easyMarkets(イージーマーケッツ)が、仮想通貨のスプレッドをかなり引き下げました!

この記事は約6分で読めます。

easymarkets

easyMarketsが、仮想通貨のスプレッドを引き下げました。

特に、DOG/USDがわずか0.0005pipsのスプレッドになりました。

従って、easyMarketsのクライアントが仮想通貨市場で仮想通貨をさらに低コストで快適に取引できるようになりました。

この記事では、スプレッドが引き下げられた仮想通貨の内訳と、easyMarketsで仮想通貨を取引するときのよくある質問について紹介します。

こちらから取引を始める

Sponsor
Axi

スプレッドが引き下げられた仮想通貨の内訳

お取引商品 固定スプレッド(改定前) 固定スプレッド(改定後)
Web / App MT4 Web / App MT4
XRP/USD 0.008 0.005 0.005 0.004
BCH/USD 2.5 2 1.8 1.5
XLM/USD 0.002 0.0015 0.0015 0.001
ADA/USD 0.01 0.008 0.007 0.006
ALG/USD 0.01 0.008 0.004 0.003
SOL/USD 0.08 0.07 0.4 0.35
UNI/USD 0.09 0.08 0.05 0.04
DOT/USD 0.12 0.1 0.1 0.08
LNK/USD 0.1 0.09 0.1 0.08
ZEC/USD 1.1 1 0.8 0.7
OMG/USD 0.04 0.03 0.02 0.01
MTC/USD 0.012 0.01 0.006 0.005
DSH/USD 1.1 1 0.6 0.5
DOG/USD 0.0015 0.001 0.001 0.0005
XMR/USD 1.75 1.5 1.5 1.2
CHZ/USD 0.0018 0.0016 0.0015 0.001
AVA/USD 0.6 0.5 0.15 0.1

こちらから取引を始める

仮想通貨を取引するときのよくある質問

仮想通貨とは?

easyMarketsでは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどを含む仮想通貨を取引できます。

仮想通貨を取引する場合、デジタル通貨というものを取引していることになります。

デジタル通貨は、所有者が自分の仮想通貨を商品やサービスと交換(またはトレード)できるようになるといった、他の通貨とまったく同様の機能を備えるように設計されています。

仮想通貨の所有者、利用者、開発者が主張する主な利益は、通貨の保有者が驚くほど、量的緩和政策または紙幣の増刷による政府の介入を受けないという点です。

ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアムのようにトレードを行う仮想通貨のうち、イーサリアム以外はブロックチェーンを基盤とする仮想通貨であり、イーサリアムとはトランザクションを追跡する台帳の一種です。

仮想通貨は、株式やFXなどの金融商品と同様の取引ができるのですか?

同様の取引ができます。

easyMarketsでは、easyTrade、デイトレード、保留指値注文の3通りの方法で仮想通貨と米ドルをペアトレードすることができるため、本質的にはCFDの仮想通貨取引と同じ仕組みです。

最も単純に表現すると、トレーダーは非常に低価格で資産を取得し、それをより高い価格で売却して利益を得ようと模索しているということです。

もちろん、ここではボラティリティ、市場の状況、証拠金等を考慮していません。詳しくはビットコインの取引方法をご覧ください。

仮想通貨をトレードする前に知っておくべきこととは?

CFDの仮想通貨取引の基本を知ることは、 仮想通貨のCFD取引に関連するリスクとコストをよりよく理解するのに役立ちます。

easyMarketsでは、仮想通貨の取引方法や、その他当社が取り扱っている商品に関して理解を深めるのに役立つ、幅広い知識を学ぶためのページを用意しています。

CFD取引で使用される基本的な用語の一例を紹介します:

基軸通貨とクオート通貨

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインの取引では、すべての商品が3文字の略語・バック スラッシュ・もう1つの通貨を表す3文字の順で表示されます。

例:BTC/USD この例の場合、BTCはベース通貨であり、 常に通貨の1単位(例:1ビットコイン)を表しています。USDはクオート通貨であり、ベース通貨 1単位あたりの購入(売却)に必要な通貨額を示しています。

買い(購入)

取引するとき、ほとんどの商品はペアの状態で取引 するため、通貨ペアの一方を『購入』する場合はもう一方の通貨を売却することになります。

BTC/USDの場合、ビットコインの購入時に同時に米ドルを売却するということです。トレーダーは一般的に、 通貨ペアのレートが低い時に購入します。

『買い』という用語であっても、上昇トレンドと 下落トレンドの両方を活かせる資産や通貨ペアの実物を取得しなければならないわけではありません。

売り

『買い』と同じく、CFDの仮想通貨の仮想通貨ペアを売却する 場合、ベース通貨を『売り』、クオート通貨を『買う』ことになります。 繰り返しになりますが、『買い』と『売り』という用語は行動の説明で、実際には両替していることを表します。

売値・買値

非常に単純な用語で、CFD取引には、たとえば2つのパーティに関わるといった、 2つの側面が存在します。売り手が特定の価格で仮想通貨商品の購入を提案するの が『買値』、買い手が商品(または仮想通貨のCFDの場合は原資産)の『売却』または購入を希望する価格が『売値』です。

スプレッド

スプレッドとは、商品の最低売値と最高買値の差額を指します。

上記で述べたように、仮想通貨ペアまたはその他の通貨ペアをトレード する場合は売買を同時に行うことになるため、CFDの仮想通貨商品をトレード する場合、スプレッドは支払額とも言えます。

easyMarketsでは、MT4プラットフォームでは固定スプレッドを採用しており、MT4でトレードすれば、取引中はこのようなコストが変動せず、 発生するコストは明確に表示されて透明性があるため、戦略的なアドバンテージを得られます。

MT5では、easyMarketsでは浮動スプレッドや変動制スプレッドを採用しているので、ボラティリティに応じてスプレッドを変化させ、取引コストが著しく増える可能性があります。

さらに悪いことに、こうした条件で取引することで利益を得られるトレードとは言えない結果となり、取引は”赤字”または利益がほとんど得られない状態で終了することがあります。

ロット

1ロットは基軸通貨の100,000単位を表します。

もちろん、口座の規模や用意された証拠金の額を問わずに利用できるように、100、1,000、10,000といった、より少ない貨幣単位も用意しています。

仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットへの登録が必要ですか?

easyMarketsでトレードを行うには、仮想通貨の取引所や仮想通貨ウォレットへの登録は不要です。

easyMarketsの口座を開設し、KYC書類(Know Your Client、例えば本人確認書類等)を提出するだけで利用できます。

仮想通貨ウォレットとは異なり、ハッキングされたりロックされたりするリスクはありません。

easyMarketsで仮想通貨を取引する時、仮想通貨の取引所に登録する必要もありません。

EasyMarketsが取り扱っている仮想通貨は?

easyMarketsの全てのクライアントは、ビットコイン、イーサリアム、リップル対米ドルのトレードを行うことができます。

easyMarketsは、新しい仮想通貨が取引できるように、随時仮想通貨商品を追加しています。

こちらから取引を始める

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました