HotForexで「仮想通貨FX」の取引する価値あり!仮想通貨FXのすゝめ!

この記事は約15分で読めます。

HotForex(ホットフォレックス)は、ヨーロッパ発のオンライントレード・サービスを提供するFXブローカーです。

FX業界最先端の無料で利用できる取引プラットフォームMT4やMT5で、簡単にレバレッジを利用した仮想通貨FX取引ができて、現物の仮想通貨を保有しないので仮想通貨特有の悩みであるハッキングがされなかったり、仮想通貨の最新価格における差額を利用した証拠金取引ができるなどのメリットがあります。

HotForexは、キプロスのキプロス証券取引委員会 CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)のライセンス保有だけでなく、セントビンセント及びグレナディーン諸島のIBCs(International Business Companies)としてのライセンスも保有しています。

それらライセンスの規則の遵守にしたがって、ユーザーの資産管理に関しては、法人運営資金と異なる隔離口座での管理とICF(Investors Compensation Funds)による資産補償で、安全性の高い方法を採用しています。


こちらから取引する

HotForexが扱っている仮想通貨FXの通貨ペアとその特徴

hotforexbitcointrading

HotForexが扱っている仮想通貨FXの通貨ペア

hotforexdealingcryptocurrencies

銘柄 説明 通常スプレッド
(1単位あたりの法定通貨)
必要証拠金 証拠金通貨でのスワップ値
(ショートポジション)
証拠金通貨でのスワップ値
(ロングポジション)
月曜オープン 金曜クローズ
BTC/EUR ビットコイン/ユーロ 30.0 10% -500.0 -600.0 0:05:00 23:54:59
BTC/USD ビットコイン/米ドル 30.0 10% -500.0 -600.0 0:05:00 23:54:59
ETH/EUR イーサリアム/ユーロ 26.0 10% -1.0 -2.0 0:05:00 23:54:59
ETH/USD イーサリアム/米ドル 3.7 10% -1.0 -2.0 0:05:00 23:54:59
LTC/EUR ライトコイン/ユーロ 10.0 10% -1.0 -2.0 0:05:00 23:54:59
LTC/USD ライトコイン/米ドル 4.7 10% -1.0 -2.0 0:05:00 23:54:59
XRP/USD リップル/米ドル 0.031 20% -1.0 -2.0 0:05:00 23:54:59

必要証拠金とは、ポジションを取るためにその取引額に比例して最低必要となる預託金のことです。
つまり、リップル/米ドルだけが、レバレッジは1/0.2=5倍, リップル/米ドル以外は、レバレッジは1/0.1=10倍となります。

ロングポジションとは、「買い」ポジションを保有することです。

買いポジションのことを「ロングポジション」という理由は、相場はゆっくりと時間をかけて上昇する傾向があるためです。そのため「長い」という意味を持つロングと呼ばれています。

一方で、ショートポジションは「売り」ポジションを保有することです。

ショートポジションやショートと言われる理由は、下降するときの相場はスピードが速く、一気に価格が下がるためです。そのため「短い」という意味を持つショートと呼ばれています。

HotForexの場合、スワップポイントは、ロングポジションもショートポジションも両方ともマイナスなので、ずっと持たずに、売買して、価格の差額取引で稼いだ方がいいということです。

HotForexが扱っている仮想通貨FXの詳細

hotforexbitcointrading

・BTC/EUR, BTC/USD

2009年に、ビットコインは、ナカモトサトシによって発明され、世界で最も広く使用されている暗号通貨かつ分散型デジタル通貨です。

ビットコイン(BTC)は「P2P(Peer to Peer)」方式によって管理者不在で動作する新しい通貨として、翌2009年にリリースされました。

紙幣などの実物がないピュアな「情報(データ)」であるビットコイン(BTC)の取引は「ブロックチェーン」という技術によって管理されます。「ブロックチェーン」は世界各地に散らばる「ノード」によって取引履歴を記録する台帳が分散管理されていることから、分散型台帳技術と呼ばれるようになりました。この方式を採用することで、悪意のあるユーザーによる過去の取引履歴の改ざんが困難になっています。

今後、ブロックチェーンは仮想通貨だけでなく、日常のさまざまなところにも応用されていくことが期待されています。ビットコイン(BTC)はその先駆者といえるでしょう。

2018年1月現在では、ビットコインの時価総額は、約2,600億ドルに達しました。 ビットコインは通貨としてのみ使用され、米ドルおよびユーロとの取引に使用できます。

口座種類別取引の特徴
PREMIUM ZERO MICRO AUTO
通常スプレッド
(1単位あたりの法定通貨)
26.0 26.0 26.0 26.0
1ロットサイズ 1 BTC 1 BTC 1 BTC 1 BTC
最小取引サイズ(Lot) 0.01 0.01 0.01 1.00
最大取引サイズ(Lot) 20.0 20.0 20.0 20.0
1Lotあたりのティック値 ・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

出来高制限 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots
必要証拠金 10% 10% 10% 10%
価格の増え方の最小値 0.01 0.01 0.01 0.01
リミットとストップレベル 3000.0 3000.0 3000.0 3000.0
マージンコール/ ストップアウトレベル 50 % / 20% 50 % / 20% 40% / 10% 50 % / 20%
マイナス残高保護
(追証なし)
はい はい はい はい
スワップポイント付与日数 0 0 0 0

・ストップレベル(stop level)とは、指値注文や逆指値注文などの待機注文を出す時に、現在価格から開けなくてはいけない値幅のことです。例えば、ストップレベルが3000円なら、現在価格から3000円以上離さないと注文が出せないことになります。

・「マージンコール」とは、損失によって証拠金維持率が一定のパーセンテージを下回ると、ブローカーがメールなどで知らせてくる警告のことです。ストップアウトレベルとは、ロスカットとも呼ばれて、ストップアウトレベル20%の場合は、証拠金維持率が20%以下になると強制的に決済されます。

・1USD×EURUSD÷100とは、1USDあたりのユーロの値を100で割った値を意味します。

・ETH/EUR, ETH/USD

イーサリアムは、スマートコントラクトを実行するブロックチェーンテクノロジーに基づくオープンソフトウェア分散プラットフォームです。 2015年に発売され、2018年1月の時点で、時価総額は1,000億ドルに達しました。イーサリアム(ETH)の大きな特徴である「スマートコントラクト」は、さまざまな契約をブロックチェーン上で契約・締結できる仕組みです。「スマートコントラクト」によって、今までは各種機関が認証していた多くの人手を必要とする手続きを自動化することが可能になります。また、契約・締結の結果をブロックチェーンに取り込むことで改ざんが困難になることから、非常に汎用性の高いプラットフォームであると言われています。 ビットコインとは対照的に、市場では無制限にイーサリアムを利用できます。

口座種類別取引の特徴
PREMIUM ZERO MICRO AUTO
通常スプレッド
(1単位あたりの法定通貨)
30.0 30.0 30.0 30.0
1ロットサイズ 1 ETH 1 ETH 1 ETH 1 ETH
最小取引サイズ(Lot) 1.00 1.00 1.00 1.00
最大取引サイズ(Lot) 20.0 20.0 20.0 20.0
1Lotあたりのティック値 ・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

出来高制限 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots
必要証拠金 10% 10% 10% 10%
価格の増え方の最小値 0.01 0.01 0.01 0.01
リミットとストップレベル 5000.0 5000.0 5000.0 5000.0
マージンコール/ ストップアウトレベル 50 % / 20% 50 % / 20% 40% / 10% 50 % / 20%
マイナス残高保護
(追証なし)
はい はい はい はい
スワップポイント付与日数 0 0 0 0

・LTC/EUR, LTC/USD

ライトコインは、イーサリアムとビットコインに次いで、3番目に有名な仮想通貨です。 技術的にはビットコインのモデルに基づいていますが、ビットコインよりもブロック生成率が75%低く、ビットコインの4倍のコイン供給量を提供します。 Litecoinの時価総額は、2018年1月現在で約100億ドルです。

ライトコイン(LTC)は、金に対する銀のように、ビットコイン(BTC)のサブアセットとして使われることを想定して2011年10月に開発されました。メジャーな仮想通貨の中ではビットコイン(BTC)の次に歴史が古いコインと言われています。

発行総量はビットコイン(BTC)の4倍で、8400万LTCとされています。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に調整されているのに対し、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は2.5分に調整されています。したがって、ライトコイン(LTC)の取引はビットコイン(BTC)よりも4倍早く承認され、迅速な取引を行うことが可能になっています。このようにビットコイン(BTC)が承認を10分以上待たなくてはならないという部分を補っていることが、ライトコイン(LTC)が銀と呼ばれる理由となっています。

口座種類別取引の特徴
PREMIUM ZERO MICRO AUTO
通常スプレッド
(1単位あたりの法定通貨)
10.0 10.0 10.0 10.0
1ロットサイズ 1 LTC 1 LTC 1 LTC 1 LTC
最小取引サイズ(Lot) 1.00 1.00 1.00 1.00
最大取引サイズ(Lot) 20.0 20.0 20.0 20.0
1Lotあたりのティック値 ・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

・EURの場合
1USD×EURUSD
÷100

・USDの場合
1USD÷100

出来高制限 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots
必要証拠金 10% 10% 10% 10%
価格の増え方の最小値 0.01 0.01 0.01 0.01
リミットとストップレベル 1500.0 1500.0 1500.0 1500.0
マージンコール/ ストップアウトレベル 50 % / 20% 50 % / 20% 40% / 10% 50 % / 20%
マイナス残高保護
(追証なし)
はい はい はい はい
スワップポイント付与日数 0 0 0 0

・XRP/USD

リップルはデジタル通貨として使用されますが、Ripple Netとして知られるグローバルなほぼ無料の支払いネットワークとしても使用されます。 2012年にXRPというラベルでリリースされ、2013年に配布が正式に開始された仮想通貨(暗号通貨)です。アルトコイン(altcoin)と呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨の中でも代表的なものに数えられています。

リップルは、アメリカに本拠を置く「Ripple, Inc.(リップル社)」が開発した、銀行間送金向けの総合的なソリューションです。リップル社は、国ごとに異なっている決済プロトコルをグローバルで統合し、あらゆる「価値」をEメールや情報と同様に安価かつ世界中どこへでも動かせるものにすることを目標に活動しています。

仮想通貨「XRP」はビットコイン(BTC)などとは異なり民間企業であるリップル社が中心となって開発していることが特徴で、XRPの発行量は1000億XRPと定められています。

リップルは、2018年1月の時点で時価総額が1,227億ドルであるため、価値で2番目に大きい暗号通貨です。

口座種類別取引の特徴
PREMIUM ZERO MICRO AUTO
通常スプレッド
(1単位あたりの法定通貨)
0.031 0.031 0.031 0.031
1ロットサイズ 1000XRP 1000XRP 1000XRP 1000XRP
最小取引サイズ(Lot) 1.00 1.00 1.00 1.00
最大取引サイズ(Lot) 20.0 20.0 20.0 20.0
1Lotあたりのティック値 1USD 1USD 1USD 1USD
出来高制限 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots 1アカウントあたり20 lots
必要証拠金 20% 20% 20% 20%
価格の増え方の最小値 0.00001 0.00001 0.00001 0.00001
リミットとストップレベル 20000.0 20000.0 20000.0 20000.0
マージンコール/ ストップアウトレベル 50 % / 20% 50 % / 20% 40% / 10% 50 % / 20%
マイナス残高保護
(追証なし)
はい はい はい はい
スワップポイント付与日数 0 0 0 0

重要

スワップ価格は、市況に基づき、毎日調整される可能性があり、HotForexの提示レートはすべてのオープンポジションに適用されます。トリプルスワップは、毎週水曜日に適用されます。

サーバー稼働時間に関しては、冬期はGMT+2、夏期はGMT+3 (夏時間、3月最終日曜日から10月最終日曜日までの期間)。

すべての未決済注文は、市場の休憩中に強制的に決済されます。 また、未決済注文がある場合は、金曜日の市場終了時に自動的に削除されます。

仮想通貨商品の新規注文は、会社のリスク管理手続きに沿って執行されます。市場の開始時と保留注文は一時的に拒否される場合があります。

1ロット(往復)あたり 1 米ドルの手数料が適用されます。

仮想通貨の必要証拠金額の計算例

口座の基軸通貨: USD
ポジション: 1BTC=8,249.60USDで、a[Lot]を購入
1 Lotサイズ: 1BTC
証拠金条件:元本の10%

とする。

元本は、a×1×8,249.60=8,249.60×a[USD]
必要な証拠金は、8,249.60×a[USD]×0.10=824.96×a[USD]

となる。

こちらから取引する

HotForexの場合、仮想通貨FXの資金管理がかなり楽チン!


HotForexでは、取引商品の種類がかなり多く、FX, 金属, 石油などのエネルギー, インデックス
株式, コモディティ, 仮想通貨, 債券のを一つの口座で取引できて、これらを取引するための証拠金が共有されています。

つまり、資金管理が非常に楽で簡単なのです。

日本の取引会社では、金融商品取引法で、為替、指数CFD、株式、貴金属・商品CFD、仮想通貨、それぞれが全て別の口座でなければいけなくなっています。

仮想通貨の場合はさらに、別の会社を作らないといけません。

「為替FX」と「仮想通貨FX」が別会社の口座だったり、同じ会社でも証拠金の分離しなければならないので、強制ロスカットされないために、すべての会社・すべての口座に資金を入れておかなければなりません。

HotForexの場合、全部1つの口座であらゆる金融商品を取引できるので、かなり便利です!

また、Hotforexの仮想通貨FXは、現金取引であり、仮想通貨取引所が提供する仮想通貨FXと違い、証拠金として、ビットコインを入金する必要はありません。つまり、ビットコインを持っていなくても、仮想通貨FX取引ができるのです。

また、ビットコインを持っていない場合、日本円をビットコインに両替するとき、仮想通貨取引所に購手数料が取られますし、ビットコインの価格はかなり大きく動くので、証拠金が目減りしてしまう可能性もあります。一方で、Hotforexの場合は、先物取引、為替や株価指数、株式投資での「実現利益」および「評価益」も、仮想通貨FXの証拠金として利用できるのです。

こちらから取引する

HotForexにおける仮想通貨FX取引ツールとは?

Hotforexの仮想通貨FXの取引ツールは、FX取引でも使われているMT4およびMT5です。
MT4, MT5は、ロシアのMetaQuotes社が開発した世界で最も利用者の多いFX取引プラットフォームです。これに対し、仮想通貨取引所の提供する仮想通貨FXは、その業者の提供する独自の取引ツールとなります。

MT4/5で配信される取引レートは、MetaQuotes社が配信しており、このレートは、「個人投資家とFX業者の双方にとって公正なレート」です。この理由が、MT4/MT5が世界でもっとも利用されている最大のトレードプラットフォームになった理由です。

一方、仮想通貨取引所の提供する仮想通貨FXの場合、その業者が独自の取引プラットフォームを使い、配信されるレートも業者自身が勝手に決めることができるので、どうしても自社に有利なレートを配信し、透明性がかける場合があります。いわゆる店頭取引の仮想通貨バージョンです。

仮想通貨FXにもHotForexが提供する入金ボーナスが適用される

HotForexの仮想通貨FXにも、入金ボーナスが適用されます。証拠金が他の先物取引と共通なので、入金ボーナスも同じように使えるのです。入金ボーナスは、元手を使わずにトレードをするためのブローカー側のお金であり、出金はできませんが、利益分は出金できますし、また、個人投資家が最もおそれる強制ロスカットを回避するための余裕資金としても利用できます。

一方、仮想通貨取引所における仮想通貨FX取引をするときは、このような入金ボーナスは基本的にありません。

3種類の入金ボーナスのうち、250ドル以上入金すると、1ロットの取引毎に2ドルキャッシュバックされる「 100% スーパーチャージド・ボーナス」が一番お得です!この「 100% スーパーチャージド・ボーナス」を利用すると、取引手数料が節約できます!

詳細はこちら

ハッキングリスクなし

HotForexは、FX取引や株式取引など、法定通貨を基軸として、運営と取引を行っています。仮想通貨の現物は保有しませんから、保有している仮想通貨がハッキングにより盗まれるというリスクはありません。

また、仮にそれ以外の何らかの理由によりHotforex社が倒産した場合にも、分別管理により、利用者が預け入れた証拠金がなくなったり、持ち逃げされることもありません。

こちらから取引する

土日や祝日、年末年始は休み

HotForexの場合、土日や祝日、年末年始は休みなので、仮想通貨FXも、休みになります。

一方で仮想通貨取引所が提供する仮想通貨FXは、土日も祝日も年末年始もサーバーがずっと稼働していることから、リアルタイムに取引できるので、土日や祝日に取引したい人にとっては、HotForexは不利といえます。

まとめ

仮想通貨FXは、株式投資や法定通貨同士の取引とは異なる相場の動きをします。
まったくちがう動きをするので、投資家には、トレードできるチャンスが増えるのです。

・レバレッジは、日本国内の仮想通貨取引業者より高い。

・すべて1つの口座で統一できるので、取引のバリエーションが増える。

・入金も日本円ででき、自動的にその時の為替で米ドルかユーロに両替される。

・取引ツールは信頼と実績のあるMT4やMT5が利用でき、透明な取引ができる。

・入金ボーナスを利用できる。

・ハッキングリスクがない。

こちらから取引する

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました