PuPrime(旧PacificUnion)がIOTAなど新しい仮想通貨商品の取り扱いを開始します。

この記事は約9分で読めます。

pacificunionpuprime

PuPrime(旧PacificUnion)は、2022年3月19日に新しい仮想通貨商品の取り扱いを開始し、より幅広い製品ポートフォリオをクライアントに提供することにしました。

追加される新しい仮想通貨とその概要、そしてそれらの仮想通貨の性質について簡単に解説します。

公式サイトはこちらから

Sponsor
Sponsor

追加された新しい仮想通貨とその概要

追加された

仮想通貨銘柄

詳細 契約サイズ 最大レバレッジ 最小取引量(Lots) 最大取引量 取引可能な時間

(GTM+3)

MKRUSD Maker 1 5倍 0.01 50 ・月曜日-金曜日

00:00-24:00

・土曜日

16:00-24:00

・日曜日

0:00-24:00

AVAUSD Avalanche 100
FILUSD FileCoin 100
NEOUSD Neo 100
TERUSD Terra 100
ZECUSD Zcash 100
ALGUSD Algorand 1000
BATUSD Basic Attention Token 10000
IOTUSD IOTA 10000
SHBUSD 10000SHIBA 10000
TRXUSD TRON 100000

上記のデータは変更される場合がありますのでご注意ください。

詳細はMT4・MT5プラットフォームから閲覧できます。

公式サイトはこちらから

新たに取り扱いを開始したそれぞれの仮想通貨の簡単な特徴

Makerとは?

Maker(MKR)は、Rune Christensenによって設立されたEthereumベースのDeFi貸付プラットフォームであり、ユーザーがETHをスマートコントラクトにロックしてMakerのDaiステーブルコインを作成できるようにします。

プロトコルのアップグレードなどの主要な決定は、MKRトークン所有者で構成される分散型自律組織(DAO)であるMakerDAOによって行われます。

Avalancheとは?

Avalancheは、相互運用可能で拡張性の高い1つのエコシステムで分散型アプリケーションとエンタープライズブロックチェーンの展開を開始するためのオープンソースプラットフォームです。

Avalancheは、グローバルファイナンスの規模に合わせて構築された最初の分散型スマートコントラクトプラットフォームであり、トランザクションのファイナリティはほぼ瞬時になります。

イーサリアムの開発者は、Solidityがすぐに機能するため、Avalancheをすばやく構築できます。

Avalancheと他の分散型ネットワークの主な違いは、コンセンサスプロトコルです。

時間の経過とともに、ブロックチェーンは低速でスケーラブルではない必要があるという誤った理解になりました。

Avalancheプロトコルは、コンセンサスへの新しいアプローチを採用して、分散化を損なうことなく、強力な安全性の保証、迅速なファイナリティ、および高スループットを実現します。

FileCoinとは?

Filecoinは分散型プロトコルであり、誰でも自分のコンピューターの予備のストレージスペースを借りることができます。

同様に、誰でもネットワーク上のストレージを購入できます。

世界中の誰もがネットワークに参加できるようにすることで、データストレージの巨大なソースを作成できます。

ますます多くのシステムがコンピュータ化されるにつれて、需要の増加に対応する必要があります。

Neoとは?

Neoは、誰もが分散型の製品やサービスを取引および作成できるプラットフォームとして機能することを目的としたソフトウェアネットワークです。

Neoは、分散型取引所、予測市場、ソーシャルネットワークなどの分散型アプリケーション(dapps)を作成する機能など、より人気のある機能と多くの類似した機能を共有しているため、「中国のイーサリアム」と呼ばれることもあります。

さらに、Neoネットワークは、分散型ファイルストレージシステム、IDシステム、外部情報(価格データなど)を提供するためのOracleシステムなど、他の多くの機能もユーザーに提供します。

Neoは、ソフトウェアを実行するコンピューターのコンセンサスメカニズムとして、Delegated Byzantine Fault Tolerant(dBFT)と呼ばれる独自のガバナンスシステムを使用しています。

そのブロックチェーンでの操作の実行の中心は、プロトコル変更に投票するためのNEOと、ネットワークでの計算の支払いに使用されるGASの2つのネイティブの仮想通貨です。

Terraとは?

Terraは、Terraform Labsによって開発されたブロックチェーンプロジェクトであり、スタートアップの暗号通貨と金融アプリを強化します。

これらの仮想通貨には、アルゴリズムによって米ドルに固定されているTerra U.S. Dollar(UST)が含まれます。

Terraは、ビットコインのような暗号通貨に固有のボラティリティを減らすことを目的としたステーブルコインです。

テザーのような一部のステーブルコインは、アルゴリズムや関連する予備トークンではなく、現金や現金同等物を通じて、米ドルなどのより一般的な通貨に固定されています。

新しいUSTトークンを作成するために、別のデジタルトークンと予備資産であるLunaの一部が「焼き付け」られます。 通貨を使用する人が増えるにつれてUSTの需要が高まると、より多くのLunaが自動的に燃やされ、コミュニティプールに転用されます。

そのバランスをとる行為は、ある程度、価格を安定させるのに役立つはずです。

Zcashとは?

Zcashは、暗号化を使用して、ビットコインなどの他の仮想通貨と比較してユーザーのプライバシーを強化することを目的とした仮想通貨です。

Zcashはビットコインのコードベースに基づいています。

それは、2100万ユニットの固定総供給など、多くの類似点を共有しています。

トランザクションは「透過的」でビットコイントランザクションに似ている場合があります。

Algorandとは?

Algorandは、コンセンサスメカニズムでブロックチェーンのトリレンマを解決することでスケーラブルなステークブロックチェーン仮想通貨プロトコルの純粋な証拠です。

Algorandプラットフォームはスマートコントラクトをサポートし、そのコンセンサスアルゴリズムは、プルーフオブステークとビザンチン合意プロトコルに基づいています。

Algorandの仮想通貨はALGOと呼ばれます。

Basic Attention Tokenとは?

Basic Attention Token(BAT)とは、 Brave というブラウザ経由で使えるユーティリティートークンです。

イーサリアムのブロックチェーン上のコントラクトで実現されたトークンで、不要な広告やトラッカーをブロックする Brave ブラウザと並行して開発されました。

普段インターネット上でウェブサイトを見る時は Google Chrome や Safari、Firefox などのブラウザを利用します。

BraveブラウザはGoogle Chrome や Safari、Firefoxに代わるプロダクトです。

インターネットでメディアなどを見ていると、様々な広告がウェブサイト上で表示されますが、モバイルデータの通信量やバッテリーを余分に使っていたり、トラッカーによってプライバシーが侵害されていたりする懸念があります。

そこで、Braveブラウザはデフォルトで広告をブロックします。

また Braveブラウザからの広告(Brave Ads)を見た場合には、閲覧の報酬としてBATを受けとることができ、利用者の広告の閲覧に対価を与えることが BAT と Brave ブラウザの基本コンセプトです。

IOTAとは?

IOTAは、シームレスな価値とデータ転送を保証するために作成された、オープンソースでスケーラブルな分散型台帳です。 これは、Internet of Thingsと呼ばれる次世代のデジタル革命のために特別に構築されました。

IOTAは、機械と人間の間で摩擦なしにデータと価値を交換するように設計されたネットワークです。 手数料のかからないトランザクション、改ざん防止データ、および低いリソース需要を特徴とするIOTAネットワークは、インフラストラクチャに多額の投資をすることなく、モノのインターネットに電力を供給することができます。

IOTAは、機械経済を創造し維持し、機械と人間の間の財政関係を処理することを私たちに要求する、来るべき産業革命において重要な役割を果たすことを目的としています。

ネットワークは、ネットワーク上で交換されるデータの有効性と信頼性を保証し、あらゆる種類の改ざんを防ぎます。 MIOTAはその仮想通貨トークンを示します。

SHIBAとは?

柴犬(SHIBUSD)は、イーサリアムベースのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、日本の狩猟犬である柴犬をマスコットにしています。 柴犬はドージコインの代替品と広く考えられています。

実際、柴犬の支持者はそれを「ドージコインキラー」と宣伝しています。

柴犬とドージコインはミームコインであり、柴犬とドージコインの場合の柴犬の犬のように、いくつかのテーマに関連付けられている仮想通貨ですが、実際にはデジタル製品としてではなく、パロディーまたはインサイドジョークとして発売されることがよくあります いくつかのユーティリティがあります。

ドージコインは2013年12月に発売されましたが、柴犬は2020年8月にRyoshiという匿名の個人またはグループによって作成されました。

TRONとは?

Tronは、TronixまたはTRXと呼ばれる独自の仮想通貨を備えたブロックチェーンベースの分散型デジタルプラットフォームです。 当初は主にアジアで販売されていましたが、今ではグローバルになりました。

Tronネットワーク構造はEthereumプラットフォームの構造と比較されており、分散型アプリケーション(dApps)、スマートコントラクト、トークンなど、同じ基本的な構成要素のいくつかを使用しています。

実際、プラットフォームの基本を構築するのではなく、借用することで「行き過ぎ」と批判されてきました。

シンガポールの非営利団体であるTron Foundationによって2017年に設立されたTronは、デジタルコンテンツを費用効果の高い方法で共有するためのグローバルエンターテインメントシステムをホストすることを目的としています。

公式サイトはこちらから

まとめ

PuPrime(旧PacificUnion)は、2022年3月19日に新しい仮想通貨商品の取り扱いを開始し、より幅広い製品ポートフォリオをクライアントに提供することにしました。

PuPrime(旧PacificUnion)では、クライアントは、仮想通貨を最大レバレッジ5倍、そして、一部の休憩時間を除いて、毎日取引することができます。

この記事では、新しく追加された仮想通貨とその概要、そしてそれらの仮想通貨の性質について簡単に解説しました。

公式サイトはこちらから

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました