FXGTが、MT5だけでなくMT4取引プラットフォームも提供開始!MT4とMT5の違いについても徹底解説!

この記事は約8分で読めます。

fxgt

この度、FXGTが、MT5だけでなく、『MT4取引プラットフォーム』も導入したことを、お知らせします。

MT4取引プラットフォームを利用して以下の口座タイプ、資産クラスを取引できます。

口座タイプ 資産クラス
ミニ、スタンダード+、プロ、ECN口座 FX、CFD

FXGTの取引プラットフォーム(MT4,MT5)の条件は、ほぼ一致しているので、クライアントに合わせた取引環境を体験することができます。

MT4とMT5の取引条件の間には、取引できる銘柄に関していくつかの相違点があります。

主に暗号資産ペアと株価指数の価格、提供銘柄、最小/最大ロット数、および契約サイズを指しております。

取引プラットフォームには、MT4, MT5, cTraderや独自のコピートレードなどがあります。

その中でもMT4・MT5は、世界中の証券会社のほとんどが採用している取引プラットフォームです。

取引所の口座を開設しても、これらの取引プラットフォームがなければ、商品を取引ができません。

この記事では、MT4とMT5の違いを比較して、どちらのツールがどんな人におすすめなのかを解説します。

FXGTとはどのようなブローカーなのか詳細を知りたい方は、以下の記事を併せてご覧ください。

公式サイトはこちら

Sponsor
banner

MT4とMT5の違い

具体的にMT4とMT5の違いを見ていきましょう。

メタトレーダー(metatrader)は、ロシアの会社メタトレーダー社が開発した取引プラットフォームで、有名なのがMT4です。

MT4は、FXトレードをするための取引ツールです。

正式名称はMetaTrader4と言います。

MT5とは、MT4の次世代版として開発されたFXトレードをするための取引ツールです。

正式名称はMetaTrader5と言います。

MT4とMT5の違いを以下の表で簡単にまとめています。

名称 MT4 MT5
対応業者の数 多い 少ない
標準インジケーター数 30 38
描画ツール 31 44
使用可能EA(自動売買)の数 多い 少ない
表示できる時間足の種類 9 21
動作速度 遅い 速い
アップデートの頻度 少ない 多い
取引できる銘柄 FX, CFD FX、CFD、株式、先物、オプション

それぞれの項目について解説します。

対応業者の数

取引所の選択肢はMT4の方が豊富にあります。

MT4とMT5では記述しているプログラミング言語が異なるので取引ツールに互換性がありません。

そこで、多くの取引所がMT5リリース時にMT4を使い続けました。

しかし、上の表でわかる通り、MT5はMT4よりも標準のインジケーター・描画ツール・時間足の種類が豊富で、アップデートも頻繁におこなわれています。

MT4は、アップデートを終了したからです。

利用したいブローカーがMT5を採用した場合、MT5を利用しないメリットがありません。

FXGTは、MT4・MT5の両方を採用しているので、ぜひ利用して取引に使ってください。

FXGTは新規口座開設後、本人確認完了するだけでボーナスを提供しているので、試しに取引をしてみたい方には利用する価値があるブローカーです。

標準搭載されたインジケーターが多い

FXや仮想通貨、株式取引をする時に利用するインジケーターとは、チャート上もしくはチャート下部に表示する相場分析のサポートツールのことです。

このインジケーターを組み合わせて売買タイミングを計測し、上がるか下がるかを予測するための指標です。

標準搭載されたインジケーターはMT4よりMT5の方が圧倒的に多いです。

MT4 30
MT5 38

上記のように相場分析で使える標準インジケーターは、MT5の方が多いので、より相場分析に力を入れたい人はMT5で取引することをおすすめします。

ただし、MT4は昔からあったので、外部のサイトなどからアプリや取引ツールといったプラグインをダウンロードして使う場合、それらのカスタムインジケーターに関しては、MT4と親和性があるので、MT4専用に開発されています。

しかし、カスタムインジケーターよりも、標準搭載されたインジケーターがおすすめです。

外部からダウンロードするカスタムインジケーターの場合、有料だったり、開発者によって仕様が異なるので使いづらい場合もあるからです。

描画ツールの種類

インジケーターと同様に、描画ツールの種類もMT5の方が多いです。

MT4の描画ツールは31種類ですが、MT5は44種類なのでとても多いです。

MT4 31
MT5 44

相場分析を専門にして取引する人は、MT5を利用をお勧めします。

インジケーターや描画ツールといった相場分析ツールは、MT5で標準搭載されているからです。

また、相場分析を自分の力で行うこともおすすめします。

相場分析を自分ですれば、トレーダーとしての取引技術を向上させられるからです。

使用可能EA(自動売買プログラム)の数

使用可能なEA(Expert Advisor)の数は、MT4の方が多数開発されています。

MT5がMT4に比べて新しく、利用できる取引業者が多いからです。

従って、MT4ではほとんどのEAが問題なく動作しますが、MT5では対応しているEAがまだ少ないですが、徐々に増えつつあります。

MT4とMT5では、使用されているプラグラミング言語が違い、MT4とMT5には、互換性がありません。

MT4対応の自動売買システムをMT5では使えません。

自動売買を中心に取引したい方は、対応数の多いMT4がおすすめです。

表示できる時間足の種類

表示できる時間足の種類はMT5の方が豊富です。

MT4で表示できる時間足は9種類ですが、MT5では21種類の時間足を表示できます。

特にFXや仮想通貨(暗号資産)の取引時間のスタイルは、短期から中長期に渡ります。

株式取引は、たいてい中長期に渡ります。

例えば、スキャルピング(数秒〜数分)から、スイングトレード(2、3日〜数週間)などがあります。

トレーダーによって意識している時間足が違うので、より多くの時間足を組み合わせて、チャートパターンやラインを設定して売買タイミングを判断しまう。

その点、MT5の方が対応している時間足が多いので、有利に取引ができます。

動作速度について

MT5の方がMT4より断然取引速度が速いので、エントリーの時のスプレッドや買値売値の誤差が少ないです。

取引速度が速い理由は、MT5の方がMT4より動作速度が速いからです。

MT4 MT5
動作速度 遅い 速い
取引価格の誤差 大きい 小さい

従って、スキャルピング取引をするトレーダーにとっては、動作速度の速いMT5で取引することをお勧めします。

アップデートの回数

MT4とMT5のアップデートの回数は、MT5の方が多いことがわかります。

MT4は、およそ3か月に1回アップデートされているのに対し、MT5は1か月に3回と頻繁にアップデートがおこなわれています。

MT4は、2022年に一度もアップデートが行われていません。

それは、MT4のサポートが終了したからです。

一方、MT5は2週間に1回ほどアップデートされています。

セキュリティーの強さや利便性を考えると、やはりMT5で取引をすることをお勧めします。

取引できる銘柄の数

MT4, MT5で取引できる銘柄の数は以下となります。

MT4 MT5
取引できる銘柄の種類 FX, CFD FX、CFD、株式、先物、オプション

MT4では、FX, CFDしか取引ができません。

しかし、MT5では、FX, CFDだけでなく株式、先物、オプションなど様々な銘柄を取引できるような仕様となっています。

公式サイトはこちら

MT4を使うべき人とMT5を使うべき人

MT4を使うべき人とMT5を使うべき人のタイプを解説します。

MT4を使うべき人とは?

MT4を使うべき人のタイプは、カスタムインジケーターや自動売買botを重点的に使いたい人です。

1つ目は、EAを自分で開発せず、自動売買を中心に取引をしたい人です。

MT4の方が古いので、市場に出回っている自動売買の数は、MT5に比べてMT4の方が圧倒的に多いです。

MT5で自動売買を中心にトレードしていきたい方は、自分で開発しない限り、配布されているEAの数がMT4より少ないです。

2つ目は、自分で開発しない人で、カスタムインジケーターを使いたい人です。

自動売買と同様に、市場に回っているカスタムインジケータの数は、MT5に比べて、MT4の方が圧倒的に多いです。

MT5を使うべき人のタイプ

MT5を使うべき人のタイプは、裁量トレーダー、もしくは、カスタムインジケーターや自動売買botを開発したい人となります。

1つ目は、自動売買botなどを使わずに、自分の裁量で相場分析などをして手動で取引をする人です。

理由は、MT5の方が標準インジケーターなどが豊富だったり、表示可能時間足の多さや動作速度などの基本性能が高いからです。

2つ目は、カスタムインジケーターや自動売買botを自分で開発したい人です。

理由は、MT5版でカスタムインジケーターや自動売買botを販売するとき、MT4版を作って販売するよりライバルが少ないからです。

また、MT5の方が動作速度が速いので、MT4で同じものを作るよりも便利になるからです。

公式サイトはこちら

まとめ

本記事では、MT4とMT5の違いについて解説しました。

MT4とMT5の違いは、「取り扱い業者の数」「基本性能」「アップデートの頻度」です。

MT4を使うべき人のタイプは、「自分で開発しない人で、カスタムインジケーターや自動売買botを重点的に使いたい人」です。

MT5を使うべき人のタイプは、「裁量トレーダー」「カスタムインジケーターや自動売買botを開発したい人」です。

FXGTではMT4とMT5を採用しているので、性能が向上した状態の取引ツールで取引可能です。

さらに、FXGT独自のMT5専用の取引ツール「アドバンス・トレーダー・ツールキット」を提供しています。

さらに、FXGTでは口座開設+本人確認完了で入金不要のボーナスも提供しているので、ノーリスクで取引を始めることができます。

公式サイトはこちら

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました