BTC(ビットコイン)のTaprootアップデートに伴うFXGTで取引するときの注意事項

この記事は約10分で読めます。

fxgt

2021年11月15日に、BTC(ビットコイン)のTaprootへアップデートが行われます。

Taprootへアップデートされることによって、現行のP2SH(pay to script hash)がMAST(Merkelized Abstract Syntax Tree)置き換えられます。

すると、スクリプト機能とプライバシー保全が強化されます。

P2SHとMASTはそれぞれ、条件が満たされるとトランザクションがロックされる複数の方法の1つです。 P2SHを使用すると、他のユーザーが条件を確認することが可能で、かつ、全ユーザーが条件を満たすさまざまな方法をすべて確認できる運用となります。

一方、MASTには、トランザクションの処理時に満たされる条件を除き、すべての条件を非表示にする機能が備わっています。

この記事では、FXGTを利用するときのビットコインがアップグレードされるときの注意点とTaprootに関する詳細を説明したので、ご覧ください。

ビットコインの取引を始める

Sponsor
Sponsor
728_90_Crypto_EN

Taproot(タップルート)とは?

Taprootは、ネットワークのプライバシーと効率を改善することを目的としたビットコインへのアップグレードです。 Taprootは、Segregated Witnesses(SegWit)が2017年に公開されて以来、4年ぶりのビットコインへのアップグレードです。

Taprootアップデートには、BIP340(BIP – Schnorr)、BIP341(BIP – Taproot)、BIP342(BIP – Tapscript)を含む3つのビットコイン改善提案(BIP)が含まれています。

BIP340(BIP – Schnorr)は、トランザクションを承認するための、より高速で、より安全で、データ集約度の低い方法である「SchnorrSignatures」を導入しています。

さらに、BIP340(BIP – Schnorr)は、BIP341(BIP – Taproot)も有効にします。これは、「MAST」と呼ばれる手法を使用して、スマートコントラクトトランザクションデータをブロックチェーンにコミットすると同時に、一部のプライベートトランザクション情報を隠します。

BIP342(BIP – Tapscript)は、SchnorrおよびTaprootテクノロジーを利用するアップグレードされたトランザクションプログラミング言語をビットコインに装備します。

Tapscriptを使用すると、開発者は将来のビットコインのアップグレードをより効率的に実装することもできます。

Taprootは、2018年1月にビットコインコア開発者のGregoryMaxwellによって最初に提案されました。

この提案は広く支持され、2021年6月12日にビットコイン鉱山労働者の大多数から実施の合意に達しました。

Taprootは2021年11月15日にアクティブ化されます。

Taproot(タップルート)は、3つのBIPを実装

Taprootアップグレードは、以下の3つのBIP「BIP340(BIP – Schnorr)」、「BIP341(BIP – Taproot)」、「BIP342(BIP – Tapscript)」を実装します。

1:BIP340 – Schnorr署名技術は、より小さく、より安全で柔軟なタイプの暗号署名を実装します。

また、「キーアグリゲーション(Key Aggregation)」と呼ばれる手法も導入されています。「キーアグリゲーション(Key Aggregation)」を利用すると、複数のパーティが単一のトランザクションを承認する「マルチシグニチャトランザクション」と、トランザクションを実行するために所定の条件を満たす必要がある「スマートコントラクト」が、標準の単一署名トランザクションと同じ量のデータをビットコインブロックチェーンにコミットすることを可能にします。

Schnorr署名を使用すると、関係するすべての参加者のすべての公開鍵と署名ではなく、単一の集約された公開鍵と単一の集約された署名の両方が記録されます。

その結果、ブロックチェーンの負荷が軽くなり、観察者はトランザクションに単一の承認者が含まれるか複数の承認者が含まれるかを解読できなくなります。

注目すべきことに、Schnorr署名は、ビットコインが開始以来使用してきた楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)と呼ばれる暗号化アルゴリズムと下位互換性があります。

楕円曲線とは、で、が重根を持たない式で表される代数曲線の一つで、その群演算など楕円曲線が持つ複雑な特徴を生かして暗号に関するセキュリティーを強くしています。

Schnorr署名により、取引所、カストディアン、ウォレットなどのサービスプロバイダーは、時間の経過とともにアップグレードすることを選択できます。

2:BIP341 – Taprootは、最新のビットコインアップグレードであるSegWitのプライバシー革新に基​​づいて構築されており、Merklized Alternative Script Trees(MAST)を実装しています。これにより、他のすべての可能な結果の完全な詳細ではなく、スマートコントラクトトランザクションの実行された条件のみをブロックチェーンにコミットできます。

マークル木(ハッシュ木ともいう)は、セット全体を明らかにすることなく、データがセットに存在することを証明する方法として暗号化で広く使用されています。実行されたトランザクションの詳細のみを公開することにより、Taprootはビットコインユーザーにより大きなプライバシーを提供します。

merkletree

Taprootを使用すると、チェーンを監査するユーザーは、使用されたウォレットの種類などの機密性の高い個人情報が含まれている可能性のある、実行されていないトランザクションの状態や結果を表示できなくなります。

MASTは、実行されていないトランザクション情報がブロックチェーンに記録されなくなるため、スケーラビリティ、トランザクションスループット、および効率も向上するはずです。

3:BIP342 – Tapscriptは、アップグレードをオプトインするユーザー向けのSchnorr署名とTaprootテクノロジーに対応するために、ビットコイントランザクションパラメーターの記述に使用されるスクリプトコーディング言語を更新します。

Tapscriptはまた、新しいタイプのオペコード(トランザクション命令)をよりシームレスに導入できるようにすることで、ビットコインへの将来の更新の実装を容易にします。

Taprootのアップデートによる影響

ソフトフォークとして、古いソフトウェアを実行しているノードは引き続き機能します。ただし、Taprootトランザクションを確認するユーザーは、2021年11月16日頃までに、ノードソフトウェアをBitcoin Core v0.21.1(Taprootソフトフォークのアクティベーションロジックを含む最新バージョンのBitcoin Core)に更新する必要があります。

ほとんどのウォレットサービスプロバイダーは、Schnorrが標準化されているためにアクティブ化された後も、ECDSA(楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)を引き続き使用するので、Taprootの機能と機能はすぐには実現されない可能性があります。また、ブロックには引き続きSchnorr署名とECDSA署名の両方があり、短期間のバッチ検証の利点が制限されます。

やがて、より広範な暗号コミュニティがこのテクノロジーを広く採用するため、ビットコインユーザーが知らなくても、ほとんどのトランザクションはTaprootを介して実行されます。それにもかかわらず、完全な採用は一夜にして実現されることはなく、個々のユーザーはビジネスの前にTaprootを採用する可能性が高くなります。

Taprootは何年にもわたって進行中であり、一部の市場参加者は、Taprootがビットコインに与えるプラスの影響はすでにその価格に反映されていると主張しています。これらの懐疑論者は、ビットコインが業界の注目を集めているため、2020年3月以降のビットコインの増加がTaprootのアップグレードに部分的に起因していることを示している可能性があります。言うまでもなく、アップグレードの複雑さを考えると、Taprootがビットコインにもたらす価値は、ネットワーク全体の使用状況に完全に理解され反映されるまでにかなりの時間がかからない場合でも、ユーザーに気付かれなくなる可能性があると考える人もいます。

一方、SegWitのアクティベーションの翌週にビットコインが+ 50%急上昇したことからも明らかなように、Taprootの影響はアクティベーションの直後まで価格に反映されないと主張する人もいます。

さらに、これらの強気は、Taprootがマクロ強気の指標であるためにネットワークが見ている潜在的な大量採用を示している可能性があります。実際には、他の要因が短期的な価格行動の主な推進力である可能性が最も高く、Taprootのようなアップグレードは今後数年間価格に影響を与えません。

ただし、短期的な価格行動にもかかわらず、技術のアップグレードにより、ビットコインの需要が増加する可能性のあるDeFiプロトコルを構築するためにビットコインネットワークが大幅に魅力的になります。具体的には、キーの集約により、ビットコインは、DeFiプロジェクトの主要な繁殖地であるイーサリアムなどの高スループットのブロックチェーンと競合することができます。

さらに、SegWitトランザクションとLNチャネルは、特に優れたオプションが利用できるようになったため、より普及するように位置付けられています。 それでも、Taprootのアクティブ化後、Taproot準拠のLNチャネルの作成と終了は標準のトランザクションのように見えるため、この成長を測定するのは難しい場合があります。

Taprootのアップデートについての結論

Taprootは、ネットワークのスケーラビリティ、トランザクションのプライバシー、スマートコントラクト機能の最適化に重点を置いているため、ビットコインの最大のアップデートとなる予定です。説明したように、Schnorr署名(BIP340)は、ビットコインのコア暗号化を変更して、キーと署名の集約を可能にし、マルチシグトランザクションを通常のトランザクションのように見せます。

一方、Taproot(BIP341)は、Schnorrに基づいて構築され、Taproot、Schnorr署名、およびMASTに基づく支出指示を含むアップグレードされたSegWitトランザクションタイプを作成します。これにより、より複雑な支出条件が可能になり、支出条件の情報がチェーン上で公開されることが少なくなります。最後に、Tapscript(BIP342)により、ビットコインのスクリプト言語のアップグレードバージョンが有効になり、taprootによって利用可能になった新しい支出条件が統合され、将来のネットワークアップグレードがより簡単に実行できるようになります。 tapscriptは新しいテクノロジーをビットコインに統合するだけでなく、SegWitやLNなどの既存の機能のプライバシーと効率を向上させます。

これらの機能は、ビットコインをより高いトランザクションスループットに拡張し、より多くのユーザーベースを引き付けるのに役立ちますが、この可能性は、大幅な採用なしには達成されない可能性があります。

Taprootは何年もの間広く期待されており、アクティベーション後にほとんどのユーザーに評価されない可能性があるため、ビットコインの価格にほとんど影響を与えないと考える人もいますが、アップグレードによって大幅に多くのユーザーが招待されるため、アクティベーション後に価格が上がると言う人もいますネットワークとビットコインの最新のアップグレードは、+ 50%の価格上昇を引き起こしました。

ビットコインの大量採用は、そのプライバシーの質とスケーリングの保証に議論の余地があります。つまり、より良いプライバシーとスケーラビリティのソリューションの必要性は長期的に増大し続けるでしょう。ただし、Taprootソフトフォークによって可能になった技術的アップグレードのおかげで、ビットコインはこれらの包括的な懸念に対処するための一歩に近づくでしょう。

多くの成熟した暗号化プライバシーメカニズムが存在し、実装の準備ができている一方で、ほとんどの利害関係者が同意しない重要なトレードオフを伴うことが多いため、このアップグレードは重要です。一方、Taprootは、重要なトレードオフがないように見えるため、ほぼ完全なコンセンサスを受け取りました。

今後、Schnorr、Taproot、Tapscriptは共同でユーザーに力を与え、2021年11月のアクティベーションに続くビットコインの新しい時代への道を開きます。

ビットコインの取引を始める

注意事項

FXGTは、FXGTが提携している流動性プロバイダーからビットコインの価格を受け取っているので、クライアントにBTCとの通貨ペアに関する取引環境を継続して提供します。

ただ、BTC(ビットコイン)が、Taprootへアップデートをしている最中の数時間に限っては、BTCペアが決済オンリーモードとなる可能性がありますので、その点は注意してください。

ここで、決済オンリーモードとは、保有するオープン(既存)ポジションを決済(クローズすること)のみができることを意味し、新たなポジションの保有や既存ポジションの変更はできないことを意味します。

ビットコインの取引を始める

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
Average rating:  
 0 reviews
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました