M4Marketsのコピートレードアプリの使い方について詳しく解説!使い方のマニュアルはココだけ!

この記事は約5分で読めます。

m4markets

M4Marketsは、2022年1月17日にコピートレードプラットフォームの提供を開始しました。

新しいソーシャルトレーディングプラットフォームは、初心者からベテラントレーダーまで、意欲的な投資家のグローバルネットワークを促進します。

M4Marketsのクライアントは、24時間年中無休のリアルタイムの市場更新、直感的なリスク管理ツール、およびMetaTrader4とMetaTrader5でコピートレードを利用することができます。

さらに、ボタンをクリックするだけで、取引のアイデアと市場の洞察をソーシャルメディアで共有できます。

以下の記事には、M4Marketsのコピートレードに関する内容とコピートレードのログインする方法などが書かれていますので、合わせてご覧ください。

この記事では、M4Marketsのコピートレードアプリの使い方のマニュアルと同じぐらい詳しく解説します。

こちらからコピートレードを始める

Sponsor
Axi

コピーしたいトレーダーを選ぼう

m4markets
・選びたいトレーダーを選択してください。
・収益率のいいトップトレーダーが順序付けられています。

① 1位の@andres.guzmanhをクリックしてみましょう。

すると、@andres.guzmanhの取引状況を以下のように見ることができます。

m4markets

シグナルプロバイダー「@andres.guzmanh」の取引をコピーしたい場合は、①の「コピー」というボタンを押してください。

シグナルプロバイダー「@andres.guzmanh」の取引をコピーするのではなく、フォローをしたいシグナルプロバイダーとしてリストに載せたい場合は、②の「フォローする」というボタンを押してください。

こちらからコピートレードを始める

コピーするときの設定およびそのパラメーター

m4markets

コピーする方法を選択してください。3つの選択肢があります。

・Mirror Master Risk

取引サイズは、紐付けした口座に存在する資産に比例します。コピーする人(フォロワー)は、取引サイズへのリスクをとっても良い資産額を削減または増幅することができます。

・Fixed Size (固定化されたサイズ)

全てのコピー取引は、自分が設定した取引サイズに固定されます。

・Mirror Master Size 

コピーする口座にある残高に関係なく、シグナルプロバイダーの取引サイズをそのままコピーします。

 

 

 

m4markets

・Round up to minimum trade size

「round up to minimum trade size」とは、最小取引サイズを引き上げることを意味します。チェックを入れることによって、シグナルプロバイダーの取引を逃さないようにします。

・Copy existing trades

Copy existing tradesにチェックを入れると、シグナルプロバイダーが開く任意のオープンポジションを全てコピーすることができます。

 

 

 

 

こちらからコピートレードを始める

コピー設定の編集

① まず、「Who am I copying?」をタップして、コピーしたいシグナルプロバイダーを選択します。

m4markets

② その次に、自分がコピーしたいシグナルプロバイダーを選んで、タップしてください。

m4markets

③ 「Edit Copy」をタップしてください。

m4markets

④ シグナルプロバイダーをコピーするとき、取引したいサイズ(Lots)を残高口座に応じて調整したり、以前の設定をアップデートしたりできます。また、シグナルプロバイダーの取引をコピーしている場合、手動でコピーを止めることもできます。

m4markets

こちらからコピートレードを始める

資産のリスクを管理する方法

m4markets

① Warning Level (警告レベル)を設定してください。警報が発動されます。

② ソフトストップを設定してください。そのレベルに達すると、シグナルプロバイダーのシグナルによって開かれる全ての取引が凍結され、取引されなくなります。

③ ハードストップを設定してください。そのレベルに達すると、全てのコピートレードを閉じます。つまり、自主的にロスカットをすることになります。

④ リセット(Reset)をすると、フォロワーは、自分の最大ドローダウンの設定に対する新しい資産レベルを設定することができます。

・入金をすることによって、自分の資金を増やしたときにリセットは役立ちます。

・最大ドローダウンレベルが発動された時にもリセットは役立ちます。

 

 

これでM4Marketsのコピートレードアプリの使い方の解説は終わりです。

こちらからコピートレードを始める

まとめ

M4Marketsは、2022年1月17日にコピートレードプラットフォームの提供を開始しました。

新しいソーシャルトレーディングプラットフォームは、初心者からベテラントレーダーまで、意欲的な投資家のグローバルネットワークを促進します。

M4Marketsのクライアントは、24時間年中無休のリアルタイムの市場更新、直感的なリスク管理ツール、およびMetaTrader4とMetaTrader5でコピートレードを利用することができます。

さらに、ボタンをクリックするだけで、取引のアイデアと市場の洞察をソーシャルメディアで共有できます。

この記事では、M4Marketsが提供するコピートレードアプリの使い方について解説しました。

とても簡単に利用できるので、ぜひM4Marketsでコピートレードしたい時、この記事を参考にしてください。

こちらからコピートレードを始める

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました