10万円程度の口座資金が少ない人もプロップファーム「Fintokei(フィントケイ)」と提携ブローカー「Axiory(アキシオリー)」で取引可能

この記事は約6分で読めます。

axiory-fintokei

良い取引手法をシミュレーションしているけれど、資金が少ないので取引できないという人は世界中に多いです。

株式やFX、仮想通貨といった取引商品を取引してお金を稼いでいる人は、もともと金持ちの人だと考えている人が多いです。

貧乏人は株式やFX、仮想通貨を売買して稼ぐことと無縁であると考えて、資本主義を目の敵に考えている人がかなり多いです。

この記事では、使っても良い取引資金が10万円程度しかない方にも安全に取引を行なって取引を行えるサービスを提供しているプロップファーム「Fintokei(フィントケイ)」のプランを使って、提携ブローカー「Axiory(アキシオリー)」を利用して取引できるということをお知らせしたいと思います。

Fintokei(フィントケイ)のプランを使って、提携ブローカーAxiory(アキシオリー)の取引プラットフォームと提携をする方法は以下の記事で詳しく解説しています。

使っても良い取引資金が10万円程度しかない方が取引商品を行うとき、個人口座で運用する方が良いのか、それともプロップファームで運用する方が良いのかを解説します。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

 

Sponsor
lirunex

個人口座で取引を行う場合

この章では、10万円という少ない資金を個人口座に入金して取引する場合、個人口座でトレードするメリットとデメリットについて議論します。

・個人口座でトレードするメリット

・個人口座でトレードするデメリット

10万円の個人口座でトレードするメリット

個人口座で運用するということは、自分が好きな取引手法や資金管理法が自由であり、第三者から制限を課せられることがありません。

取引が少し疲れたら勝手に中断しても良いですし、一時のスリルを味わうためにギャンブルのような取引を行っても、誰もトレーダーを責めません。

また、特に成果を求められているわけではないので、ストレスを感じることなく取引もできます。

 

10万円の個人口座でトレードするデメリット

10万円で取引をするとき、資金が少ないので保有できる銘柄はかなり限度があります。

FX・CFDなど差額決済取引を行うときは、レバレッジを用いてトレードができるので、少額の資金からでもポジションを保有できます。

しかし注文の際は、トレーダーが利用するブローカーで定められた最小注文可能数量以上のポジションを持たなければならないので、高いレバレッジでの取引を行うことになります。

高いレバレッジをかけるということは、1回のトレードあたりの損失額が増加するため、損失は抑えられますがロスカットのリスクの高い取引となる可能性があります。

取引で成功するためには、なるべく取引のリスクを抑えて、相場に対応し続ける必要があります。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

 

プロップファームでトレードする場合

axiory-fintokei

この章では、プロップファームを使って取引を行うメリットとデメリットを解説します。

プロップファームとは、会社の自己資金を使ったディーリングを専門に行って、運用によって資金を大きくすることを目的とした金融会社です。

プロップファームでは、個人トレーダーが「プロップトレーダー」として運用を行い、プロップトレーダーは利益を出すことができればその一部を報酬として受け取れます。

個人と比べてはるかに大きな資金を運用できるので、運用がうまくいけば多額の報酬を得ることができるのです。

ただし会社のお金を運用する分、プロップトレーダーとして認定されるための評価プロセスでトレードスキルを証明、また認定後も一定の条件に従って取引を行う必要があります。

プロップファームを使って取引を行うメリット

プロップファームであれば、個人の資金の多寡にかかわらず、大きな資金で取引を行うことができます。

したがって、10万円程度しか自由に利用できない方であっても、プロップファームから与えられた資金を元手に取引を行うことができます。

また、プロップファームのトレーダーとしてトレードを行う場合、トレードで生じた損失はプロップファームが負担します。

プロップファームではリスク管理の教育も行うので、かなり大きな損失を抱えてしまうことはありません。

つまり自己資金がノーリスクの状態であるにも関わらず、安いプランを使って十分な取引資金と取引環境を享受することができるので、自己資金が少ない人にとっては大きなメリットとなるでしょう。

プロップファームを使って取引を行うデメリット

プロップファームでは、とても厳しいリスク管理の下で取引することが要求されます。

プロップファームの会社の資金を使ってトレーダーが取引をするのでリスク管理の条件が厳しくなるのは当然です。

厳しいリスク管理の条件とは、以下の3つです。

・基本的に許可なく取引数量を増加させることの禁止

・根拠が明確でないギャンブルトレード

・一定以上の損失を出してしまった場合、一定期間取引を行うことの禁止

プロップファームがトレーダーに課す厳しいリスク管理の条件は、むしろトレーダーの取引手法を成長させる条件でもあります。

プロップファームのプランを使って取引を行うとき、機械的なテクニカル分析の精度よりも、リスク管理やメンタル管理の方が重要視されるので、トレーダーの精神的な成長に与える影響が大きいとされています。

プロップファームは徹底された厳しいリスク管理を設けているので、感情的な取引を未然に防ぎ、感情をコントロールすることができるようになるので、プロップファームでの経験がトレーダーとしての能力を高めることができます。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

 

Fintokei(フィントケイ)のサービスについて

axiory-fintokei

Fintokei(フィントケイ)が提供している「速攻プラン」を使うと、すぐにプロトレーダーになるチャンスがあります。

プロトレーダーとして認定された場合、以下の恩恵があります。

・利益の80%が出金可能

・損失はすべてFintokeiが負担

・最大5,000万円の取引資金を使って取引が可能

上記の3つのような特典を得ることができます。

まず、チャレンジプランを利用して、トレーダー自身の取引スキルを証明し、プロトレーダーへ挑戦ください。

Fintokei(フィントケイ)の概要を知りたい方は、以下の記事を参照してください。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

資金が少ない人もプロップファームを使って取引可能

取引に利用できる資金が少ないトレーダーは、プロップファームのプランを利用して取引をすることができます。

つまり、自分が保有している資金の多寡に関わらず、市場に参入できる権利がすべての人にあることを意味します。

この記事を要約すると、以下の4つにまとめられます。

・10万円程度の取引資金では、取引できる銘柄や取引量に限りがあり、ナンピンできずハイリスクになりやすい

・プロップファームであれば、個人の資金の多寡に関係なく大きな資金でトレードできる

・プロップファームでは徹底したリスク管理が求められる

・取引スタイルの自由度は低いが、トレーダーとして成功しやすい

この機会に、プロップファーム「Fintokei(フィントケイ)」のプランをうまく利用して、提携ブローカー「Axiory(アキシオリー)」で取引を行うことができます。

Axioryの公式サイトはこちら

Fintokeiの公式サイトはこちら

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました