PU Prime(旧Pacific Union)が、2022年9月から株式と仮想通貨の取引コストを下げました!

この記事は約2分で読めます。

pacificunionpuprime

2022年9月から、競争力をさらに強化し、取引環境を改善するために、PU Prime(旧Pacific Union)で株式と仮想通貨の取引コストを下げました。

株式は、EUと英国に関するヨーロッパの全ての株式に適用され、仮想通貨は全ての仮想通貨に対して、取引コストが大幅に下がります。

この記事では、株式と仮想通貨に関する改定前の取引コストと改定後の取引コストを比較します。

こちらから取引を始める

Sponsor
ivmarkets

EU/UK株式CFD商品の取引コストの削減

pacificunionpuprime
競争力をさらに最適化し、取引環境を改善するために、2022年9月5日以降、すべてのEUと英国に関するヨーロッパの全ての株式CFD商品の取引あたり13USDの最低手数料が削除されます。

どのように変更されたのかを、以下の表でまとめています。

取引商品 改訂前の手数料 改定後の手数料
EU・英国の株式CFD ・1トレードにつき取引した米ドル価格の0.1%
・1トレードにつき最小取引手数料13USD
1トレードにつき取引した米ドル価格の0.1%

「1トレードにつき最小取引手数料13USD」という手数料を撤廃しました。

ただし、取引の開始と終了は2トレードとしてカウントされます。

こちらから取引を始める

仮想通貨の取引コストの削減

pacificunionpuprime

2022年9月5日以降、すべての仮想通貨商品のスワップ手数料が0になりました。

どのように変更されたのかを、以下の表でまとめています。

取引商品 改訂前の手数料 改定後の手数料
全ての仮想通貨CFD スワップ料金が25% スワップ料金が0

PU Primeが提供する仮想通貨のスワップは、買いポジション、売りポジション両方において全てマイナスでしたが、今回の改訂により、仮想通貨のポジションをずっと保有していてもスワップ料金が発生しなくなりました。

こちらから取引を始める

まとめ

EUと英国の株式CFDに関しては、「1トレードにつき最小取引手数料13USD」という手数料を撤廃しました。

そして、すべての仮想通貨商品のスワップ手数料が0になりました。

この改訂により、取引コストが大幅にダウンしました。

ぜひ、この機会にPU Primeの取引環境とPU Primeが提供するボーナスや取引ツールを利用して、お得に取引をお楽しみください。

こちらから取引を始める

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました