FBSで取引するときに、MetaTrader 5(MT5)をmacOSにインストールする方法を詳しく解説!

この記事は約5分で読めます。

fbs

FBSで取引するとき、クライアントは、ウェブ、モバイル、デスクトップなどの幅広い取引プラットフォームから自分の取引手法に適したプラットフォームを選択することができます。

しかし、トレーダーの多くは、自分のパソコンのデスクトップ上にアプリとして、プラットフォームをダウンロードしておきたいと考えています。

MacOSには、独自の高いスペックで機能しているので、MetaTrader 5をMacOSのシステムにインストールする方法はあまり明確ではないかもしれません。

MT5をmacOSにインストールする方法はいくつかあります。

MT4やMT5といった取引プラットフォームは、ロシアのMetaTrader社が開発しています。MetaTraderは、常にシステムをアップグレードしているので、インストールのプロセスを簡単にしてトレーダーが使いやすいように随時システムを向上しています。

MacOS Catalinaまたはそれ以前のOSバージョンを使用している場合、MT5をデスクトップ上にダウンロードした後、インストールする時にトラブルが生じじる可能性があるので、MacOSを常に最新のバージョンにアップデートしておいてください。

この記事では、FBSで取引するときのMetaTrader 5(MT5)をMacOSのデスクトップにダウンロードする手順を解説します。そのうち、MT5をMacOSにインストールする一番わかりやすい方法を解説します。

公式サイトはこちらから

Sponsor
threetrader

MT5をインストールする方法

MT5をMacOSにインストールする方法はとても簡単で、数分で終わってしまいます。

MT5は、他のアプリケーションと同じように、FXやCFDを取引するためのアプリです。

従って、インストール方法も他のアプリとかなり似ているので、もしかしたら迷うことはないかもしれません。

① FBSのMac専用のMT5アプリをこちらこからダウンロードしてください。

② すると、dmgファイルが自動的にダウンロードされます。

③ ファイルを開くためにダブルクリックしてください。

fbs

④ MT5のアイコンをアプリケーションフォルダー、もしくは、そのままデスクトップにドラッグしてください。

fbs

⑤ インストールが完了し、アプリケーションバーに表示されるのを待ちます。

fbs

⑥ すると、MT5が利用できるようになります。

取引を始める前に、自分の取引手法に合わせてMT5プラットフォームをカスタマイズしてください。

公式サイトはこちらから

MT5がMacOSでうまく作動しない場合の対処法

MacOSでMT5がうまく作動しない1番の原因は、ダウンロードしたMT5アプリのプログラムとMacOSのプログラムに互換性がないことです。

互換性がない1番の理由は、MacOSの古いシステムを利用しているからです。

MacOSのCatalinaが最初にアップグレードされたとき、MacOSのCatalinaとMT5アプリの違いのシステムに互換性がなく、トラブルを引き起こしたり、利用できなかった場合があります。

しかし、年月が経つにつれて、MetaTrader社はMacユーザーにも取引できるようにシステムをアップグレードし続けたので、現在のMacOSのシステムでも十分にMT5が使えるようになっています。

もし、MacOSのCatalinaまたはそれ以前のOSバージョンを使用している場合、MT5をインストールした時に問題が発生する可能性があります。

MacOSでは、古いシステムでアプリを開こうとすると、ファイルの開発者を確認できないという警告が現れて、アプリケーションのインストールができません。

なぜこの表示が出る理由は、セキュリティの関係であり、MacがMT4・MT5アプリを怪しいと判断し、開けないようにしているからです。

しかし、そのトラブルに対してとても簡単な解決策があります。

このような問題が発生した場合は、ダウンロードしたDMGファイルをダブルクリックをしても意味がありません。

このダイアログに[開く]ボタンを表示するには、コンテキストメニューからパッケージを起動する必要があります。
これは一番解りやすい方法です。

「control」キーを押しながらアプリを開く

一番おすすめなのが、「control」キーを押しながらアプリを開く方法です。

コンテキストメニューを表示するには、[control]キーを押しながらクリックします。Windowsの右クリックで表示されるショートカットメニューと同じようなものです。

もし、純正マウスではなく、ホイール付きのマウスを使ってる場合は、[control]キーを使わずに、右クリックするだけでアプリを開くことができます。

MT5アプリを「control」キーを押しながらタッチパッドでクリックすると、「開く」が現れますので、「開く」をクリックします。

すると、セキュリティ設定の例外として、アプリが開けるようなり、保存できるようになります。

次に使う時にも、問題なくMT5アプリを開けます。

「セキュリティとプライバシー」から設定する

デスクトップのリンゴのマークをクリックして、「セキュリティとプライバシー」で、Macの「システム環境設定」を変更します。

macos

macos

セキュリティが悪化してしまうので、「control」キーを押しながらを行ってください。

「システム環境設定」→「一般」タブをクリックします。

そして、鍵を開けて、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の中にある2択のうち、「App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択してください。

macos

もし選択できない場合はロックされているので、左下にある鍵マークをクリックし、パスワードを入力すると、鍵を開けて、選択することができます。

「App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択すると、ほとんど全てのアプリを開くことができるようになります。

「開発元が未確認のため開けません。」と表示されたときは「control」キーを押して、「開く」が現れますので、「開く」をクリックすると、おそらく解決すると思われます。

公式サイトはこちらから

取引する準備をしよう

MacOSへのMT5のインストールが完了したら、FBS口座でログインし取引を開始することができます。

まだ口座を保有していない場合、ぜひ開設しましょう!

FBSの口座開設費用も無料ですし、FBSの口座維持費ももちろん無料です。

ただし、リアル口座を90日間放置すると、そのリアル口座は休眠口座(Dormant Account)となります。しかし、休眠口座はFBSの会員ページで簡単に復元できます。もちろん休眠口座は口座が解約されるわけではありません。

様々なタイプの口座を用意しているので、誰でも自分の好みに合わせて選ぶことができます。

この記事では、MT5をMacOSにインストールする一番わかりやすい方法を解説しました。

公式サイトはこちらから

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました