FBSが、OZ(オズ)の取引戦略を解説!|中央銀行が新型コロナウイルスに従う:最新アナリティクスとファンダメンタル分析

この記事は約6分で読めます。

FBSは2020年2月に11周年記念を迎えることができて、継続的に金融商品を世界へ提供したり、金融教育を施したりしていきます!

さらに、FBSは、最高の瞬間やイベントを思い起こしながら、FBSの素晴らしい歴史を振り返ります。FBSはかなり成長し、世界中の何百万人もの人々の信頼を得ました。さらに、新しいクライアントがFBSを利用し、面白いコンテストにもたくさん参加しました。

FBSでは、新しい及び既存のクライアントたちと11年周年を祝い、負けられない「11年間にわたるお客様への献身」プロモーションを開催します。どなたでも大歓迎です!

FBSロイヤリティプログラムを利用すると、FBSに対する献身がハイテクなガジェットやメルセデス・ベンツSクラスなどの素晴らしい賞品に交換でき、iPhone、MacBook、Apple Watch、AirPods、JBLスピーカー、新しいメルセデスベンツGLA 250スポーツが交換させる景品となります。

この記事では、2020年3月9日-14日において、FBSにおける次の2つの教訓を共有したいと思います。

Sponsor
Sponsor

中央銀行が新型コロナウイルスにより、政策金利を大幅に下げる

fbscorona

FBSが、最新アナリティクスとファンダメンタル分析を行いました。

FRBは、新型コロナウイルスに対する世界中の対応を主導しています。緊急の動きでは、政策金利を50 bps引き下げ、急速に広がる新型コロナウイルスは、「経済活動にリスクを進化させる」と述べました。

カナダ銀行は、FRBに従い、政策金利を1.75%から1.25%にも引き下げました。規制当局は、経済成長をサポート、インフレ率を目標レベルに維持するために、金融政策をさらに調整する準備ができています。オーストラリア準備銀行は、政策金利を0.5%という「新記録最低値」に引き下げました。

ECBは状況を監視することにしました。それでも、2020年3月12日の会合で意見を述べる機会があります。イングランド銀行も、静観しながらのアプローチを採用しています。

全体として、米ドルはその状況の最大の安値になりました。FRBは、他の中央銀行よりも政策を緩和する可能性があります。良いNFPの発表でさえ、米国の通貨USDは売られて、日本円JPYやスイスフランCHFが買われています。

FBSの公式ページはこちらから

FBSの「OZ取引戦略」

「OZ取引戦略」という単語を聞くと、よく知られているおとぎ話「OZの魔法使い」の主人公について思い出させますが、この便利な戦略は魔法とは何の関係もありません。しかし、竜巻がドロシーの家を吹き飛ばしたのと同じように、利益は予想外に上げるかもしれません。

このような意味のある効果を達成する方法である「OZ取引戦略」について解説します!

  • 時間枠:日足、H4
  • 通貨ペア:「OZ取引戦略」はユーロ(EUR)/円(JPY)の取引に広く利用されていますが、他の通貨ペアでもうまく利用できます。
  • ツール: オーサム・オシレーター(AO), アクセラレーター・オシレーター, ストキャスティクス・オシレーター(設定:%K期間 = 5;%D期間 = 3;スロー = 4)
    アクセラレーター・オシレーターにストキャスティクス・オシレーターを実装することをお勧めします。

上記の3つを利用するためには、特定の指標をダウンロードする必要はありません。

必要なのは、MT4またはMT5ののメニューでアクセラレーター・オシレーターを選択することだけです(「挿入」→「インジケータ」→「オシレーター」→「アクセラレーター・オシレーター」)。

ナビゲータウィンドウが開いていることを確認してください(「表示」→「ナビゲータ」)。

最後のステップでは、ナビゲータウィンドウからアクセラレーター・オシレーターウィンドウまでストキャスティクス・オシレーターを移動する必要があります(下図を参照)。

fbs01

このストラテジー(魔法)を機能させるためには、逆転を確実にしなければなりません。したがって、シグナルには確認が必要です。アクセラレーター・オシレーターは、オーサム・オシレーターよりも値動きにすばやく反応しますが、それらの組み合わせによりシグナルの信頼性が高まります。

ストキャスティクス・オシレーターは、買われ過ぎと売られ過ぎのレベルを表します。これらのレベルは、市場に入るタイミングと市場から出るタイミングを判断するために重要です。

基本的なアルゴリズムを学ぼう

  1. ストキャスティクス・オシレーターが下から上へ20レベルを突き抜けるまで待つ。
  2. (ストキャスティクス・オシレーターが20ラインを超えても、アクセラレーター・オシレーターに関しては、色が変わりません。)

  3. その後、アクセラレーター・オシレーターとオーサム・オシレーターの両方が緑色に変わるまで待つ。
  4. 強気ローソク足の始値でポジションを開く。
  5. ストキャスティクス・オシレーターがアクセラレーター・オシレーターと一緒に80レベルを超えると、ポジションをクローズして決済する。
  6. エントリーに最も近いサポートレベルの近くにストップアウト(損切り)を設定する。

例えば、以下のユーロ/円の日足(ひあし)チャートを見てみましょう。市場へエントリーするタイミングです。

fbseurjpy

ここでは、上記の5つの条件が全て満たされていることがわかります。ストキャスティクス・オシレーターが20レベルを下から上へ突き抜けて交差した時は、まだ、オーサム・オシレーターが赤色だったためにすぐに市場にエントリーしませんでした。

最終的にオーサム・オシレーターが緑色になったら、次のローソク足の始値126.24で、市場にエントリーし、ユーロ/円のポジションを開きました。ストキャスティクス・オシレーターとアクセラレーター・オシレーターが80レベルを超えるまで数日待って、129.3で決済しました。また、ストップロス(損切り)は、125.65で、重要な支持線をわずかに上回って設定されました。

いつ、売りポジションをオープンする必要があるかを考えよう

  1. 最初に、ストキャスティクス・オシレーターが上から下へ80レベルを突き抜けて交差する必要があります。
  2. ストキャスティクス・オシレーターが80ラインを交差しても、アクセラレーター・オシレーターが緑色である場合、まだポジションを開いてはいけません。「騙し」の場合があるからです。

  3. そして、アクセラレーター・オシレーターとオーサム・オシレーターの両方が赤色に変わります。
  4. 弱気のローソク足の始値で売りポジションを開きます。
  5. ストキャスティクス・オシレーターがアクセラレーター・オシレーターと一緒に20レベルを下回ると、ポジションを決済します。
  6. ストップロスは、エントリーに最も近いレジスタンスラインの上に設定されます。

fbseurjpy01

上記の図にあるユーロ/円の値動きをもう一度見てみましょう。

2011年7月4日、ストキャスティクス・オシレーターが80レベルを超えました。アクセラレーター・オシレーターとオーサム・オシレーターの両方が赤くなり、116.97でエントリーしました。

その後、レジスタンスレベルの少し上に118.18で損切りの設定をしました。そして、ストップロスと相場の動きを追跡しました。ストキャスティクス・オシレーターが「売られすぎ」の範囲内でクロスオーバーを形成し、アクセラレーター・オシレーターが20レベルに近づいてきたとき、105.2で売りポジションをクローズし、決済しました。その結果、1177pipsを獲得しました!

まとめ

分析しながら、3つのオシレーター「ストキャスティクス・オシレーター」「アクセラレーター・オシレーター」「オーサム・オシレーター」の組み合わせることによって、利益を出しやすいということがわかりました。それでも、常に合理的な決定し、ストップアウトレベル(損切の判断基準)を分析する必要があります。

FBSの公式ページはこちらから

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました