エコノミックインジケーターの用語集

この記事は約17分で読めます。

エコノミックインジケーターは、グローバル市場を動かす最も重要なインジケーターです。

知識とデータは市場の人々が利用できる最も強力なツールの1つです。

インジケーターは市場を動かすくらい重要な政策決定や国のデータ報告を反映したものです。

インジケーターとは何であり、どんなインパクトがあるのか、いつ示されるのかを理解することによって、相場が動きます。

インジケーターを読み取って、市場自体とその動き方に関する非常に価値ある洞察を得てください。

インジケーターのインパクトは地政学、政策、もしくは他の出来事に応じて増減する可能性があります。

Sponsor
  1. PMI-購買管理者指(Pmi Purchasing Managers Index)
  2. 雇用統計レポート(Employment Situation Report)
  3. 先行総合指数(Composite Index Of Leading Indicators)
  4. GDPデフレーター(Gdp Price Deflator)
  5. CPI-消費者物価指数;コアCPI(Cpi Consumer Price Index Core Cpi)
  6. 当座預金(Current Account)
  7. ISM(供給管理研究所)製造インデックス(Ism Institute For Supply Management Manufacturing Index)
  8. FOMC会議(連邦公開市場委員会)(Fomc Meeting Federal Open Market Committee)
  9. CCI-消費者信頼感指数(Cci Consumer Confidence Index)
  10. ECI-雇用コスト指数(Eci Employment Cost Index)
  11. 長期証券の取引に関するTIC(国際資本統計)データ(Tic Treasury International Capital Data On Transactions In Long Term Securities)
  12. 雇用レポート(Employment Report)
  13. ベージュブック(Beige Book)
  14. 貿易収支(Trade Balance)
  15. PCE-個人消費支出(Pce Personal Consumption Expenditure)
  16. フィラデルフィア連銀製造業景況指数(Philadelphia Fed Index)
  17. MCSI-ミシガン消費者信頼感指数(Mcsi Michigan Consumer Confidence Index)
  18. 住宅着工(Housing Starts)
  19. NFP-非農業部門の賃金の変化(Nfp Changes In Non Farm Payrolls)
  20. GDP-国内総生産(Gdp Gross Domestic Product)
  21. PPI-卸売物価指数;コアPPI(Ppi Producer Price Index Core Ppi)
  22. 短観調査(Tankan Survey)
  23. 月間予算書(Budget Statement Monthly)
  24. 耐久消費財(Durable Goods)
  25. 小売販売データ;自動車抜き小売販売(Retail Sales Data Retail Sales Less Automotives)
  26. 新規失業保険申請(Initial Jobless Claims)
  27. 製造 工業生産能力;生産利用率(Industrial Production Capacity Production Utilization)
    1. Sharing:

PMI-購買管理者指(Pmi Purchasing Managers Index)

供給管理研究所;各月の最初の営業日の10:00am EST(前月のデータをカバー)

PMIは新規注文、在庫水準、生産、入荷遅延、および雇用環境を含む5つの主要なインジケーターに基づいた複合インデックスです。各インジケーターには異なる重み付けがなされており、このデータは季節変動要因によって調整されています。全米購買部協会は20の異なる業界を代表する300人の購買管理者を全国から調査しています。

PMIインデックスが50を超える場合は製造が拡大している事を示しており、50未満の場合はその業界が収縮している事を示しています。PMIレポートは工場生産に関する最高のインジケーターである事から、金融市場にとっても極めて重要なインジケーターです。

このインデックスはインフレーション圧力と製造の経済活動を検知する上で一般的なインデックスです。PMIはインフレーションの検知に関してはCPIほど強力ではありませんが、このデータは対象月の1日後に発表されているので非常にタイムリーです。

PMIレポートに予想外の変化があった場合、その後に一般的に市場で素早い変化が起こります。このレポートの1つの重要な分野が新規注文における成長で、これは今後の数か月の製造活動を予測します。

雇用統計レポート(Employment Situation Report)

アメリカ合衆国労働省労働統計局

毎月最初の金曜日の8:30am EST(前月のデータをカバー)に発表されます。

雇用統計レポートは、2つの主な部分で構成される月間のインジケーターです。

1つ目の部分は失業率と新規雇用数で、失業率と失業率における変化が報告されています。

2つ目の部分では、週当たりの平均労働時間や平均時給などが示されており、このデータはインフレーションの主な決定要因である労働市場の状況を判断する上で重要です。アメリカ合衆国労働省統計局は同国内全体の250以上の地域を調査し、ほぼ全ての主要な産業をカバーしています。

このインジケーターは金融市場から最も注目されているインジケーターの1つで、このレポートはほぼ常に市場を動かします。投資家は、この雇用レポートが1週間以内の情報を反映した非常にタイムリーなものであるという事実を評価しています。このレポートは経済の健全性を最も反映したものの1つだと考えられています。

先行総合指数(Composite Index Of Leading Indicators)

全米産業審議会;毎月20日前後の10:00am EST

今後の数か月における経済の動きの方向性を予測するために使用されるインデックス。このインデックスは10の経済的要素から構成されており、それら変化は全体としての経済の変化に先行している傾向にあります。これらの10の要素には以下のようなものが含まれます:

  1. 製造業労働者の週間平均労働時間;
  2. 失業保険の初回適用の平均数;
  3. 消費財および素材の製造業新規注文の量;
  4. サプライヤーからベンダーへの新しい商品の配達速度;
  5. 防衛に関連しない資本財の新規注文の量;
  6. 住宅建物のための新規建設許可の量;
  7. S&P 500株価指数;
  8. インフレ調整後通貨供給(M2);
  9. 長期利率および短期利率の間のスプレッド;
  10. 消費者心理。

ビジネスサイクルと一般的な経済状況という観点から先行総合指数に注目する事で、投資家と企業は今後の予測と、より良い情報に基づいた判断をする事ができます。先行総合指数の構成要素は公開時には既に既知なので、その重要性は中程度です。

GDPデフレーター(Gdp Price Deflator)

BEA(アメリカ合衆国商務省経済分析局)

四半期の最終日の8:30am EST(全四半期のデータをカバー)に発表されます。

GDPデフレーターは基準年次のGDPがどれだけ価格水準における変化に依拠していたかを示しています。「GDPインプリシット・デフレーター」とも呼ばれています。

GDPデフレーターは製品とサービスの固定されたバスケットに基づいているわけではないので、消費者物価指数(CPI)にはない利点があります。消費パターンの変化や新たな製品およびサービスの導入は、GDPデフレーターに自動的に反映されます。このデータは市場に対する中程度の重要性を持つインジケーターです。

CPI-消費者物価指数;コアCPI(Cpi Consumer Price Index Core Cpi)

アメリカ合衆国労働省労働統計局;毎月20日前後の8:30EST(前月のデータをカバー)

これは最も広範に利用されているインフレーションの測定値で、政府政策の効率性のインジケーターだと考えられています。この消費財とサービスのバスケットは毎月追跡されていますが、税は除外されています。

大きく市場を動かす要因だと考えられています;CPIの上昇はインフレーションを示しています。食料品とエネルギーは季節的な変化の影響を受ける事から、コアCPIには含まれておらず、一般的な価格により重きを置いています。

当座預金(Current Account)

BEA(アメリカ合衆国商務省経済分析局);各四半期終了の約6週間後。

国の製品と、サービス、および輸送の総輸出額と、それらの総輸入額の差。当座預金の計算は金融資産および負債の処理を除外しています。当座預金の水準は対外貿易における傾向のインジケーターで、大きく市場を動かす要因だと考えられています。

ISM(供給管理研究所)製造インデックス(Ism Institute For Supply Management Manufacturing Index)

供給管理研究所;各月の最初の営業日の10:00am EST(前月のデータをカバー)。

企業に関する製造ISMレポートは400以上の工業会社の購買部長に対してなされた毎月の質問への回答を集約したデータに基づいています。

このデータは5つの経済領域

(新規顧客注文が30%;製造が25%;雇用が20%;需要注文が15%;棚卸が10%)

の複合平均を反映しています。

50ポイントを超える全てのデータは経済活動の拡大を示しており、50ポイント以下は縮小を示しています。

FOMC会議(連邦公開市場委員会)(Fomc Meeting Federal Open Market Committee)

このアメリカ合衆国の連邦銀行の代表者会議は年間8回開催されています。

プライムレートに関する決定は会議ごとに発表されます(14:15ESTごろ)。

FED(アメリカ合衆国連邦準備制度)は、同国の金融政策の管理を担当しており、各銀行をコントロールし、政府組織や市民にサービスを提供し、同国の金融の安定性を維持しています。

アメリカ合衆国には12の(複数の州で構成された)連邦地区があり、地域の理事が連邦委員会に代表者として参加しています。通貨に対する利率とは、実質的に貨幣の価格です。

通貨に対する利率が高ければ、より多くの人々がその通貨の保持や購入をする傾向が高まり、その結果としてその通貨の価値が強化されます。

これはインフレーション率に影響を及ぼす重要なインジケーターで、非常に大きく市場を動かす要因です。FOMCの発表は非常に重要ですが、(2週間後の公開される)この会議で審議された内容も市場プレーヤーにとって同等の重要性があります。

CCI-消費者信頼感指数(Cci Consumer Confidence Index)

全米産業審議会;毎月最後の火曜日の10:00EST(当月のデータをカバー)

これはアメリカ合衆国の5000世帯をサンプルとした調査で、賃金や、利率、そして全体としての購買力に基づいた消費者の信頼感を測定しています。

連邦準備制度は、利率の設定の際にこのインジケーターに従っているので、市場を動かす主要な要因だと考えられています。

ECI-雇用コスト指数(Eci Employment Cost Index)

アメリカ合衆国労働省労働統計局;4月、7月、11月、および1月の最後の火曜日の8:30am EST(全四半期のデータをカバー)。

ECIは、当該企業の全てのレベルにおける賃金、フリンジ・ベネフィット、および従業員ボーナスを含む労働コストにおける動きを追跡します。アメリカ合衆国労働省労働統計局は3000以上のの民間企業と、500以上の地方政府、学校、および他の公共機関を調査しています。

このインジケーターは最も注目されているわけではありませんが、特にインフレーションの際には市場を動かす十分な力を持ったインジケーターの1つです。ECIの基礎となる考え方は、賃金圧力が上昇すればインフレーションも進むというものです。

これは主に賃金が消費者に対する価格を引きあげる(インフレーションの)前に上昇する傾向にあるためです。

長期証券の取引に関するTIC(国際資本統計)データ(Tic Treasury International Capital Data On Transactions In Long Term Securities)

アメリカ合衆国財務省;各月の営業日である12日前後の9:00am EST(前月のデータをカバー)。

TICはアメリカ合衆国が、長期証券の外国への売却や債務の輸出など、現在の経常赤字のために資金調達している最も重要な方法に関する情報を提供しています。

外国の銀行からの借り入れや純FDIフローの引き付けなど、経常赤字のために資金調達する方法が他にも存在するという事を憶えておく事が重要です。

しかし、FDIフローはマイナスで、銀行のフローは小さい傾向にあるので、アメリカ合衆国が必要としている資金調達の多くは外国人への長期証券の売却からきています。

TICデータは国がどれくらい国際的な投資コミュニティから信頼されているかを示す優れた測定値です。TICは大きく市場を動かす要因であると考えられています。

雇用レポート(Employment Report)

アメリカ合衆国労働省;毎月最初の金曜日の8:30am EST(前月のデータをカバー)。

このデータは375,000の企業と60,000の世帯を対象とした調査を通じて集められています。このレポートは、新たに創出/喪失した労働の数、平均時給、および週当たりの平均労働時間がレビューされています。

このレポートは、最新の情報を公開しているという事実と、NFPと共に経済の全体としての状態を良く表しているという事実から、最も重要な経済的な発表の1つだと考えられています。また、このレポートは様々な分野(製造や、サービス、建築、採鉱、公共など)の状況を個別に表しています。

ベージュブック(Beige Book)

連邦準備制度理事会;年8回、FOMC会議の前の2回の水曜日、2:15pm EST。

ベージュブックは「連邦準備地区による現在の経済状況に関する論評の要旨」という表題の連邦報告書で一般的に使用される言葉です。

これは利率に関するFOMC会議の直前に公開され、前回の会議から経済に起こった変化について参加者に伝えるために使用されています。このレポートは1年間に8回公開されています。

ベージュブックは大きく市場を動かす要因だとは考えられてません。

これは経済の強さを測る指標であり、連邦準備制度理事会のメンバーの意見ではありません。内容がアナリストの期待したものと大きく異なっている場合に市場を動かす要因となる事もあります。

貿易収支(Trade Balance)

アメリカ合衆国商務省;各月の第2週の8:30am EST(前月のデータをカバー)。

国の支払いの収支の最大の構成要素です。

貿易収支は、国が輸出した製品とサービスの価値と、輸入した製品とサービスの価値との間の差の測定値です。輸出よりも輸入の方が多ければ貿易赤字で、反対ならば貿易黒字となります。

貿易収支は非常に大きく市場を動かす要因だと考えられています。

PCE-個人消費支出(Pce Personal Consumption Expenditure)

BEA(アメリカ合衆国商務省経済分析局);各月の最終日の8:30am EST(前月のデータをカバー)

PCEは消費者の製品とサービスにおける価格の変化です。PCEは非常に予測し易いレポートで、通常は市場に対する影響は小さいと考えられています。

コアPCEは食べ物とエネルギーを重視しないインデックスなので、インフレーションの傾向をより正確に推定します。

フィラデルフィア連銀製造業景況指数(Philadelphia Fed Index)

フィラデルフィア連邦準備制度銀行;毎月17日前後の10:00am EST(前月のデータをカバー)。

この経済展望調査はペンシルベニア州と、ニュージャージー州、そしてデラウェア州の周辺の製造業者を対象とした毎月の調査です。

調査対象の企業は、それぞれの全体としての企業活動における変化の方向性と、それぞれの向上における様々な活動の測定値について回答します。

このインデックスはゼロを上回る場合には拡大を意味し、ゼロ未満である場合は収縮を示します。このインデックスは雇用から、一般的価格、そして製造業界内の状態までの全てに置ける変化の優れたインジケーターであると考えられています。

このインデックスは大きく市場を動かす要因でありませんが、この調査で判明した結果は(数日後に公開されアメリカ合衆国全土をカバーする)購買管理者インデックスから何が期待できるかを示しています。

MCSI-ミシガン消費者信頼感指数(Mcsi Michigan Consumer Confidence Index)

ミシガン大学;各月の1日(前月のデータをカバー)。

ミシガン大学によって実施された消費者信頼感の調査。

このインデックスは投資家にとってますます重要性が増しています。このインデックスは消費者が消費する気分になっているかどうかを示しています。

住宅着工(Housing Starts)

アメリカ合衆国国勢調査局;各月の中頃の8:30am EST(前月のデータをカバー)。

この経済インジケーターは、その月の新たな単一家族の住宅もしくは建物の着工数を追跡しています。この調査では、各住宅と各単一アパートが1つの住宅着工として計上されています。

このインジケーターは大きく市場を動かす要因でありませんが、住宅産業が投資額の25%以上を占め、全体の経済の5%の価値を占めているので、アメリカ合衆国国勢調査局によってレポートされています。住宅着工は先行インジケーターと考えられています。

つまり、今後の経済の傾向を表していると考えられています。住宅着工が減少する事は経済の鈍化を示しており、その増加は経済を不況から回復させる考えられています。

NFP-非農業部門の賃金の変化(Nfp Changes In Non Farm Payrolls)

アメリカ合衆国労働省;各月の最初の金曜日の8:30am EST(前月のデータをカバー)。

このデータは以下を除く全ての企業で賃金を支払われたアメリカ合衆国の労郷社の総数の変化を表しています:

– 一般的な政府雇用者;

– 一般世帯の雇用者;

– 個人に援助を提供する非営利団体の雇用者;

– 農場の雇用者。

合計非農業賃金は、アメリカ合衆国のGDPを生み出す労働者の約80%を占めており、政府の政策立案者とエコノミストが現在の経済状況を判断し、今後の経済活動の水準を予測するために利用されています。このデータは、主に予測に大きな偏りがあるために大きく市場を動かす要因だと考えられています。

GDP-国内総生産(Gdp Gross Domestic Product)

BEA(アメリカ合衆国商務省経済分析局);四半期の最終日の8:30am EST(全四半期のデータをカバー)。

アメリカ合衆国商務省は事前、予備、そして最終という3つの形態でGDPを発表しています。GDPは市場活動の全体としての測定値です。

GDPは特定の期間に経済によって生み出された全ての製品とサービスの金銭的価値を表しています。GDPには消費と、政府購入、投資、および貿易収支が含まれています。

GDPは国の経済的健全性を示す上で最も重要なインジケーターかもしれません。GDPは一般的に1年間を基準にして測定されますが、四半期ごとの状態も発表されています。

アメリカ合衆国商務省は各四半期の最終日に「事前レポート」を発表しています。その1か月以内に「準備レポート」が公開され、その更に1ケ月後に「最終レポート」がリリースされます。直近のGDPは市場に対して比較的高い重要性を持っています。GDPは国の経済の成長(もしくは縮小)のペースを示しています。

PPI-卸売物価指数;コアPPI(Ppi Producer Price Index Core Ppi)

アメリカ合衆国労働省労働統計局;各月の第2週終了時の8:30am EST(前月のデータをカバー)。

PPIはCPIほど広く利用されていませんが、それでもインフレーションに関する優れたインジケーターだと考えられています。

このインジケーターは製造の投入原価(原材料、半製品など)の変化を反映しています。以前は「卸売物価指数」と呼ばれていたPPIは、国内生産者に影響を及ぼす広範な分野をカバーした様々なインデックスのバスケットです。

毎月、約100,000の価格が30,000の生産および製造の企業から収集されています。インフレーションを検知するという点ではCPIほど強力ではありませんが、購入された製品が含まれているので、しばしば今後のCPIの発表の予想となります。

短観調査(Tankan Survey)

BoJ(日本銀行);4月、7月、10月、および12月中旬の年間4回;10:50GMT。

日本の中央銀行によって発表される日本企業の経済調査で、金融政策の策定に使用されています。

この調査は規定された最小限の資本を持つ数千の日本企業を対象としていますが、十分な影響力を持つとみなされる企業も含められています。

対象となっている企業は事業所や、それぞれの産業、そして翌年の四半期と翌年に予想されるビジネス活動に関する現在の傾向や状態について質問を受けます。

この調査はJPYを含む通貨ペアの市場を動かす大きな要因だと考えられています。

月間予算書(Budget Statement Monthly)

月ごとの予算の赤字と黒字を示したアメリカ合衆国政府(財務省)の月間レポート。

この黒字/赤字のレベルは、同政府が発行する米国債の水準と、その価格に影響します。

さらに、このレポートは経済活動の水準を示す税収の水準も反映しています。そういった観点から、この4月のレポート(年間の免税月)は他の月のレポートよりも遥かに重要です。

耐久消費財(Durable Goods)

アメリカ合衆国国勢調査局;毎月第4週の8:30am EST(前月のデータをカバー)

耐久消費財の注文は、工場の耐久消費財の直渡しおよび先渡しのために国内製造業に対してなされた新規注文の測定値です。

耐久消費財とは、長期間(3年以上)に渡って使用される製品と定義されています。

耐久消費財の注文の増加は一般的により強い経済活動と関連しているため、少なくとも短期的には通貨を支持する高い短期の利率に繋がります。

小売販売データ;自動車抜き小売販売(Retail Sales Data Retail Sales Less Automotives)

アメリカ合衆国国勢調査局;各月の12日前後の8:30am EST(前月のデータをカバー)

小売販売はアメリカ合衆国経済を動かす重要な原動力の1つで、小売業内で各企業によって販売された商品を追跡したインジケーターです。

このインジケーターは、小売販売における消費者の総支出を測定しています(サービス費用を含みません)。この小売利益はアメリカ合衆国経済の大きな部分(3分の2)を占めています。アメリカ合衆国国勢調査局は特定のタイプの小売業を提供している様々な規模の数百の企業を調査しています。

このデータは毎月発表されており、前月のデータからの変化がパーセントで表されています。負の値は販売が前月よりも減少した事を示しています。このインジケーターは消費者活動と信頼感の指標として使用されており、この数字が大きければ経済活動が増加している事を意味しているため、非常に大きな市場を動かす要因であると考えられています。

小売販売のデータは前月から2週間で発表されるので非常にタイムリーです。

新規失業保険申請(Initial Jobless Claims)

アメリカ合衆国労働省;毎週火曜日の8:30am EST(前週のデータをカバー)

このデータは初めて失業給付金を申請した人々の数を表しています。

このデータは大きな変動を持つ週当たりのデータなので重要性は低度から中程度です;4週間の平均値はより安定しています。

製造 工業生産能力;生産利用率(Industrial Production Capacity Production Utilization)

連邦準備制度;毎月中ごろの9:15am EST(前月のデータをカバー)

これは国内の工場と、鉱山、および公共サービスの生産の変化に関する連鎖方式の測定値で、その工業的な能力と利用されているリソースの量(一般的には生産能力利用率と呼ばれています)の測定値でもあります。

生産能力利用に加えて、このインデックスはどれくらいの工場の能力が利用されているかについての推定も提供しています。

製造業分野が経済の4分の1を占めている事から、これらのインジケーターは重要です。

こちらから取引を始める

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
Average rating:  
 0 reviews
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました