BigBoss(ビッグボス)の仮想通貨取引所「CRYPTOS」のみで取引できる次世代の仮想通貨「EXcoin(EXコイン)」の特徴について詳しく解説!

この記事は約22分で読めます。

bigboss

この記事を読む人は、EXコイン(EXC, EXCoin)について、初めて聞いたことがあるという人が多いと思います。

EXCとは、具体的には、以下の2つから構成されます。

・EXCトークン
・EXCプラットフォーム

この記事では、EXコインの特徴や投資家にとって気になると思われる3つの事項「EXCの価値の保存」「EXCのセキュリティ機能」「低いコストでの取引」を含めて詳しく解説していきます。

EXコインは、BigBossが運営している仮想通貨取引所「CRYPTOS」のみで取引することができます。この取引は、現物取引となり、差額決済取引(CFD)とは異なります。

以下からEXコイン(EXC)の現在の価格や板情報などの詳細を知ることができます。

公式サイトはこちらから

Sponsor
bigboss

EXコインの概要

bigboss

EXC(EXコイン)とは、簡単にいうと、きわめて低コストで、とても安全に全世界の決済サービスを行える、次世代のデジタル通貨プラットフォームです。

EXC(EXコイン)の名前の由来は、「Exchange」や「Extra」です。

また、通貨としての表記は「EXC」であり、「EXcoin®」として商標登録済みです。

EXC は、1942 年にジョン・メイナード・ケインズ卿によって提案され、構想されたように、超国家通貨の自由変動為替版になる可能性を秘めた新世代のデジタル通貨です。

EXC は、法定通貨の発行体である中央銀行のバランスシートが急速に拡大した場合に、測定の代替単位として使用できます。

EXC プラットフォームは、どの国の国家債務に対しても中立と見なされるように設計されています。 また、価値を保存する優れた機能を備えていることも意図されています。

EXCとは、具体的には、以下の2つから構成されます。

・EXCトークン
・EXCプラットフォーム

EXCトークンとはいわゆるEXコインのことであり、購入者や中央銀行がデジタル価値の移転手段として魅力的であると考えるトークンのことです。

EXCプラットフォームは、EXコインのシステムを導入するときに利用されるプラットフォームです。

EXC プラットフォームは、法定通貨と暗号通貨の両方の特性を最大限に発揮する超国家通貨をサポートすることを目的としています。

EXC プラットフォームのデザインは、経済学者のジョン・メイナード・ケインズが金(Gold)と米ドル(USD)に代わる超国家通貨として行った歴史的な提案を拡張したものです。

EXC プラットフォームを立ち上げた結果、ビットコインなどの仮想通貨の多くの以下の弱点に対処することを目指しています。

互換性

EXコインは国際規格であるNFCに対応し、あらゆる法定通貨に対して自由に柔軟に対応しながら、価値を保存することができる。

iPhoneをはじめとするあらゆるデバイスと互換性がある。

分散型台帳の可能性と低コスト運用

プラットフォームの設計は、分散台帳の概念と同様に、世界中の独自のデータベース システムの記録を保持するのに十分柔軟です。

ただし、分散台帳のアイデアにはコストがかかります。

50,000 台のサーバーが同じ数学的問題を解決するために競合することは最適ではありません。

EXC の設計と 600 台の超高速サーバーは、全世界の人口である最大 90 億人をカバーするのに十分な大きさになると予想されます。

スケーラブル

スケーラブルであり、可能な限り低い取引コストの 1 つを提供します。最高値から50%以下に下落しない買いオペのシステムを導入。

仮想通貨において初めて特許を取得。

最高セキュリティー

最高レベルのセキュリティ機能を備えている。

最近の出来事から明らかなように、ほとんどの暗号通貨にはセキュリティに関して弱点があります。

これは、その支持者がセキュリティレベルが妥当なレベルであると主張しているかどうかに関係ありません。 ただし、セキュリティの問題は最優先事項として対処しています。

日本を拠点とするシステム開発パートナーであるGVEは、独自のセキュリティ機能を開発しました。

トレーサビリティー

100%のトレーサビリティを提供する。

決済時間を短縮

デジタル通貨プラットフォームのスケーラビリティは、決済速度、トランザクションあたりのエネルギーコスト、および 1 秒あたりのトランザクション数の 3 つの要素で構成されます。

EXC プラットフォームは、次のことを実現するように設計されています。

・取引確認は平均1秒以内。 理論上の決済速度は1取引あたり0.2秒以下

・1回の取引で0.22マイクロワットのエネルギー消費

・1つのプラットフォームで1秒あたり2,000件、1日あたり1億7200万件の取引を処理できます。 従って、3,000 万人の人口を構成するユーザーをサポートできます。

中央集権と分散のバランス

人的介入を可能な限り排除します。基本的なシステムについては中央集権を採用し、その管理者については分散させる。

EXCトークンを保有する潜在的なメリット

EXC プラットフォームは、ビットコイン (65 分の決済時間、1 秒あたり 32 トランザクション、トランザクション手数料ごとに 30 ドルが請求される) または ETH (3 分、1 秒あたり 16 トランザクションが決済される) と比較して優れた機能を備えています。

そのため、仮想通貨のユーザーは時価総額 2,000 億ドルの一部を EXC に割り当てる可能性があります。

公式サイトはこちらから

EXCの開発の背景

bigboss

プルーフ・オブ・ワークの概念であるビットコインの出現により、暗号通貨マイニングの流行とともに、ブロックチェーンと暗号通貨に関連するエネルギー消費は持続不可能なレベルに達しました。

4人の志を同じくする金融と高度な技術の専門家のグループは、責任ある世界意識の市民として行動し、取引ごとにわずか 0.22 μW、または 2.2E-7W、または 0.22/1,000,000W しか消費しないデジタル システムである EXC プラットフォームを開発しました。

EXCは、キャッシュレス社会の目標を追求することにより、政府が環境に配慮し、地球規模の気候変動に対する責任感を感じている国と協力して、次世代の暗号通貨としてだけでなく、超国家的な通貨として、EXC プラットフォームを普及させています。

現金を国際送金する場合、取引コストを最小限に抑えたい正当なユーザーから仮想通貨のニーズが高まっています。

この場合、手数料は通常、取引ごとに最低 30 ドルかかり、銀行を介して 24 時間かかる場合があります。

取引がクレジット カードで行われる場合、コストが高くなる可能性があります。

第1世代の暗号通貨であるビットコインは、1942 年に崩壊した初期の法定通貨システムである「ゴールド スタンダード」に相当します。

お金の歴史:ブレトンウッズ体制と変動為替相場

金本位制は 1792 年から 1942 年まで続き、金の価格は 19.39 ドル (1792 年から 1833 年) から 35.00 ドルから 35.50 ドル (1934 年から 1942 年) でした。

第二次世界大戦とその後の主要国による通貨の発行、特に米国による通貨の発行は経済的に意味がありませんでした。

その後、ブレトンウッズ体制は、米ドルが商品やサービスのバスケットに対して一定の価値を維持すべきであると中央銀行を納得させようとしました。

これは、あたかも米ドルが一種の「紙の金」であるかのように、金の代わりとして機能する可能性があります。

ブレトンウッズ体制は、米国政府が世界の金準備の 80% を所有していたときに始まりました。

この豊富な米国の準備金により、米国政府はいつでも 35 米ドルを 1 オンスの金と交換できるようになりました。 これは、基礎となる経済的仮定が真実である場合にのみ可能でした。

たとえば、米国が世界経済活動の 50% 以上を維持した場合、または世界の金準備の 80% を維持した場合、または Fed が新しい米ドルを発行しなかった場合、またはこれらの混合物です。

米ドルは、世界貿易において優先される準備通貨および車両通貨になりました。

ニクソン大統領は、ブレトンウッズ体制を終わらせ、1971年に米ドルから金を切り離しました。

1971 年から 2008 年の信用危機まで、さまざまな原則ベースの金融政策が主要な中央銀行によって実験されました。

変動 (または変動) 為替レートシステムにより、さまざまな政府がさまざまな一連の金融政策を実施することが可能になりました。

この例は、中央銀行が柔軟な外国為替システムを使用してさまざまなインフレ目標を採用できたときでした。

つまり、米国、EU、日本の通貨当局は、それぞれの経済内で金融危機が発生するまで、直接的または間接的に、実体経済活動に関連する通貨の供給を管理していました。

2008 年の信用危機におけるリーマンショックの後、主要政府、中央銀行、連邦準備制度理事会は、自国の政府からの圧力を受けて、金融の安定を維持するために、独立性と以前に表明した原則を放棄しました。

前述の中央銀行の原則は、実体経済活動とマネーサプライの間のリンクを維持することでした。

これらは破綻した金融機関を救済するための「一時的な措置」であるはずでしたが、ほとんどの国で 10 年間続きました。

マネーサプライが大幅に増加し、世界中で資産価格が高騰しました。

これにより、多くのテクノロジーに精通した専門家が、さまざまな国の法定通貨から信念を変え、現在は国家債務が膨らんでおり、ビットコインなどの暗号通貨にシフトしました。

多くのプロのファンドマネージャーとますます多くの企業が、生活費の指標から資産価格に焦点を移しており、豊富な資金が同じ方向に動き始めています。

つまり、過大債務国の国債から離れて、実物資産を保有するか、株式を保有するかということです。

これは、日下部進氏と房広治氏が、2017年まで独自に開発してきた価値交換と転送のさまざまなデジタル手段について協力する機会を提供し、「FeliCa」「Q-Core Server」を始めとする革新的なテクノロジーを開発しました。

なぜEXCコインなのか?

米国、ヨーロッパ諸国、日本などの先進国はすべて、税収または税収と比較して比較的大きな国債を抱えています。

Economist Magazine によると、2018 年では、 62兆USDに達してしまいました。

GDPに代表される経済活動など、中央銀行システム (米国の場合は連邦準備銀行) が、米ドル、ユーロ、または日本円の「価値」を、比較的価値のある国が発行する通貨と比較してサポートできるかどうか将来がわかりません。

法定通貨の場合、「部分準備銀行」と低金利環境により、世界が利用できる現金とマネーサプライは、これらの主要国の経済成長と比べて不釣り合いなほど膨大になっています。

法定通貨の余剰分は、不動産や株式などの資産に行きます。

人々は、毎日の生活で消費する製品の混合物によって測定されたインフレ指数を公表しているため、人々はインフレを感じていません。

しかし、理論的には、インフレが資産価格指数によって測定される場合、この認識は変わる可能性があります。

つまり、主要通貨は株価などの実質資産価格に比べて割安になり、価値が下がり続けてしまいます。

① 不釣り合いに巨大なマネーサプライ

② 主要な法定通貨発行体による GDP に対する比較的大きな国家債務

③ 部分的な銀行業務と低金利

上記の3つの理由により、資産価値を減らさないようにするために、 中央銀行が発行する主要通貨から仮想通貨や仮想通貨へと信念をシフトする必要があります。

銀行を利用している人は、銀行の国際送金手数料 (または外国為替取引に対するクレジットカード会社の手数料) が以上に割高であることを知っています。

銀行もクレジットカード会社も、ある通貨を別の通貨に変換するために利用者に0.2% から 3% の支払いを要求しています。

これは、一部の銀行にとって最も収益性の高いビジネスの 1 つです。

これらの高額な手数料は、仮想通貨や、インターネットバンキングを含む送金用の代替デジタル技術の出現により、いつまでも続きません。

従って、EXCなどの仮想通貨を保有することによって、インフレ対策と送金する時の手数料の削減の2つを維持することができるようになります。

公式サイトはこちらから

EXCの開発者について

EXCの開発に携わった人は、主に以下の2人です。

・房広治 氏
・日下部進 氏

房広治 氏はEXコインの技術開発を行うGVE株式会社のCEOです。

日下部進 氏は、彼のアドバイザーという形で、技術的な面についてアドバイスをしています。

日下部進 氏

日下部進 氏は、1981 年に早稲田大学機械工学科を卒業後、ソニーに入社。

日下部進 氏は、FeliCa および関連システムの設計と開発を行いました。

FeliCaシステムは、21年間ハッキングのない運用実績があり、最も安全な法定通貨決済システムの1つと見なされています。

他の評価の高いシステムに加えて、1995 年に香港で Octopus、1997 年にシンガポールで EZ-Link、2000 年に日本で JR 東日本の Suica システムに採用される FeliCa オペレーティング システムを主に担当しました。

非接触技術の国際規格の起草を担当し、世界中で使用されている主要な技術規格である「Near Field Communication (NFC)」と名付けました。

2005 年に三菱商事に入社し、最高技術責任者として開発したオンライン NFC 決済処理システムである Transaction Media Networks を設立しました。

日下部進 氏は、 QUADRAC を設立し、社長として Close Capacitive Coupling Communication Technologies を開発しました。

日下部進 氏は、大量のトランザクショントラフィックに適したリアルタイム サーバー用の Q-Core の設計と開発に成功し、EXC プラットフォームが Q-Core ごとに 1 日あたり少なくとも 1 億 7,200 万のトランザクションを処理できるようにしました。

日下部進 氏は今年初めに QUADRAC の会長に就任し、GMF の監督者になりました。

2018年に喜久社から出版された「FeliCaの真実」という本で、テクノロジーの世界での進の評判が説明されています。

房広治 氏

房広治 氏は、1982 年に早稲田大学を卒業し、システム工学の学士号 (BA) を取得しました。

コージーは 1990 年に S.G. ウォーバーグに入社し、2000 年に退職するまで UBS グループで多くの上級職を歴任し、資本市場の発展させてきました。

クレディ・スイス・グループが日本で深刻なスキャンダルに見舞われた後、2000 年にクレディ・スイスの日本における投資銀行部門の責任者として入社し、評判を回復してフランチャイズを再構築しました。

クレディ・スイスがクレディ・スイスに入社してすぐに DLJ を買収した後、房広治 氏は、三井住友銀行グループとの合弁事業である DLJ direct SFG に対するクレディ・スイスの 50% の持分を代表する唯一の常駐取締役になりました。

DLJ direct SFG は、房広治 氏が取締役を務めていた間に、最も成功したインターネット証券会社の 1 つになりました。

房広治 氏はまた、2003 年にすべての株主を代表して DLJdirect SFG を楽天に売却した責任者でもありました。

房広治 氏は2004年に独立し、エクイティファンドを立ち上げ、2005年にはアジアヘッジから日本の株式市場でニューファンドオブザイヤー賞を受賞しました。

2006年にライブドアが破綻した後、コージが共同設立したサンドリンガム・ファンドは、リテールFX仲介システムのシステム開発会社であるEMCOMの支配権を3年間保有していました。

エムコムは、日本におけるリテール FX ビジネスの発展に貢献し、世界一の市場になりました。

EMCOMの顧客である FX ブローカーの合計市場シェアは、日本の小売 FX 市場の 50% を超えました。

2011年以来、房広治 氏は多くのプライベートエクイティ投資に投資しており、多くの企業で多くの取締役を務めています.

2017年11月、房広治 氏の息子である日下部優 氏とともにEXCプラットフォームを構築するシステム開発会社GVE株式会社を共同創業しました。

公式サイトはこちらから

EXコイン(EXC)とは?

GVE は、EXC プラットフォームが構築される技術ソリューションと IT サポートのサプライヤーです。

日下部進 氏と房広治 氏は、テクノロジー企業としてGVEの下でシステムを開発することを決めました。

GVE の主張は日本で特許を取得し、米国と欧州でも同様の申請を行っています。

これにより、EXC プラットフォームは技術コストを GMF から切り離すことができました。

GMFとは、Global Monetary Foundationの略で、登録番号 335826 (「GMF」) のケイマン諸島免除財団会社のことです。

この GMF と GVE の提携構造には、負債と信用リスクが限られているため、GMF が倒産する可能性が低いことを保証するという追加の利点があります。

GMF は、GMF と GVE の間の契約に基づいて、GVE から引き続き技術サービスを受けます。

GVE は、Quadrac がプラットフォームに Q-Core サーバーを供給することに従って、Quadrac と契約を結ぶ予定です。

この提携構造は、EXC プラットフォームが長期的にも短期的にも非常に費用対効果の高いものになることを意味します。

EXC プラットフォームを構築し、EXC を設計するとき、新世代のプラットフォームとトークンを市場に投入するために、以下の8つの設計原則を満たすことを目指しています。

・新しい仮想通貨である EXC は、主要な発行国が危機に陥ったときに上昇を捉えるために、あらゆる法定通貨に対して柔軟に交換する必要があります。

・価値を保存し、信用力を高めることができます。

・ゼロに近い取引コストまたは可能な限り低い取引コストを達成できる;

・決済は 1 秒以内に完了します。

・二重支出、詐欺、マネーロンダリングおよび/またはハッキングに対して、最高レベルのセキュリティを確保できます。

・100%のトレーサビリティ

・EXCプラットフォームは、人間の介入を可能な限り排除することを目指しています

・EXC プラットフォームは、IMF のように包括的であるために十分な柔軟性を備えている必要があり、テクノロジーの発展に合わせて進化する必要があります。

EXCプラットフォーム

GMF は特別目的機関として、また「デジタル中央銀行」として機能します。

GMF の役割は、世界中の多くの中央銀行にとって最終手段の銀行のデジタル版になることを目指しているという意味で、IMF の本来の目的と似ています。

GMFの取締役または監督者への利益としての分配または配当、ボーナスまたはその他。

GMF の取締役および監督者は、財団の最善の利益のために行動するというケイマン諸島の法律に基づく信任義務を負っています。

GMF は、「GMF の原資産の受益者」が政府や株主ではなく、EXC のユーザーであるという意味で IMF とは異なります。

GMF はまた、2,700 人の従業員を雇用する IMF とは異なります。

これは、世界で最も低コストの運営になり、倒産のリスクを最小限に抑えることを目的として、ほぼ完全に自動化されたシステムを備えた従業員なしで、取締役と 2 人のボランティアの監督者によって管理されるという意味です。

この結果、EXC プラットフォームは IMF を補完するものになるはずです。

EXCの価値の保存

米国、EU、および日本でより多くの通貨が印刷されると同時に、公的債務が急増するにつれて、資産価格の上昇が起こっています。

したがって、EXC の独立した値動きを持つメカニズムは非常に重要な機能です。

EXC を需要と供給に合わせて供給または買い戻す当社の自動システムは、EXC が最初の市場メカニズムを組み込んだ暗号通貨の 1 つであることを保証します。

GMF は合計 2,100 万の EXC を発行しました。 その n 番目のコインは、EXC の市場価格が、たとえば、100 万ドルで 100 万番目のコイン、に達した場合にのみ市場に流通します。

つまり、EXC の市場価格によって、世界中で何枚のコインが流通するかが決まります。

これは、人々が経済データを見て適切なマネーサプライの量を決定する世界のどの中央銀行とも対照的です。

EXC の需要と供給がマネーサプライ、ひいては EXC の総時価総額を決定するこのメカニズムは独特であり、法定通貨の中でも最も市場に中立な通貨の 1 つと見なすことができます。

EXC の便利な機能の 1 つは、GMF による自動買い戻し操作メカニズムです。21 GMF のサーバーは、市場価格が大幅に下落すると、自動的に買い戻し操作を行います。 GMF には、最初は米ドルの形での外貨準備と独自の知的財産があるため、これを行う能力があります。

たとえば、GMF のコンピューターは、n 番目のコインが発行された価格の半分以下で、n 番目のコインの購入操作を行います。

言い換えると、AIによって管理される中央銀行にEXCの時価総額の50%以上の法定通貨がUSドルで常時保管されます。

これを原資に買いオペレーションを行うことで、価格がピークから50%以下には下落しない仕組みとなっています。

EXCは、上場時点で12,000枚しか発行されていないので、見た目の単価と実際の時価総額の規模感が一致しないのです。

EXCは変動相場制の通貨ですが、値上がりに上限はありませんが、値下がりするときにはピークから50%で下げ止まるように調整するので、勝率に換算すると50%を超えてしまいます。

この仕組みに市場のAIトレーダーが気づいた場合、アルゴリズムは勝率50%を超える方に賭けるので、多額の資金流入が見込まれます。

このように、コインの価格がピークから大幅に下落すると、ビットコインなどの仮想通貨のボラティリティがあった場合、コインあたりの準備金が増加し、コインあたりの価値が高まります。

EXCは法、定通貨に固定されていませんが、このメカニズムは、法定通貨に固定されていない他の暗号通貨と比較して流動性を大幅に高めることも目的としています。

EXCのセキュリティ機能

人の追跡に加えて、2100 万コインの追跡できます。

二重払いや不正を防止する独自設計をEXCは保有しています。

EXC Platform システムのもう 1 つの独自技術は以下の3つです。

EXC Platform は、追跡できる範囲で拡張可能です。

・EXCの 2,100 万単位の暗号通貨
・世界中の 80 億人 (および/またはエンティティ) のアカウント
・EXCの暗号通貨に関連するすべての取引

各トランザクションを 3 つ以上の異なる方法で各データベースに記録することで、Mt Gox や Coincheck が関与したような詐欺やハッキングのケースを非常に早期に防ぐことができます。

EXC プラットフォームと EXC トークンは、現在の銀行システムやビットコインと比較して、より安全で費用対効果の高い銀行システムを作成することを目的として設計されています。 特に二重支出を特定するためです。

また、システムの安全性についてはEvaluation Assurance Levelという国際基準が存在します。

日下部進さんがSONYで開発したFeliCaは、7段階中軍事機密レベルと同等の6+を誇ります。

7段階中軍事機密レベルと同等の6+とは、例えば、大統領が持つ核ミサイルの発射システムのセキュリティと同等レベルを意味します。

EXCはこのFeliCaを基準に、さらなる発展させて作られています。

EXCは量子コンピュータによる攻撃への耐性もあります。

1500種類以上存在する仮想通貨のうち、この耐性を持つ仮想通貨は、EXCを含めて12種類程度しかありません。

すべての所有者・コイン・トランザクションにIDを付して照合するという三権分立型の認証システム(3ウェイ・データーベース方式)により、完全なトレーサビリティ(透明性)を確保し、マネーロンダリングを防止します。

また、万一取引所がクラッキングを受けて不正な操作がなされても、記録を辿ることで元の状態に復元が可能です。

低いコストでの取引

EXCは財務的にきわめて健全なデジタル中央銀行の存在が、通貨の価値の高さを担保しています。

EXCの取引は人の手を介さずに完全自動なので、人の手を介さないデジタル中央銀行を安いコストで運営できるので、EXCの価値は、それなりに維持できます。

さらに、EXCはFeliCaのシステムを応用しているため、僅かな電力でシステムが稼働します。

Q-Core-Serverのひとつを動かすために必要な電力はわずか7kw/hです。

これだけで3,000万人の経済圏の取引をカバーすることができます。

日下部さんが開発したQ-Core-Serverの性能はきわめて高く、トランザクションは0.2秒以内に完了します。

つまり、EXコインを送金すると0.2秒以内に着金できます。1日あたり2億件の送金が可能です。

結果的に、毎時電球70個分の電力で、世界人口全体の1/3の取引をカバーすることができます。

国際送金するとき、利用者は銀行の10分の1以下の手数料でEXCの送金ができます。

銀行のように反映されるのに時間がかかることなく、0.2秒後には相手の口座に着金します。

また、開発者の1人である房広治 氏は、EXCの純資産価値を高めるために、広告費には費用をかけていません。

房広治 氏は、「価値の保存」を重要視しています。

手数料、スプレッド、将来の売上

仲介手数料とスプレッド

EXC 購入者が取引所に支払う手数料は、それぞれの取引所によって設定されます。現在EXCの現物取引が行える仮想通貨はBigBossが運営する仮想通貨取引所となります。

トークンの販売手数料

トークン販売に関して GMF に支払うべき金額は、とりわけ GMF がその準備金に貢献するために、第三者の法的およびその他の手数料と費用の後に送金されます。

将来のトークン販売の場合、これには、導入、引受、ヘッジ、配置、およびその他の1/3の合計に対して、設計により 5,000 トークン販売ごとに予約される平均総手数料 1,250 万ドルが含まれます。

導入、引受、ヘッジ、配置、およびその他のサードパーティのコストの合計に対して、設計により 5,000 トークンの販売ごとに予約されています。

この手数料は、販売の全体的なコーディネーターによって徴収されますが、これは時々異なる場合があります。 これは、取引所が請求する仲介手数料に追加されます。 政府機関との二国間協定を含め、5,000 トークンの販売が随時行われる場合があります。

将来の販売

柔軟性を維持し、EXC の潜在的な将来の販売に関連する法律および規制の遵守を確保するために、GMF は、適切に認可された関連会社および/または第三者と、GMF が EXC をそのようなものに貸与する契約を随時締結する場合があります。

GMFは、そのような将来の販売における購入者への販売のためのエンティティです。

GMF は現在、GVE および Excor とそのような協定を締結しています。

すべての場合において、関連するローンの条件は、関連する EXC トークンの将来の販売に起因する収入が、事前に合意された式によって GMF に返済されることを要求します。

N 番目のトークンが市場に供給されると、N USD が GMF によって受け取られます。

ただし、GMFは、システム全体を合法化し、規制に準拠させるために、2020年末までEXCプラットフォームをセットアップするために、GMF、Excor、およびGVEに請求される法的およびその他の専門家の費用を支払うことが許可されています。

特にEXCを取引して稼ぎたい方は、

・EXCの価値の保存
・EXCのセキュリティ機能
・低いコストでの取引

の3点を主に注意してください。

公式サイトはこちらから

EXCの未来

EXCの将来の利用方法としては、発展途上国の支払いシステムとして、EXCが導入されるかもしれません。

国家が現金を扱うとき、現金を運搬したり管理したりするのに、かなりのコストがかかります。

しかし、EXCの場合はほとんどコストがかからず、世界最高水準のセキュリティであり、送金も0.2秒で完了するため、資本が少ない国にとっては、現金よりもEXCの方が扱いやすいです。

EXCを利用する人が増えれば増えるほど、EXCの価格が上がっていきます。

EXCを採用する仮想通貨取引所が増えるかもしれません。

公式サイトはこちらから

まとめ

bigboss

EXC(EXCoin)とは、低コストかつ安全に全世界で決済サービスできる次世代のデジタル通貨プラットフォームです。

EXCとは、具体的には、以下の2つから構成されます。

・EXCトークン
・EXCプラットフォーム

この記事では、EXコインの特徴や投資家にとって気になると思われる3つの事項「EXCの価値の保存」「EXCのセキュリティ機能」「低いコストでの取引」を含めて詳しく解説しました。

EXコインは、BigBossが運営している仮想通貨取引所「CRYPTOS」のみで取引することができます。この取引は、現物取引となり、差額決済取引(CFD)とは異なります。

以下からEXコイン(EXC)の現在の価格や板情報などの詳細を知ることができます。

公式サイトはこちらから

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました