Fintokei(フィントケイ)がcTraderのためのプランを導入!cTraderの基本的な使い方を徹底解説!

この記事は約12分で読めます。

axiory-fintokei-ctrader

プロップファームFintokei(フィントケイ)では、2024年4月からcTraderを使えるようになりました。

cTraderは、他の取引ツールと比べて約定スピードや動作速度が速く、スキャルピングのような俊敏性が求められるトレードを行うトレーダーに向いています。

「cTraderの機能を知りたい」

「cTraderの使い方を知りたい」

cTraderを使って取引したい方の中には、上記のような疑問を持つ方も多いと思います。

cTraderは約定スピードが速いだけでなく、板情報が確認できたり、豊富なインジケーターや時間足、コピートレード機能に対応していたりと機能が豊富で、直感的に見やすいです。

そして、取引機能が豊富だけでなく、操作性が直感的で使いやすいです。

この記事では、Fintokei(フィントケイ)におけるcTraderの使い方について、図を含めて詳しく解説します。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

 

Sponsor
lirunex

FintokeiでcTraderを導入

axiory-fintokei-ctrader

Fintokeiでは、新たな取引プラットフォームとして「cTrader」が使えるようになりました。

Fintokeiとは、Axioryとの提携パートナーです。

Axioryの取引プラットフォーム上で、Fintokeiの資金を使うことにより、資金をほとんど持っていないトレーダーに取引する機会を与えるというサービスをFintokeiが提供しています。

AxioryはcTraderも取引プラットフォームとして採用していますが、FintokeiではcTraderを使って取引できるプランを用意していませんでした。

ここで、cTraderとは、イギリスのSpotware System社によって開発された取引プラットフォームで、C言語で書かれた取引プラットフォームです。

cTraderは、ECN方式に特化しているので、かなり迅速な取引を実現することができます。

したがって、より取引環境を重視するトレーダーのニーズを満たすように設計されています。

また、インターフェースが直感的で使いやすく、コピートレードなどの機能も豊富です。

FintokeiのcTraderについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

Fintokeiでは、cTraderを使ってプロトレーダーになれる

axiory-fintokei-ctrader

Fintokeiとは、資金が少ない個人トレーダーに対して、プロトレーダーになって、大きな資金を使って取引ができる環境を提供しているプロップファームです。

Fintokeiのプランを使って取引をするユーザーは、Fintokeiが提供するリアルマネーを使って取引をする前に、まず、デモ環境を使って仮想資金を運用しなければなりません。

そしてFintokei公認のプロトレーダーになることができれば、デモ口座における取引利益額の一部がシグナルの提供料に対する報酬としてトレーダーに支払われます。

初期の取引資金や価格が異なるプランが豊富に用意されており、最低1万円台からプロトレーダーへの挑戦を始められるのです。

また、Fintokeiのクライアントポータルでは、以下のような学習コンテンツが用意されているので、トレーダーへの教育に力を入れています。

axiory-fintokei

また、Fintokeiでは、ほぼ半永久的にデモトレードコンテストも実施していますので、資金ゼロで景品や割引クーポンを狙うこともできます。

デモコンテストに参加する方法とデモコンテストに関するルールは以下のサイトで解説していますので、併せてご覧ください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

cTraderの主な特徴

cTraderと他の取引ツールとの違いとして以下の点が挙げられます。

・約定スピードや動作スピードが速い

・操作性がシンプル

・多くの時間足やインジケーターに対応している

・板情報が確認できる

・日本時間を表示できる

cTraderはECN方式の取引に特化した取引プラットフォームなので、約定スピードや動作スピードが速く、チャンスを逃さず取引ができます。

また20種類以上の時間足、60種類以上のインジケーターに対応していながら、操作性がシンプルな点も特徴です。

板情報が確認できたり、日本時間を表示できたりと他の取引ツールにはデフォルトで備わっていない機能も利用できます。

cTraderは、複数の資産をサポートし、様々な機能を備えたユーザーフレンドリーなCFD取引プラットフォームです。

指値注文、逆指値注文、チャートからの直接取引、独自のインジケーターの作成などの機能を活用することで、ユーザーの取引経験を向上させることができます。

ctraderを利用するメリット

cTraderの特徴

cTraderには便利な機能がいくつか備わっています。

ひとつは「cTrader Automate」と呼ばれる機能です。

「cTrader Automate」は、トレーダーはC#と呼ばれるコーディング言語を使って自動売買ロボットやカスタム・インディケータを作成することができます。

取引をより簡単にする方法です。

もう一つの機能は「cTrader Analyzer」です。 トレーダーが自分のトレーディング・パフォーマンスを見るのに役立つ機能です。

「cTrader Analyzer」は、トレーダーが自分の取引成績を見るのに役立ちます。

cTraderを使うと、コンピュータでもモバイル・デバイスでも、どこにいても取引ができます。 様々なデバイスで動作し、使いやすく、プロのトレーダーは、FIX APIと呼ばれる特別な接続を使用して、さらに優れた取引を行うこともできます。

強力なチャート分析機能

cTraderはチャート分析用の幅広いツールを提供し、トレーダーが市場動向を研究し、熟考された選択ができるようにします。

cTraderは、FXやCFDのような様々な資産で取引するための一流のプラットフォームです。

優れたチャートツール、高度な注文オプション、詳細な価格設定、迅速な取引エントリーと約定を提供します。

ユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、バックグラウンドで高度なテクノロジーで動作し、様々なデバイスで使用することができます。

オーダーメイドの取引体験

トレーダーは、独自の取引スタイルや好みに合わせてcTraderをパーソナライズすることができます。

cTraderを使用する主な利点の1つは、トレーダーが自分の特定の要件に合わせてプラットフォームを調整することができるその広範なカスタマイズオプションです。

しかし、cTraderがトレーダーにとって使いやすい理由は、一般的に使用され、他のプログラミング言語よりも習得しやすい「C#プログラミング言語」を使用しているからです。

これには、レイアウト、色、ツールの調整も含まれ、快適で効率的な取引環境となっています。

マルチデバイスの互換性

cTrader Webは、手動取引とチャート分析のためのデスクトップ版と同じ機能を提供しているWebブラウザープラットフォームです。

ユーザーフレンドリーなモバイルインターフェースと高度なチャート機能により、トレーダーはモバイルデバイスやタブレットデバイスからcTraderのアカウントに便利にアクセスできます。

ただし、cTrader Webでは、アプリ版と異なり、VPSを使って自動売買をすることはできません。

AxioryのcTraderプラットフォームはこちら

Fintokei経由でcTraderにログインする方法

cTraderで取引を行っていただくには、プラン購入時に取引プラットフォームとしてcTraderを選択してください。

axiory-fintokei-ctrader

Fintokeiのプラン購入方法については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

cTraderはウェブ版、ダウンロード版(Windows、MacOS)、スマホ版(iOS、アンドロイド)の3種類を利用できます。

Fintokeiが提供しているcTraderの一覧は、クライアントポータルから以下のように確認することができます。

axiory-fintokei-ctrader

cTraderを起動後、画面右上からログインをします。

ログインするためには、Fintokeiに登録したときのメールアドレスまたはcTrader IDと、cTraderアカウントのパスワードが必要になります。

ただし、cTrader IDに関しては、Fintokeiのプランを購入した時に、Fintokeiから送信されるメールに記載されていますので、そちらをご覧ください。

またパスワードは、ログイン横の「サインアップ」項目よりcTrader IDを作成することで発行できます。

cTraderのログイン方法に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

cTraderの基本的な使い方

cTraderの基本的な使い方について、この記事では、以下の4つの機能を解説します。

以下の4つの機能がわかれば、cTraderを使って取引することに支障をきたすことはありません。

・日本語表記と日本時間に変更

・cTraderの画面について

・チャート画面の設定方法

・新規注文と保有しているポジションの決済方法

日本語表記と日本時間に変更

cTraderのプラットフォームは、デフォルトで英語表記となっています。

英語で利用することが難しい人は、日本語表記に設定変更することができます。

cTraderの言語設定は、画面左上部にある「EN」マークから可能です。

ctrader

デフォルトでは、cTraderはイギリスの標準時間となっています。

cTraderでは、取引プラットフォーム上で日本時間へ変更することできます。

画面右下の「現在時刻」から以下に変更すると、日本時間が適用されます。

・夏時間:UTC+8

・冬時間:UTC+9

cTrader

cTraderの画面について

cTraderの画面は、基本的に以下の4つのパネルから構成されています。

・ウォッチリストパネル:銘柄をチャートへ表示、ウォッチリストの作成

・チャートパネル:チャートの表示

・トレードウォッチパネル:ポジション、口座残高状況の確認

・アクティブシンボルパネル:板情報やニュースの確認、注文実行

ctrader

各パネルは自由に表示したり非表示にしたりできます。

表示・非表示は、画面上部から設定できます。

例えば、下の画像では、トレードウォッチパネルとアクティブシンボルパネルを非表示にしています。

ctrader

チャート画面の設定方法

cTraderのチャート画面は、以下3つのチャートモードに対応しています。

・シングルチャートモード:1つのチャートのみを表示

・マルチチャートモード:複数のチャートを表示する

・フリーチャートモード:チャートのサイズを変えて、自分好みの複数のチャートを表示ができる

チャートに取引をしたい銘柄を追加するとき、ウォッチリストパネル上の銘柄名を右クリックして、「新規チャート」を選択してください。

ウォッチリストにチャート表示したい銘柄がない場合は、「すべての通貨ペア」項目から選んでください。

ctrader

チャートの時間足を変えたり、チャートの表示(ローソク足など)の変えたい場合、インジケーターの追加などはチャートパネルの上部から設定できます。

ctrader

水平線やトレンドラインなど、チャートに描画ツールを利用して、価格を予測したい場合は、チャートパネル右部分から選択して挿入してください。

描画ツール選択部分の下から2番目のアイコンからはアラートの設置もできます。

ctrader

新規注文と保有しているポジションの決済方法

ウォッチリストパネルで、取引したい銘柄を右クリックして「新規注文を作成」をクリックします。

ctrader

すると、以下のような注文パネルが表示されます。 ctrader

取引高(取引数量)や逆指値、指値注文など必要情報を入力して、「注文実行」をクリックすると注文が発注されます。

当サイトでは、指値注文を一番おすすめしています。

これは指定した価格で買えるからです。ポジションを保有した後、やり直しはできません。

成行注文の場合、その場ですぐに約定してしまいますが、早くポジションを保有したいという方やスリッページを極力へらしたい方におすすめの取引手法です。

ポジションを決済するときは、トレードウォッチパネルから決済することができます。

 

ctrader

cTraderでは、ワンクリックでポジションを2倍にできたり、買い(resp. 売り)ポジション決済すると同時に売り(resp. 買い)ポジションを持つこと(ドテン注文と言います)ができます。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

アクティブシンボルパネルの見方

アクティブシンボルパネルでは、主に以下の事項を確認できます。

・通貨ペアに関する情報(手数料やスワップポイントなど)

・板情報

・経済指標カレンダー

・経済ニュース

特に「DoMタブ」で、板情報が確認できるので、板情報で今現在の取引商品の需要(買いポジション)と供給(売りポジション)を見ることができます。

ctrader

cTraderで確認できる板情報は、以下3種類です。

・標準の板情報

・価格別の板情報

・VWAP板情報(スプレッドと板情報を比べられる)

ctrader

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

まとめ

axiory-fintokei-ctrader

プロップファームFintokei(フィントケイ)では、2024年4月からcTraderを使えるようになりました。

したがって、FintokeiはAxioryが提供するすべての取引プラットフォームを利用することができるようになったことを意味します。

cTraderは、メタトレーダーと比べて約定スピードや動作速度が速く、スキャルピングのような取引頻度の高い取引をを行うトレーダーに向いています。

「cTraderの機能を知りたい」

「cTraderの使い方を知りたい」

という方のためにこの記事を書きました。

cTraderは約定スピードが速いだけでなく、板情報が確認できたり、豊富なインジケーターや時間足、コピートレードに対応していたりと取引機能がかなり多く、直感的に使いやすい取引プラットフォームです。

操作もシンプルでかなり使いやすいです。

この記事では、Fintokei(フィントケイ)におけるcTraderの使い方について詳しく解説しました。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました