取引するときに登場する動物由来の名前について詳しく解説します(by FBS)

この記事は約7分で読めます。

fbs

金融市場にはたくさんの動物の名前が出てきます。

特に、金融市場において相場の強さに関して議論するとき、ブル(BULL)とベア(BEAR)という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、もっと深く掘り下げると、市場には狼(WOLF)、牛(BULL)、熊(BEAR)だけでなく、動物の名前を使った用語がたくさん使われています。

株式やFXなどの取引市場で使われる動物由来の用語は、一般的にトレーダーや投資家、または市場のシナリオのタイプの特性を定義するために使用される用語です。

この記事では、取引市場でよく使われるを動物由来の用語について解説します。

こちらからFBSで取引を始める

Sponsor
Sponsor
MYFX Markets

取引市場でよく使われるを動物由来の用語について

ブル(BULL)

ブル(BULL)は、ニューヨークの金融街のチャージング・ブルの裏話が由来です。

チャージング・ブル (Charging Bull) は、ニューヨーク市マンハッタンのウォール街近くのボウリング・グリーンにある巨大な雄牛(ブル)の銅像です。

なぜ、それは雄牛(ブル)でなければならなかったのですか?

雄牛はアメリカンドリームの物語を表しています。

したがって、ブルトレーダーは前向きな市場環境を求めています。

価格が上昇する傾向があるため、トレーダーの投資と利益が増加します。

ベア(BEAR)

株式市場で2番目に知られている動物であり、雄牛の正反対はクマです。

クマのトレーダーを理解するために、ビッグバン理論のレナードホフスタッターを考えることができます。

主人公は悲観的で自信がない。

見知らぬ人と話したり、恥ずかしがり屋で不便を感じたりするとき、彼はいつも頭を傾けています。

しかし、攻撃に関しては、レナードはまっすぐになり、獲物を下にスワイプします。

これは典型的なクマのトレーダーです。

クマがどのように攻撃するか、通常は下向きのスワイプ動作であるため、市場でネガティブな見通しを持つクマのトレーダーはクマと呼ばれます。

彼らは、取引商品の価格が下がり、売れる傾向があり、価格がさらに低くなると信じています。

「ベア市場」での追加利益はかなり可能です。

したがって、投資を慎重に選択する必要があります。

ベア市場においては、潜在力の高い企業や通貨に安く投資するチャンスです。

ウォーレン・バフェットが「他の人が貪欲であるときは恐れ、他の人が恐れているときは貪欲である」と忠告したのは偶然ではありません。

同時に、それがいつ起こるか誰も知らないので、「ベア市場」の一番下を待つ必要はありません。

推測するのではなく、ポジションを探る手法を選択しましょう。

価格に関係なく、あなたの目標に適した会社に投資してください。

価格の下限と上限を推測するほど有益ではありませんが、より現実的です。

チキン(Chicken)

別の種類のトレーダーの行動を表す別の動物は鶏(チキン)です。

「チキン」という言葉を聞くと、何を連想しますか?

鶏は「鶏を追い出す」というイディオムに関連付けられており、状況を恐れることを意味します。

同様に、チキンのトレーダーは株式市場で行動します。

つまり、市場が下がると、トレーダーはパニックに陥り、衝動的に売り始めます。

原則として、トレーダーは利益以上のものを失います。

羊(Sheep)

ただし、映画や漫画のキャラクターは常に正確であるとは限らないため、あまり興奮しないでください。

羊の商人はその良い例です。

羊の商人は、ズートピアの主な悪役であることが判明した臆病な恐ろしい羊ではありません。 羊の場合、すべてが見た目どおりです。

羊の商人は羊の動物のようです—彼らは大多数の側にとどまり、金融分野での資格に関係なくリーダーを追いかける群れを追いかけます。

羊のトレーダーは特定の取引戦略を持っておらず、他の人が作ったヒントやライフハックに依存しています。

株式市場で起こっている変化に関係なく、彼らは何年にもわたって続いてきた唯一の取引スタイルを持っています。

取引戦略を理解し、それらを適切に適用するために、FBS財務分析によって書かれたトレーダーのためのヒントをチェックしてください。

うさぎ(Rabbit)

過度に活発なトレーダーはうさぎ(Rabbit)に例えられます。

その目標は、日中に可能な限り多くの利益を上げることです。

確かにうさぎです。

ウサギのトレーダーは短期的に証券を購入し、長期的なリスクを回避します。

すぐにお金を稼ぐとすぐに、トレーダーたちは自分の資産を売ってすぐにわずかな利益でも確保します。

カメ(Turtles)

過活動のウサギとは異なり、カメと呼ばれるトレーダーはゆっくりと着実に進んでいます。

カメと呼ばれるトレーダーは長期的な利益に固執し、通常は勝ちます。

短期的な変動から利益を得ることはしません。長期投資をします。

熟練していないすべてのトレーダーは、成功して取引から利益を得るように訓練および指導することができます。

誰がこのアイデアを最初に思いついたのか、そしてそれがどのように人生で具体化されたのかを詳しく説明します。

クジラ(Whale)

クジラと呼ばれるトレーダーは、アベンジャーズのニック・フューリーが由来となっています。

ニック・フューリーは、S.H.I.E.L.Dの責任者であり、アベンジャーズの創設者であるクジラの貿易業者は、冷静で、慎重に検討された決定を下します。

シーンではあまり見かけませんが、厳しい電話をかけるのは状況に影響を与える人物です。

同様に、クジラと呼ばれるトレーダーは1回の取引で市場を動かすことができます。

市場の専門家は、クジラと呼ばれるトレーダーの取引に注意を払うようアドバイスしています。

クジラの動きを見ることで利益を得るチャンスがありますが、 クジラと呼ばれるトレーダーは匿名を好むため、1回の取引で市場を動かすことはできません。

ダチョウ(Ostrich)

クジラが市場を動かすものである場合、ダチョウはこれらの動きによって影響を受けるものです。

その理由は、トレーダーたちがネガティブなニュースを避け、より良いものを望んでいるために起こります。

ダチョウが危険に直面したときに頭を砂に埋めるように、ダチョウのトレーダーは金融市場が彼らに送るすべてのシグナルに目を閉じます。

レームダック

ここに、鳥の種類のより多くの代表者が来ます。

この用語の背後には興味深い話があります。

もともと、レームダックという用語は、ロンドンとその最初の証券取引所から来ました。

これは、投資家が借りているお金を支払うことができず、取引所の路地をシャッフルして出て行ったときに使用されました。

現在、レームダックという用語は主にマージンコールを示すために使用されています。

名前に「アヒル」という言葉が含まれていても、レームダックのトレーダーとは相関関係がありません。

サメ

サメは、お金を稼ぐことだけに関心のあるファンドを意味します。

サメは通常、チームで働き、個人を誘惑して、高い利益を約束するあいまいな資産を購入させます。

それからサメと呼ばれるファンドは、彼らの間で取引することによって価格を押し上げ、商品を決済して利益をとって消えます。

オオカミ

最後に、オオカミについて説明します。

オオカミは、映画「ウルフ・オブ・ザ・ウォール・ストリート」の由来であり、オオカミは、株式市場で3番目に有名な取引動物です。

映画を見たなら、オオカミはサメと同様に、トレーダーではなくファンドを示しています。

主人公とオオカミのビジネスの管理方法を知っていると、ファンドはオオカミと呼ばれる理由を簡単に推測できます。

オオカミと呼ばれるファンドは強力ですが非倫理的です。

彼らはより多くを稼ぐために偽の情報を流すことに罪悪感がありません。

こちらからFBSで取引を始める

まとめ

株式市場のブル(BULL)とは何ですか?

ブル(BULL)とは、価格が上がることを期待して株を買う前向きなトレーダーで、強気を意味します。

株式市場のベア(BEAR)とは何ですか?

クマは、価格が下落すると予想しているため、株を売るネガティブなトレーダーです。弱気を意味します。

株式市場のチキン(鶏)とは何ですか?

チキン(鶏)とは、リスクを冒さず、市場が揺れるたびに衝動的に売る恐ろしいトレーダーを意味します。

株式市場の羊(SHEEP)とは何ですか?

羊は独自の戦略を持たないトレーダーであり、常に他のトレーダーの動きに従います。

簡単に言えば、周りの取引市場に応じた順張り取引を計画なく行うトレーダーのことです。

株式市場のウサギ(RABBIT)とは何ですか?

うさぎは、日中に早くそしてたくさんの利益を得ようとする過激なトレーダーです。

額を問わず、利益が得られたらすぐに決済してしまうトレーダーのことです。

株式市場のダチョウ(OSTRICH)とは何ですか?

ダチョウは、市場が彼らにいくつかの否定的なシグナルを送るとき、彼らの頭を砂に埋める投資家です。

株式市場のクジラ(WHALE)とは何ですか?

クジラは、たった1回の取引で市場の状況に影響を与えることができる裕福なトレーダーです。

莫大な資金を市場に投入して、価格を操作する機関投資家でもあります。

こちらからFBSで取引を始める

結論

ご覧のとおり、すべての動物は、独自の取引スタイルを持つトレーダーやファンドを意味しています。

読者様はどんなタイプのトレーダーですか?

当サイトで書かれた記事を読んで、どのようなタイプなのかを見極めてみてください。

この記事は、FBSで書かれていた内容を掘り下げた内容となっています。

こちらからFBSで取引を始める

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました