プロップファーム「Fintokei(フィントケイ)」のプロトレーダーになるための取引技術や取引手法をわかりやすく解説!

この記事は約10分で読めます。

axiory-fintokei

プロトレーダーとは、取引をして利益を継続的に手に入れて、トレーダーとして生計を立てられている人をいいます。

プロトレーダーになるために、学歴も難しい国家資格も何もいりません。

特に、資金をあまり持っていない個人トレーダーがプロトレーダーになるための道を開いているのがプロップファームです。

「Fintokei(フィントケイ)」は、グローバルブローカーAxiory(アキシオリー)とパートナーシップを組んでいるプロップファームです。

Fintokeiを利用しているトレーダーは、デモ環境を使ってAxioryの取引プラットフォームを使って、仮想資金を運用します。

Fintokeiの利用者が、Fintokeiの公認のプロトレーダーになると、デモ口座で取引して手に入れた利益も報酬としてトレーダーに支払われます。

Fintokeiを利用すると、トレーダーは自分の資金や用途に応じて自由に選べる豊富なプランを選ぶことができます。

そして、最低1万円程度から、ノーリスクでプロトレーダーになるための挑戦をすることができます。

この記事では、プロトレーダーとして活躍している人たちの共通する特徴や、Fintokeiのプランを使ってプロトレーダーになる方法を詳しく解説します。

Fintokeiを利用して取引を始める方法は以下の記事をご覧ください。

Fintokeiでは継続してお得なクーポンを提供しています。ぜひ活用してください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

Sponsor
Yadix Forex Broker

プロップトレーダーとは?

プロップファームで取引をしているトレーダーを「プロップトレーダー」といいます。

プロップトレーダーは、プロップファームという会社の資金を使って取引をして利益を手に入れることを目指す人です。

個人トレーダーと異なり、自分自身の資金を運用しないので、取引による損失は一切ありません。

しかし、会社の資金を運用するので、個人トレーダーはプロップファームで定められたリスク管理方法に従って、取引をしなければなりません。

プロップトレードで利益を出すことができれば、その一部を報酬として受け取れます。

プロップトレーダーの報酬は、トレーダー自身が稼いだ資金であり、会社勤めのサラリーマンと異なり、定額の給料制ではありません。

したがって、トレーダーの取引技術によっては年収数千万円以上を稼いでいる人もいれば、取引技術がなく利益を出すことができなかった人は、収入はありません。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

プロトレーダーとは

axiory-fintokei

取引をして利益を継続的に手に入れて、トレーダーとして生活を送ることができる人を一般的にプロトレーダーと呼びます。

専業トレーダーをプロトレーダーと考えている人も多いですが、プロトレーダーの中には、専業トレーダーだけでなくトレーダーをしながら別の仕事も請け負っているという兼業トレーダーももちろんいます。

兼業トレーダーの場合、専業トレーダーとして生計を立てられるほどしっかりと継続して利益を手に入れている人もいます。このような人は、完全にプロトレーダーと断言できます。

Fintokeiでは、利益目標や損失率に関する2ステップの評価プロセスをクリアできるぐらい、高い取引技術を持ったトレーダーがプロトレーダーとして認められています。

上記の内容は、チャレンジプランの場合です。

利益目標や損失率に関する2ステップの評価プロセスに関する詳細は以下の記事をご覧ください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

プロトレーダーは3つの共通した特徴を持つ

利益を上げ続けるプロトレーダーには、以下の共通する3つの特徴があります。

それは、「相場分析力がある」、「独自の取引手法の確立」、「資金管理能力とメンタル管理能力がある」の3つの特徴を身につけていることです。

相場分析力がある

プロトレーダーは、相場をリアルタイムで正しく把握できる、高いレベルの相場分析力を身に付けています。

相場の分析方法には、大きく分けて「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあります。

テクニカル分析とは、取引したい商品の価格などがデータ化されたロウソク足やインジケータなどが集約されたチャートを組み合わせて価格のトレンドを把握し、近未来の価格を予想する分析手法です。

一方で、ファンダメンタルズ分析とは、FOMCや雇用統計などの経済ニュースや政治事情に基づいて、近未来の価格予想をする分析です。

プロトレーダーは、たいてい2つの分析方法を組み合わせて、相場を小さなミクロ的観点、大きなマクロ的観点を双方からバランスよく価格相場を判断して、取引戦略に反映しています。

独自の取引手法の確立

プロトレーダーは、独自の取引手法を確立しているので、取引で利益を継続的に上げることができます。

プロトレーダー達は自身にあった取引技術を身につけることに対して、不断の努力をしています。

彼らは、自分なりの取引ルールを作っており、それに従って取引を続けています。

また直近の取引で損失を出している場合も、取引手法の期待値を信じて取引を続けられる長期的な目線を持っている点も特徴です。

取引手法は時代や状況に応じて変化し続けているので、一つの正確な答えがあるわけではないことに注意してください。

資金管理能力とメンタル管理能力がある

金融商品を取引して安定的に継続して稼ぐための一番のコツは「資金管理」です。

適切な資金管理ができているからこそ、プロトレーダーは長く相場で生き残り続けることができているのです。

また、相場は、政治情勢の急変や中央銀行の金利の上げ下げ、自然災害などによって常に意図しない変動をします。

たとえ急変動が起こったとしても、自分のメンタルをコントロールして、冷静な判断を続けていくためのメンタル管理能力もプロトレーダーは持ち合わせています。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

プロトレーダーになるメリット

個人トレーダー、特に、資金をあまり持っていない個人トレーダーがプロトレーダーになって、継続的に相場で取引できるチャンスを提供しているのが、プロップファームです。

FintokeiはAxioryと提携しているプロップファームの一つです。

Fintokeiでは、初期の取引資金や価格が異なるプランの中から、個人トレーダーが自分自身の取引手法に合ったプランを購入することによってプロトレーダーへの挑戦を始められます。

以下の表は、Fintokeiが提供しているプランの1つ「チャレンジプラン」の価格と初期の取引資金をまとめた表です。

チャレンジプラン名 クリスタル パール ルビー サファイア トパーズ エメラルド
取引の初期資金 200万円 500万円 1,000万円 2,000万円 3,500万円 5,000万円
プラン価格 2万1,800円 3万6,800円 6万9,800円 9万9,800円 17万3,800円 23万9,800円

例えば、サファイアの場合、9万9,800円でプランを購入すると、2,000万円の仮想資金の運用を始められます。

つまり、購入した金額の約200倍のリアルマネーを使って取引をすることができて、損失を出しても、Fintokeiに損失を被るのであって、プランの購入者自身には一切の損失はありません。

このようにFintokeiを利用すると、個人トレーダーはプラン価格の数百倍の仮想資金で運用を始められ、ノーリスクで取引ができるということです。

ただし、損失を被るとFintokeiが損失を被ってしまうので、Fintokeiが課している「利益目標」や「損失率に関する2ステップの評価プロセス」の課題をクリアしなければならないということです。

したがって、プロトレーダーを目指したいけれど、たくさんの資金を使って取引をすることが難しいというトレーダーにとって、プロップファーム「Fintokei」は最適のサービスの一つとなります。

またFintokeiは、クライアントポータルで動画の学習コンテンツや取引を行うための基礎知識を身につけられるように、学習ツールも提供しています。

axiory-fintokei

初めて取引をする人にとって、基本的な取引するための知識や取引をするための資金に関しては、Fintokeiが提供する学習コンテンツで補うことができます。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

Fintokeiでプロトレーダーになるためには?

Fintokeiの公認プロトレーダーになる方法について、順を追って見ていきましょう。

トレードに関する基礎知識を学ぶ

プロトレーダーを目指したい方やプロトレーダーとなって生計を立てたい方は、取引をするための必要事項を学ぶ必要があります。

成功するプロトレーダーになるためには、たくさんの知識や技術が必要で、それらを身につけるためには、不断の努力が必要です。

しかし、まず、トレーダーになるために必要な内容は、主に以下の4つとなります。

・テクニカル分析の基礎知識

・資金の管理方法

・経済指標の見方や経済指標による影響

・取引ツールの使い方

Fintokeiでは、こちらからログインすると、クライアントポータルに行き着くことができます。

無料でわかりやすい学習コンテンツの動画バージョンを提供していますので、ぜひ活用してください。

トレード手法を確立する

学んだ基礎知識をもとに、自分の資金や自分の持っている自由な時間やメンタルをもとに取引手法を確立させましょう。

成功したプロトレーダーになるためには、自分ルールの取引手法を構築して、期待値通りの取引を続けていくことが重要になります。

したがって、テクニカル分析やファンダメンタル分析を使って、市場に入るタイミングとトレンドを把握して、資金管理などと組み合わせながら自分なりの取引手法を確立します。

また取引手法を確立すると、精神的に安定しやすくなり、継続的に利益を積み上げるようになる傾向があります。

Fintokeiのプランを使ってみよう

取引手法を確立できたら、実際にFintokeiのプランを使って取引をしてみましょう。

ノーリスクで取引することができますが、Fintokei公認のプロトレーダーになるための評価プロセスにクリアする必要があります。

Fintokeiでは、チャレンジプランと速攻プロプランの2つが提供されています。

チャレンジプランとは、損失率や利益率について決められた2つの評価プロセスをクリアすることによって、Fintokeiの公認のプロトレーダーになれるおすすめのプランです。

一方で、速攻プロプランとは、2つの評価プロセスをクリアする必要がなく、プランを購入したその日からすぐにFintokei公認のプロトレーダーになれるプランです。

しかし、速攻プロプランはチャレンジプランと比べて運用できる仮想資金の最大金額が少なく、獲得できる報酬の割合もチャレンジプランより少ないです。

取引経験が豊富で、プロトレーダーとしてすぐに取引を始めたい方は「速攻プロプラン」、プロトレーダーを目指してたくさんの資金を使って取引を行いたい方は「チャレンジプラン」を選ぶことをお勧めします。

取引結果を振り返る

Fintokeiのプランで行った取引結果は、クライアントポータルの「履歴」で閲覧できるので、定期的に振り返ってください。

Axiory-fintokei

そして稼ぐことができなかった過去の取引がある場合、その原因を分析し、次の成功へ改善していく事が重要です。

MyFintokeiでは、取引履歴だけでなく証拠金の推移や利益率、損失率に関する情報が上記のようにまとめられているので、ぜひ取引結果を振り返り、改善することに努めることができます。

またオンライン学習コンテンツもMyFintokeiから確認できますので、足りない知識を新たに学び直すこともできます。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

まとめ

axiory-fintokei

Fintokeiのプロトレーダーとなる方法について、プロトレーダーに共通する3つの特徴を紹介したり、プロトレーダーになるための取引手法を詳しく解説しました。

特に、裕福ではなく取引資金を用意できない人、取引技術を身につけてプロトレーダーとして独立したい人、自分の腕一本で稼ぎたい人、資金管理能力を身につけたい人は、とりわけFintokeiを使ってプロトレーダーを目指すのに向いています。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

 

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました