポータルサイトにも日本語も追加しました!

上記のことから、VantageFX(ヴァンテージFX)が日本市場にも視野を入れて、日本人トレーダーがVantageFX(ヴァンテージFX)を利用しやすいように努力していることがわかります。

VantageFX(ヴァンテージFX)では、500ドルの入金をVantage FXのスタンダードSTPアカウントにするだけで、取引で利用できる50%のボーナスがもらえるプロモーションも実施しています。

welcomebonus

ぜひ、bitwallet(ビットウォーレット)とSticPay(ステックペイ)を経由して入金して、取引に参加して稼ぎましょう!

VantageFXの公式ページはこちら

Sponsor
Sponsor

VantageFXがbitwalletやSticPayと提携

vantagefx

BITWALLETで入金する方法

  1. クライアントポータルの「資金を入金する」をこちらからクリックして、以下のフォームを見つけたら、そこに記入して‘提出する’をクリックしてください
  2. vantagefx-bitwallet

  3. BITWALLETアカウントにこちらからログインします
  4. BITWALLETアカウントのプロンプトに従って、支払いを完了します
  5. USD、EUR、JPYおよびSGDでの支払いを受け入れることができます

SticPayで入金する方法

  1. クライアントポータルの「資金を入金する」をこちらからクリックして、以下のフォームを見つけたら、そこに記入して‘提出する’をクリックしてください
  2. vantagefx-sticpay

  3. SticPayアカウントにこちらからログインします
  4. SticPayアカウントのプロンプトに従って、支払いを完了します

入出金における注意

銀行送金以外の全ての出金方法に対して、入金額の合計額までが出金できる金額となります。

出金に関しては、VantageFXの公式サイトでは以下のように書いています。

出金

1. マネーロンダリング/テロ資金供与防止法(AML/CTF)に準拠するため、Vantage FXは明示的な指示がなされない限り、資金の入金に使用されたのと同じ口座(クレジット/デビットカード、銀行、代替支払い口座など)への出金のみを処理します。Vantage FXは理由の提供がなされない別名義人口座への出金をお断りする場合がございますのでご了承ください。その際、追加書類や追加情報をお願いする場合がございます。

2. 全ての出金リクエストは、入金時にご利用いただいた方法で処理されます。例としてデビット/クレジットカードを利用して入金が行われた場合、出金リクエストはデビット/クレジットカードへと行われます。その際、入金額を超える出金を行うことはできません。また、入金額を超えた利益を出金される場合は指定銀行口座に振り込まれます。Vantage FXは理由の提供がなされない別名義人口座への出金をお断りする場合がございますのでご了承ください。

3. マネーロンダリング/テロ資金供与防止法(AML/CTF)により、Vantage FXは第三者への出金をお断りしています。取引口座から出金をされる全ての資金は取引口座と同じ名義人の口座へと出金されます。

4. クレジット/デビットカードの制限により、Vantage FXは、クレジット/デビットカードからの入金額までしか出金できません。また、クレジット/デビットカードへの払い戻しは、明細書に表示されるまでに処理日から3〜5営業日かかる場合があります。

5. 全ての出金リクエストの処理は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(AEST)まで行われます。午後5時以降の出金リクエストは翌営業日に処理をされます。また、銀行の営業終了時間は午後4時(AEST)となっているため、この時間以降に処理をされた出金に関しましては、翌営業日まで当社の銀行口座に留め置かれることとなりますことをご了承ください。

6. 国際電信送金は、口座基本通貨の最低20単位の手数料(口座基本通貨: AUD, 手数料: 20AUD)が発生します。Vantage FXは、指定銀行口座への入金を行う前にこの手数料を出金金額より差し引きますので、ご了承ください。銀行取引に関するサービス手数料につきましてはご利用の銀行にお問い合わせください。

7. お客様は、出金リクエスト時、求められた際には入金源についての情報、またお客様に関する全ての情報をVantage FXに提供することについてご了承ください。また、Vantage FXはお客様により出金に必要な情報の提供が行われない場合、またマネーロンダリング/テロ資金供与防止法(AML/CTF)に違反する可能性があると判断をした場合は、出金リクエストをお断りすることがございます。

8. Vantage FXはお客様により提供された誤った情報の結果発生したいかなる損失につきましても、返金等の措置を保証はせず、その責任を負いかねますのでご了承ください。

9. Vantage FXは、取引口座の残高が出金後にマイナス残高になる可能性があると判断をした場合、または出金後に取引口座の残高が、必要な証拠金の額を下回る場合には出金処理をお断りすることがございます。

10. Vantage FXは、取引口座がチャージバック調査の対象となる場合やまた、お客様名義の取引口座に関する必要書類や情報の提供がなされていない場合は出金処理をお断りすることがございます。

bitwalletやSticpayで出金できる人は、bitwalletやSticpayで入金した人に限られます。

入金額を超えた利益を出金したい場合は、クライアントが指定した銀行口座にのみ振り込むことができます。

VantageFXの口座開設はこちら

クライアントポータルサイトに日本語を追加

vantagefx

VantageFX(ヴァンテージFX)では、今まで、クライアントポータルサイトに日本語がありませんでした。

しかし、今回の電子ウォーレットに、bitwalletやSticpayという入出金方法を追加したのとほぼ同時に、日本語サイトも付け加えました。

VantageFX(ヴァンテージFX)は、ケイマン諸島金融庁(CIMA)により認可されているブローカーです。グループ会社は、オーストラリア証券取引委員会(ASIC)、英国FCAの金融ライセンスを保有しています。日本人向けのサービス展開にも力を入れつつあることが今回のサービス追加によってわかります。

VantageFX(ヴァンテージFX)は、「ケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを保有」「グループ会社は、ASIC、FCAの金融ライセンスを保有」「RAW口座は、トレードコストが米ドル/円で平均1.0pipsを切る安さ」「MT5が使える」「無料VPSを提供し、無料利用条件のハードルも低い」「高度な分析ツールが利用できる」「入金ボーナスあり」「コピートレードプラットフォームがZuluTrade, AutoTrade, DupliTradeの3種類利用できる」「外国株のCFD商品数が150以上と多い」「保険による一部信託保全を採用」「教育ツールが豊富」という特徴があるハイスペックブローカーです。

さらに、入金ボーナスもあり、無料VPSも、1,000ドル以上の残高で利用でき、教育ツールも豊富なので、初心者にも利用しやすいブローカーです。

今回のbitwallet(ビットウォレット)やSticPay(スティックペイ)を追加したことによって、ますます利便性が高くなったので、ぜひVantageFX(ヴァンテージFX)で取引を始めてみませんか?

VantageFXの口座開設はこちら

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました