PlusMarkets(プラスマーケッツ)が提供するプラットフォームにMT4プラグインをインストールする方法を詳しく解説!

この記事は約11分で読めます。

plusmarkets

 

Tradeoと姉妹サイトであるPlusMarkets(プラスマーケッツ)は、Trading Central(トレーディングセントラル)と提携しています。

トレーディングセントラルは、金融市場のプロに投資に関するテクニカル分析を提供する会社です。トレーディングセントラル社が提供するテクニカル分析やツールは、株式取引、株式指数、債券、外国為替、コモディティーなどの金融商品を全て取り扱っています。

トレーディングセントラル社は多くの銀行のトレーディングフロアーで培った経験に基づき、市場分析に集中しています。

テクニカル分析はトレーディングセントラルの中枢業務であり、表彰を受けた手法は多年の実績に支えられています。チャート及び数理的手法は、1にで取引を終了する日中取引、数日間で取引するスイング取引、そして長期投資を含め、多様な投資スタイルのニーズにお答えします。

Trading Centralは、テクニカル分析の専門サイトの代名詞として世界中で広く利用されています。

Trading Centralは、金融市場での長年の経験から得られた独自のプロセスを使用して、卓越性で高い評価を得ています。

Trading Centralのポータルは非常にユーザーフレンドリーであり、Trading Centralが提供するテクニカル分析はすべての主要な通貨ペアについて分析しています。

Trading Centralは、独自の分析ツールを利用して、ローソク足パターンと複雑な数学的モデルを組み合わせて分析を導き出します。 この分析ツールは絶えず改良されています。

PlusMarketsでは、取引プラットフォームであるMT4プラットフォーム(MetaTrader 4)も提供していて、OSに依存せずブラウザー上で利用できるWebプラットフォームと、Windows OS専用のデスクトップにダウンロードして利用するアプリの2種類を提供しています。

WebプラットフォームのMT4では、EAをプラグインとして挿入したり、Trading Centralをプラグインとして挿入することはできません。しかし、デスクトップにダウンロードして利用するアプリとしてのデスクトップ上で操作するMT4は、本来のMT4に内蔵されていない機能をプラグインで挿入して付け加えることができます。

MT4プラットフォームは、世界で最も人気のある取引プラットフォームの1つであり、正当な理由があります。 このプラットフォームは、使いやすさと高度な機能を組み合わせており、使用されるプログラミング言語MQL4により、サードパーティのツールをプラグインとして挿入することにより、簡単に付け加えることができます。

Trading CentralもプラグインとしてMT4に挿入することができます。

プラグインは既存のMT4プラットフォームに直接インストールされ、戦略、予測、指標、解説など、すべてのTrading Centralツールをサポートします。

Trading Centralは、MT4プラットフォームに直接インストールするように設計されたプラグインを無料で提供しています。

そのプラグインをインストールすると、テクニカル分析、近未来の価格の予測、指標、ストラテジー、そしてもちろん市場の解説を含むすべてのツールが利用できるようになります。

この記事では、Trading CentralをPlusMarketsが提供するMT4に挿入する方法を解説します。

口座開設はこちら

Sponsor

Trading CentralをPlusMarkets MT4にダウンロード&インストールする方法

plusmarkets

Trading CentralをPlusMarketsのMT4プラットフォームにインストールする方法を解説します。

1: こちらからMT4プラットフォームアプリをダウンロードしてください。

このアプリは拡張子が.exeで、Windows OSにのみ対応しています。MacOSには対応していません。

2:以下の画像のようなPop-Up Windowが現れるので、「次に(Next)」をクリックして、指示通りに進めていきます。

plusmarkets

3:最終的には以下の画像のようなWindowが現れます。

plusmarkets-15.png 2021年9月10日 181 KB 1468 x 946 ピクセル 画像を編集 完全に削除する 代替テキスト画像の意味を説明しましょう (新しいタブで開く)。画像が装飾目的のみであれば空欄にします。タイトルキャプション説明ファイルの URL:

ログインIDとパスワードが必要になります。ログインIDを入力するときは、口座番号を入力してください。パスワードは口座開設するときに、自分で設定したパスワードになります。口座開設が完了するとメールが自動で返信されるので、パスワードを忘れた場合は、そのときに配布される取引口座(口座番号)とパスワードを見てください。

plusmarkets

ログインIDとパスワードを入力しなければ、サーバーに繋がらないので、MT4プラットフォームの気配値表示やチャートが動きませんし、Trading Centralをインストールすることもできません。

当サイト経由で口座開設すると、口座開設するだけで3000円ボーナスがもらえるので、以下のボタンから口座開設してください。

口座開設はこちら

4:Trading Centralのプラグインをこちらからダウンロードし、簡単なインストールプロセスを実行して、すぐに起動して実行します。 このプラグインは、PlusMarketsで利用することができます。 サポートが必要な場合は、こちらへ、お問い合わせください。

5:初めてTrading Centralのプラグインをインストールする人は、こちらからプラグインファイルをダウンロードし、ファイルをダブルクリックしてください。シンプルなウィザード(=お助け機能)が、選択した言語でインストールするプロセスを導いてくれます。インストールする時のみ日本語の設定はありません。ダウンロード画面で「English, Deutsch, Français, italiano, русский, 中文」など日本語以外の言語で利用者が理解できる言語を選択し、「OK」をクリックしてください。

tradingcentral

「OK」をクリックしてください。すると以下の画像のようなPopup Windowが現れるので「Next」をクリックしてください。

初めてTrading Centralのプラグインをインストールしない方は、ステップ5とステップ6を飛ばして、ステップ7へ進んでください。tradingcentral

tradingcentral

6: License Agreementが現れるので、「I accept the agreement」を選択し、「Next」をクリックしてください。

tradingcentral

 

7:すると、以下の画像が現れるので、「Browse」をクリックして、しばらくしてから「Install」をクリックしてください。

tradingcentral-plusmarkets

8:以下の画像が現れるので、「Open user guide page」チェックを外し、「Finish」をクリックしてください。

tradingcentral

 

9:その後、MT4にログインすると、カスタムインディケーターの中に「Trading Central」が現れます。

tradingcentral

 

10:日本語で表示されない場合は、上記の枠で囲んだTrading Centralに入った.Analyst Viewなどのファイルをクリックすると、以下のウィンドウが現れるので「パラメーターの入力」を選択して、「CustomLanguage」にJAと入力

tradingcentral

11:全般タブで「DLLの使用を許可する」にチェックしてください。

tradingcentral

12:OKをクリックすると、チャートにサブウィンドウが開きます。この時には、インディケーターの詳細事項の表示はされません。次にオプションを選択し、「エキスパートアドバイザー(EA)」で以下のように設定します。

tradingcentral

13:すると、プログラムファイル「Trading Central」はMetaTrader4内のMQL4フォルダの「Indicators」の中に格納されます。

tradingcentral

14:MT4画面を見ると、「インディケータ」内にあります。MetaTrader のIndicatorで、他のインジケーターと一緒に TradingCentral インジケーターを見つけることができます。

15:インジケーターをチャートにドラッグするだけで、すぐに実用的な洞察を得ることができます。 オリジナルのアナリストビューインジケーターを使い始めましょう。

plusmarkets

これで、Trading CentralというプラグインをMetaTraderにインストールすることができました。

Trading Centralは世界で最も利用されている有名で有用なテクニカル分析ツールです。

ぜひ、Trading Centralのプラグインをインストールして、取引する時に盛大に利用してください。

 

口座開設はこちら

エキスパートアドバイザー(EA)のパネルへのアクセス可能

MetaTraderのプラットフォーム上で「TradingCentral」ツールをドラッグ&ドロップをするだけで、エキスパートアドバイザー(EA)のパネルにWindows OSにあらかじめ掲載されているコマンドプロンプトと同様の画面が表示されるので、上部のタブから利用可能なリサーチツールにアクセスできます。

Trading Centralに内蔵されたインジケーターについて説明

Trading Centralに内蔵されたインジケーターは、.Analyst Views, Adaptive Candlesticks, Adaptive Divergence Convergence (ADC)の3つです。その3つについて解説します。

.Analyst Viewsとは

アナリストビューインジケーターは、方向性と主要レベルの頼れる情報源で、トレードを作成するための重要なレベルです。

テクニカル分析は専門家に任せて、その分析結果を利用して取引をしましょう。

ターゲットレベルや可能性の高い方向を即座に見つけることができます。

ピボットレベルに基づき、視点を変更し、反対方向にターゲットレベルを提供する代替のシナリオを見つけることもできます。

plusmarkets

Adaptive Candlesticks

Adaptive Candlesticksは、は、16 のお気に入りの信頼できるローソク足パターンを、あらゆるチャートで即座に表示できるインジケーターです。

要点のエキスパートフィルタリングによって、ローソク足と独自の定量的分析およびテクニカル分析の専門知識を組み合わせて、意思決定に関連するパターンのみに焦点を当てます。

tradingcentral

Adaptive Divergence Convergence (ADC)

MACD(Moving Average Convergence Divergence)を頻繁に利用して取引するトレーダーであれば、短期間の取引をする場合、ADCとかなり相性がいいので、そのトレーダーはADCの利用を好む傾向があります。

MACD(マックディー)は、移動平均の発展版で、更に売買シグナルにおいて精度を高くした、トレンド分析の中でも人気のある指標の一つです。「移動平均収束拡散」又は「移動平均収束乖離」などとも呼ばれています。

MACDチャートは、2本の線のみで表されるため、売買のサインが見やすく、使いやすいチャートのひとつです。

トレンド形成時に威力を発揮するため、逆にボックス相場に弱いのが特徴です。主にMACDとMACDシグナルという2本のラインの交差を売買のタイミングとして用いられることが多く、初心者の方でもシグナルの発見が容易です。

MACDを頻繁に利用するトレーダーは、短期取引に役立つADC(Adaptive Divergence Convergence)を利用する傾向にあります!

こちらはより短い長さで有用 であり、よりタイムリーな信号を提供すると同時に、そのような期間に適応して長さを調整することによって横方向の動きを防ぎます。

ロング(買い)&ショート(売り)に関する市場参入・退場シグナル

このシグナルは、取引の機会を見つけて、市場に参入したり、保有しているポジションを決済するのに役立つように設計されています。

このシグナルは、価格ライン、インジケーター、オシレーターを含むすべてのADCを構成している指標の数学的根拠に基づいています。

これらの指標はすべて、市場データの同じ適応「ウィンドウ」から派生しますが、証拠の重みに基づいて決定を下すことができるように、相関関係はありますが、互いにある程度の独立性があります。

遅い&速い価格指標

スローインジケーター(Slow Indicator)には、フロントウェイト移動平均を使用します。

フロントウェイトとは、指数平均のようなフロント加重平均により、平均化される最新のデータが古いデータよりも平均値に影響を与えることができます。 指数平均とは異なる方法で計算されますが、最近のデータにより大きな重みを与えます。

高速インジケーター(Fast Indicator)は、可変長の加重移動平均を見習って作られています。トレンドが短く、横向きの市場が長くなります。 これらを他の移動平均として使用して、傾向を確認することで遅いシグナルを提供できます。

傾斜している線と遅い線より上の速い線を探したり、またはこれらの線を超える価格交差を提供します。

これらのインジケータは、他のADCコンポーネントの基礎です。

tradingcentral

 

Raw と Smooth のシグナル線

ファーストシグナルの場合は、両方の線が上向きで ADC raw が ADC smooth の上にある時が買いシグナルです。

スローシグナルの場合は、 ADC raw と smooth の両方の線が 0 より上にある時となります。

MACD 同様に、raw シグナル線はスローインジケーターとファーストインジケーターの差を表示し(スローで除算)、これは指数 平均で平滑化されますが、この場合は平滑化の長さを自動的に見つけ、MACDの9とは異なり、通常は約4です。

tradingcentral

遅い&高速オシレーター

ADC には 2つの互換性のあるオシレーターがあります。高速シグナルの場合は、高速オシレーターがゼロより上で上方向に傾斜していることを確認します。

遅いシグナルの場合は、遅いオシレーターが上向きで、高速オシレーターよりも下にあり、アダプティブフィルターよりも上にあることを確認します。

口座開設はこちら

PlusMarketsは口座開設するだけのボーナスを提供

PlusMarketsは、口座開設するだけで3000円のボーナスを提供しています。

自動で、クライアントの取引口座の中のクレジット口座に3000円が入金されていることがわかります。

入金せずに、ノーリスクで取引が始められますので、ぜひ、積極的にボーナスを利用して取引してください。

口座開設はこちら

まとめ

このページでは、Trading CentralをPlusMarketsのMT4プラットフォームにインストールする方法を解説しました。

さらに、Trading Centralのインジケーターの意味も解説しました。

ぜひ、当サイト経由でPlusMarketsの口座を開設すると、無料で3000円がもらえるので、その3000円で取引して、Trading Centralを利用して稼いでください。

口座開設はこちら

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
Average rating:  
 0 reviews
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました