次世代の仮想通貨システム「EXcoin(EXコイン)」とは?ビットコインの対抗通貨になる可能性もあるかも?

この記事は約14分で読めます。

次世代の仮想通貨システム「EXcoin(EXコイン)」が今話題になっています。EXコインは、ビットコインの対抗通貨になる可能性もあるようです。

EXコインについて初めて知る方も多いと思います。

『次世代FeliCa』であるEXコインは、2018年に上場したばかりの革新的な仮想通貨です。

元来の仮装通貨であるビットコインやイーサリアムなど既存の仮想通貨には、セキュリティの低さ、エネルギー使用量が大きい、即座に指示を送れないというオペレーションコストの高さなどが挙げられます。

この記事では、「次世代FeliCa」EXコインの概要とEXコインを購入する方法を説明します。

では、EXコインとは何かを説明していきましょう。

excoinlogos

 

Sponsor
Sponsor

EXコインとは何か?

EXコイン(=EXC, Excor)は、本質的には仮想通貨のプラットフォームであり、世界の決済システムや価値の保存の仕組みを代替するために開発されましたが、法的地位は、仮想通貨(暗号資産)です。

EXコイン(EXC)は、世界の3分の1の決済サービスを行える、デジタル通貨プラットフォームです。
具体的には、

・EXCトークン
・EXCプラットフォーム

から構成されます。EXCトークンがEXコインを意味しており、EXCプラットフォームとは、国家の中央銀行がEXコインのシステムを導入する際に利用されるプラットフォームです。

EXコインは国際規格であるNFC(近距離無線通信規格)に対応しています。NFC(近距離無線通信規格)とは、デバイスをかざすだけで周辺機器と通信できる技術のことです。iPhoneをはじめとするあらゆる端末との互換性があります。基本的なシステムについては中央集権を採用し、その管理者については分散させることで、様々な問題を解消しています。

世界最高水準のセキュリティー、世界の決済システムの1/3を代替可能なサーバー、送金速度は驚異の0.2秒、最高値から50%以下に下落しない買いオペレーターのシステム、仮想通貨では初の特許の取得など、高いポテンシャルを秘めています。

EXコインの名前の由来は、「exchange=交換」からとっています。そして、通貨としての表記は「EXC」であり、商標登録も完了済みです。

EXコイン開発に至るまでの歴史

不況になった時、ニューディール政策などの公共事業を増やすことによって景気を良くするように考えたイギリスの経済学者ケインズは、Super National Currency(超国家通貨)を世界に流通させ、それを支えるために超国家機関を設立すべきと主張しました。

この超国家的な通貨はバンコール(bancor)と呼ばれ、実際に第二次世界大戦後のブレトン・ウッズ会議において、英国からバンコールの導入が公式提案されました。この提案の趣旨は、第二次世界大戦後の世界経済に安定をもたらすことでした。

しかしながら、アメリカの反対によりバンコールの導入は実現しませんでした。アメリカは、自国の通貨であるUSドルを世界の基軸通貨に据えることで、世界経済の覇権を握りたかったのです。

そして、アメリカの圧倒的な経済力と軍事力を背景に、USドルを基軸通貨とするブレトン・ウッズ体制が発足することとなりました。ここで、もともとのケインズの構想に実際の結果を当てはめてみると、超国家通貨=USドル、超国家機関=世界銀行+IMFという構図が成り立ちます。

この構図は本来のケインズの構想とは異なり、ケインズが提唱するグローバル経済の安定化には寄与しませんでした。

そして時は流れ、日下部進さんという天才エンジニアが、「FeliCa」「Qコアサーバー」を始めとする革新的なテクノロジーを具現化し、実用化しました。

日下部進さんの技術と、房広治さんの特許取得に至ったアイディアを組み合わせて、現代の最先端技術でケインズ考案のバンコールを実現できるのではないかというアイデアが、EXコインの出発点です。

実は、同じ理想論を掲げる仮想通貨プロジェクトはいくつか存在しますが、現時点でこの構想のために必要な要素がすべてが完成しつつあるプロジェクトは、EXコインしかありません。

EXコインの開発者は日本人

EXコインのプロジェクトに主に関わっている方は2人の日本人です。

・房広治さん

・日下部進さん

房さんは金融の専門家です。UBSやCredit Suisseなど、一流の外資系投資銀行でM&Aバンカーとして当時日本一の実績を残し、各社のヘッドを歴任しました。その後、ヘッジファンドのサンドリンガム・ファンドを立ち上げ、「フレンドリー・アクティビスト」といわれる新たな手法により高リターンを挙げ、ファンドオブザイヤー賞を受賞しました。

日本におけるM&A市場の草分け的存在であり、FXのシステムや市場を作り上げた方でもあります。

一方で、日下部さんは、エンジニアリングの専門家です。かつてSONYに在籍し、FeliCaを開発しました。Edyやおサイフケータイ、NFC(Near Field Communication)を発明したのは、実は、日下部さんです。また、「Qコアサーバー」とよばれる低コストかつ高機能のサーバーを開発し、後にEXコインの基礎を構成することとなりました。

「SONYを捨てた天才」といわれる日下部さんは、当時FeliCaシステムが世界の決済システムのデファクト・スタンダードになるポテンシャルを秘めていることを見抜いていました。

EXコインの性能について

EXコインの代表的な特徴は大きく3つあります。

・セキュリティーに強い
・大きな価格変動を抑制する
・ローコストオペレーション

仮想通貨を取引して利益を上げたい投資家が、注目すべきことは、EXコインの性能です。EXコインが持つ優れた技術や特徴はたくさんありますが、この記事では、上記の3つに注目します。

1.セキュリティーに強い

システムの安全性については、Evaluation Assurance Levelという国際基準が存在します。かつてSONYで日下部進さんが開発したFeliCaは、7段階中軍事機密レベルと同等の6+を誇ります。簡単に言うと、アメリカ大統領が持つ核ミサイルの発射システムのセキュリティと同等のセキュリティを有するということです。

EXコインはこのFeliCaをベースに、それをさらに発展させて作られています。現在EALのテストを受けている最中ですが、6+以上のスコアが見込まれます。

EXコインは、量子コンピュータによる攻撃への耐性があります。この耐性を持つ仮想通貨は、1500種類以上存在するうちの12種類程度しかありません。

すべての所有者・コイン・トランザクションにIDを導入して照らし合わせるという三権分立型の認証システムにより、完全な透明性を確保し、マネーロンダリングを防止します。また、万一取引所がクラッキングを受けて不正な操作がなされても、記録を辿ることで元の状態に復元が可能です。

具体例をあげましょう。

1つのデータベースをハッキングできたとしても、0.2秒の間に2つのデータベースを同時並行的ハッキングするテクノロジーを開発するのには、お金も労力もかかります。現在のハードとソフトでは、まず不可能です。また、マウントゴックスように、顧客の仮想通貨が、どの時点で、どの口座に移動したかのトレーサビリティーが100%あり、それを追跡する機能がついているので、詐欺、盗難はもちろんのこと、マネーロンダリングを不可能にする、できたとしてもすぐにバレてしまうというシステムになっております。

2.大きな価格変動を抑制する

EXコインは、独立したデジタル中央銀行「GMF」のシステムを採用しており、人工知能によって管理される中央銀行にEXCの時価総額の50%以上の法定通貨がUSドルで常時保管されます。

GMFの特徴は、人間の介入が最低限で、コストを抑えていることです。GMFは、人工知能によって自らEXコインを発行し、買い戻し、再起動することができます。EXコインが一定の価格に達した場合、GMFは価格と同量になるようコインを発行します。

したがって、価額がピークから50%以下には下落しない仕組みとなっています。

こうして、EXコインは、貯蓄手段としても利用しやすいです。

EXコインは、変動相場制の通貨ですが、値上がりするときには青天井なのに対して、値下がりするときにはピークから50%で下げ止まるわけですから、勝率に換算すると50%を超えます。

これに市場の人工知能トレーダーが気づいた場合、アルゴリズムは勝率50%を超える方にベットするので、多額の資金流入が見込まれます。つまり、急激な大暴落に対する対処を人工知能によって防ぐことができるということです。

3.電力消費量が抑えられて、環境にも優しいローコストオペレーション

EXコインは、財務的にきわめて健全なデジタル中央銀行「GMF」の存在のおかげで、大暴落に対して対処ができるので、通貨の価値の高さを維持することができます。これは、人の手を介さずに人工知能で完全自動で行われ、かつ、低価格で人の手を介さないデジタル中央銀行を運営できることによって成り立つものです。

EXCはFeliCaのシステムを応用しているため、僅かな電力でシステムが稼働します。ここで、FeliCaは、日本ではPASMOやSuica、NANACOなどのカードに使われている、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式、および同社の登録商標です。FeliCaは、非接触型ICカードのための通信技術として開発され、非接触型ICカードは、リーダ・ライタからキャリアを送信して電磁誘導によりICカードに電力を供給し、キャリアの変調によりリーダ・ライタとカード間で通信を行います。

FeliCaの技術のおかげで、毎時電球70個分の電力で、世界人口全体の1/3の取引をカバーすることができます。

また、開発者である房さんの方針として、EXコインの純資産価値を高めるために、広告費には一切費用をかけていません。徹底して「価値の保存」にコミットしています。

FeliCaの技術はすでに日本で特許を取得しています。国際特許についても申請中です。3つの項目について計13の特許を有する暗号資産は、EXコインの他に存在しません。

将来のEXコインの展望

将来のEXコインは、発展途上国での決済システムとして導入される可能性があります。
国家として現金を扱うと運搬や管理に莫大な運用コストが発生するのに対して、EXコインの場合はほとんどコストがかからず、世界最高水準のセキュリティであり、送金も0.2秒で完了するため、経済合理的だからです。

また、日本では現金の運搬のために年間2兆円のコストがかかっています。日本のような比較的国土の狭い国でこのくらいの金額ですから、例えば、ロシア、アメリカのような国土が広いのにもかかわらず人口の少ない国では、キャッシュレス化のインセンティブは非常に大きいといえます。

時価総額について

EXコインの上場時の時価総額はわずか約144億円であり、10兆円を超えるBitcoinをはじめとする他の仮想通貨と比べれば、これから大きな成長が見込まれます。

EXコインの上場時の価額は一枚あたり12,000ドルでした。高く感じるかもしれませんが、これにはちょっとした理由があります。

仮想通貨の時価総額は

 

時価総額=単価✕総発行枚数

 

の式で定義されるので、上場時点で12,000枚しか発行されていないEXコインの場合には、見た目の単価と実際の時価総額の規模感が一致しないのです。

EXコインのまとめ

EXコインを開発したのは日本人であり、彼らは金融の専門家で、元ソニーの技術者でもあります。ソニーの独自の技術である、非接触型ICカードの技術方式「FeliCa」を利用することで、電力消費を大幅に抑えられるようになりました。また、所有者・コイン・トランザクションにIDを導入して照らし合わせるという三権分立型の認証システムにより、ハッキングされて流出しても、「FeliCa」により記録を辿ることができるので、元の状態に復元ができます。
EXコインは、人工知能によって管理されて、独立したデジタル中央銀行「GMF」のシステムを採用しているので、急激な大暴落に対する対処を人工知能によって防ぐことができます。したがって、大暴落を防ぐことができるので、高い価値を保持することができるのです。

EXコインの購入方法

FXやCFD取引をしている日本人トレーダーが多いブローカー「BigBoss」グループが運営している仮想通貨取引所FOCREXにEXコインが上場しているので、EXコインを購入するためにはBigBossで口座開設を行う必要があります。


EXコインの取引が可能なのは仮想通貨取引所FOCREXですので、口座開設時は「FOCREX, スタンダードFX口座 555 : 1」を選択することになります。

EXコインの購入方法

この記事で、EXコインに興味を持った方の中には、仮想通貨への投資を初めて経験する人もいるでしょう。なぜなら、EXコインは、従来のビットコインやイーサリアムと違い、仮想通貨のセキュリティ面の問題を解決しているため、初めて仮想通貨を投資する人にとっては、ハッキングされるリスクにさらされなくてもいいので、安心して資金を投資することができます。

BigBossで口座開設する

こちらから、口座開設ページからアカウントを作成します。

その際、KYC(本人確認)のために下記の2点が必要となります。

・本人確認書類(パスポートや運転免許証など)

・住所証明書類(住民票、国民年金手帳、銀行明細書、水道料金など)

注意事項

注意事項としては、「クイック口座開設」ではなく、必ず通常の「口座開設」ページからアカウントを作成してください。

他の仮想通貨とは異なり、EXコインの場合には、ハッキングされて盗まれても、トークンの元の持ち主を特定して復元できるので、安心です。

これは、所有者・トークン・トランザクションのすべてにIDを振りその全てを認証する三権分立型のID認証システムや、100%のトレーサビリティを有する設計により可能となるものです。しかしながら、所有者の本人確認を行わなければ、三権分立型のID認証システムがうまく機能しません。つまり、自分の資産を守るためは本人確認をする必要があるのです。

仮想通貨に関する口座タイプには、「FOCREX, スタンダードFX口座 555 : 1」しかありませんので、「FOCREX, スタンダードFX口座 555 : 1」を選択しましょう。

申請が完了すると、1~2営業日で口座開設完了のお知らせがメールで届きます。口座番号やパスワードが書かれているので、大切に保管しておきましょう。

口座通貨タイプ USD, JPY, BTC, ETH, OMG, QASH, EXC, AXE, XRP
注文方式 CEX方式(中央集権型取引所)
レバレッジ 現物取引の1倍まで
取引単位 BTC/USD 0.00001BTC
ETH/USD 0.0001ETH
ETH/BTC 0.0001ETH
EXC/USD 0.01EXC
XRP/USD 100XRP
最小取引単位 BTC/USD 0.00001BTC
ETH/USD 0.0001ETH
ETH/BTC 0.0001ETH<br.EXC/USD 0.01EXC
XRP/USD 100XRP
初回最低入金額 なし
取引手数料 片道0.2%
追証 あり(FOCREXのスタンダードだけで、他の口座は全て追証なし)
取引ツール FOCREX取引サイト
取引可能時間
(日本時間)
24時間365日いつでも

 

口座開設はこちら

 

BigBossに入金する

慣れるまではクレジットカードでの入金が簡単です。Bigbossにこちらからログインした後、「マイページ」を選択し、「クレジットカードからのご入金」をクリックして入金しましょう。

EXコインの通貨ペアは、アメリカドル「USD」のみ対応していますので、決済通貨はUSDを選択するのがよいと思います。対応している法定通貨がUSDのみである理由は、EXCはデジタル・セントラル・バンクにドル建で法定通貨を貯蔵していく設計になっているからです。同様の理由で、Bitcoinとのペアも取り扱われないと考えられます。

注意事項

クレジットカードでの入金はシンプルで簡単ですが、1%前後のスプレッド(手数料)をとられます。銀行口座での振込の場合にも、国内の金融機関で円からドルに転換すると、やはり1%程度のスプレッドに加えて事務手数料をとられてしまいますが、EXコインで手にれる利益に比べると端金です。

FOCREXにログインする

入金を確認できたら、仮想通貨取引所FOCREXにこちらからログインしましょう。メールアドレスとパスワードはBigBossと同じです。逆に、仮想通貨取引所FOCREXを利用したい場合、先に、BigBossの口座を持っていなければなりません。

focrexsignupplatform

ログインできたら、画面上部の「Trading」のタブを選択し、「BALANCES(=口座残高)」にUS dollerが反映されていることを確認しましょう。

通貨ペアEXC/USDを選択すると、以下のように、EXCのチャートとオーダー・ブックが現れます。

focrexexcusdchartexample

EXコイン購入するための手続き

EXCを購入する際には、画面左上の「NEW ORDER(新規注文)」に「Price(価格)」と「Amount(EXC何枚分か)」を入力して、「Buy」のボタンをクリックします。

「Price」の入力方法は2通りあります。

1. 購入したい価格を自分で入力する

2.「ORDER BOOK(=注文予約)」の「Ask(売り板)」の数値をクリックする

のいずれかでOKです。

「1.」の場合、自分で設定した買いたい価格で市場に公開する形となります。そのため即座に約定(売買成立)するわけではなく、売り手がこの値段で売っても良いと判断した場合に約定します。いわゆる指値注文です。したがって、EXCの価額の下落を見極めて価格を設定する必要があります。「Buy」をクリックして市場にオファーを出した段階で、EXCの「on hold」に注文した数量が反映されます。そして、約定すると「on hold」は約定した枚数分だけ数量が減少します。「on hold」の上の欄にEXCの枚数が反映されていれば、取引が適切に行われEXCを保有できたということを意味します。

「2.」の場合、すでに買い手が出しているオファーに則って約定できますので、その場で売買が成立します。いわゆる「成行注文」です。

約定したら、再度「BALANCES(=残高)」を確認し、EXCの枚数が増加していることを確認しましょう。

Bigbossには、日本語に対応したサポート窓口があります。ほとんどの場合、数時間以内に返答がありますので、不明点や疑問点があれば、そちらで質問してみましょう。

口座開設はこちら

 

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
Average rating:  
 0 reviews
Sponsor
メールで最新情報を受け取ろう
BigBossBXONEEXCoin
Sponsor
トレーダー兼アナリストをフォローする
証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

 

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました