プリペイドカードを使って、ATMでそのまま現金を出金できるSticPay(スティックペイ)について徹底解説!

この記事は約9分で読めます。

sticpaylanding

スティックペイ(Sticpay)とは、世界で数百万人に利用されているオンライン送金サービスです。
STICPAYを通して相手が全世界どこにいても1分以内に 全ての送金処理が可能なシステムです。

海外などで送金や出金が必要な時、とても安くかつ便利に利用できるのがこのスティックペイ(Sticpay)です。

電子マネーにチャージするようにSTICPAYに入金することで、現金と同様に株式・FX・仮想通貨取引したり、オンラインショッピングをしたり、現地にあるATMで現地の通貨で出金できたりします。

スティックペイ(Sticpay)は、2017年に開設され、 ヨーロッパとアジアに拠点を持ち、オンラインで資金を送受金する最も安全かつ迅速なサービスを提供し続けています。

ヨーロッパの全地域でSticPayが利用可能であり、さらに、香港、インド、インドネシア、韓国、日本、ネパール 、ナイジェリア、 フィリピン、シンガポール、 ベトナムなどの各種地域でもかなり広く利用されている金融サービスSticPayは、たくさんにアジアやヨーロッパの人から信頼を得て、利用されています。

また、SticPay(スティックペイ)が発行するプリペイドカード(STICカード)は、全世界200カ国以上からオンラインショッピングを利用したり、現地のATMから現地の通貨での出金をすることも可能です。

証券会社に関しては、XM (エックスエム)、TitanFX(タイタンエフエックス)、Land-FX (ランドFX)、MyFXMarkets (マイFXマーケット)、FBS、GemForex(ゲムフォレックス)、Tradeview (トレードビュー)、Axiory (アキシオリー)、JustForex(ジャストフォレックス)、AnzoCapital(アンゾーキャピタル)、IronFX(アイアンエフエックス)などで、SticPayを導入しています。仮想通貨取引所では、Wisebitcoin(ワイズビットコイン)などが導入をしています。

SticPayの公式ページはこちら

 

Sponsor
Sponsor

SticPay(スティックペイ)の概要

 

 

法人名
(運営会社)
STIC FINANCIAL LTD
営業拠点 ・Inomenon Ethnon 44, 6042, Larnaca, Cyprus

・Kemp House 152-160 City Road, London, EC1V 2 NX, United Kingdom

設立年 2017年
ライセンス Financial Conduct Authority (登録番号: 902112)
入金方法 国内銀行送金, 海外銀行送金, クレジットカード, UnionPay, 仮想通貨(ビットコイン, イーサリアム, リップル)
出金方法 国内銀行送金, 海外銀行送金, 仮想通貨(ビットコイン, イーサリアム, リップル)

 

SticPay(スティックペイ)を利用するメリット

 

完全日本語対応で、23カ国以上の法定通貨に対応

STICPAY(スティックペイ)は、日本語を含め英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語、東南アジアの諸言語といった多言語に対応しているグローバルなオンラインウォレットです。

ここで、オンラインウォレットとは、電子決済サービスや電子マネー、Eウォレット、ネットバンキング、FinTech(フィンテック)と呼ばれる電子サービスです。STICPAYの口座へ入金(チャージ)して、STICPAY対応の証券会社の取引口座への入金及び取引口座からの出金、また、SticPayと提携しているUnionPayに対応したオンラインショッピングでの買い物などの決済で、SticPayの取引口座からそのまま支払いができます。

対応している法定通貨
    • 日本円(JPY)
    • 米ドル(USD)
    • ユーロ(EUR)
    • オーストラリアドル(AUD)
    • スイスフラン(CHF)
    • 人民元(CNY)
    • イギリスポンド(GBP)
    • 韓国ウォン(KRW)
    • ロシアルーブル(RUB)
    • タイバーツ(THB)

など

仮想通貨
  • ビットコイン(Bitcoin:BTC)
  • イーサリアム(Ethereum:ETH)
  • ライトコイン(Litecoin:LTC)

STICPAY(スティックペイ)の口座内では、法定通貨も仮想通貨も同時に保有することができます。STICPAY(スティックペイ)の口座には、法定通貨専用の「Eウォーレット」と仮想通貨専用の「仮想通貨ウォーレット」という2種類のウォーレット口座が用意されており、そこで、法定通貨も仮想通貨の両方を保有する事ができるのです。

また、その2種類のウォーレット口座では、以下の両替もできます。

 

    • 法定通貨→法定通貨:できる

 

    • 仮想通貨→法定通貨:できる

 

ただし、仮想通貨への両替はできません。

 

    • 法定通貨→仮想通貨:できない

 

    • 仮想通貨→別の仮想通貨:できない

 

 

全世界どこにいても1分以内に全ての送金処理が可能なシステム

sticpaytransfertime

素早い送金時間と安い手数料で海外にいる家族、友達、知り合いに送金出来ます。

海外送金の出金手数料と中継銀行の設定や手続きにかかる時間などの不便さを解決し、より便利にご利用いただけます。STICPAYの現地銀行送金は、ブロックチェーン技術を利用したフィンテック技術です。 伝統的なswiftcodeで行われた銀行間ネットワークで行われる送金と異なり、仮想通貨の送金にも利用されている「ブロックチェーン技術」を利用したフィンテック送金なので、送金手数料が安く着金時間も早いのが特徴です。 また、各国家で許可を受けたパートナー会社との協業をしているので検証されたフィンテック技術とお考えください。

例えば、イギリスに住んでいるスティーヴさんが日本に住んでいる広重さんに送金をしようとしています。

もし、スティーヴさんが広重さんに送金するとき、海外銀行送金を利用すると、送金手数料が高く、送金時間も早くて2~3日掛かります。

しかし, STICPAY口座をスティーヴさんと広重さんが持っていれば、たった1分でティーブさんは広重さんが望む通貨で送金が可能です。

さらに、STICPAYと提携を結んでいるマーチャントは、オンラインショッピングモールだけでなく、証券会社など様々な業種に分布しています。

ユーザーは、STICPAYの金額を提携ショップでリアルタイムで即座に使用することができ、便利な使用性に満足いただいております。

ATMで利用できるSTICPAYカード

sticpaycard

SticPay(スティックペイ)が、どんどんと人気が上昇している一番の理由は、専用の「SticPayプリペイドカード」で、全世界のUnionpay(ユニオンペイ)と提携しているATMやUnionpay(ユニオンペイ)とオフライン加盟店ならどこでも好きな時に、出金ができるからです。それができる理由は、STICPAYカードが、世界規模のカード会社Unionpayと提携しているからです。

STICPAYカードは、クレジットカードではなく、プリペイドカードです。関連書類と口座の残高が110 USD 以上であれば簡単にカード申請できます。 STICPAYカードは、申請するときに、発送費が40USD及び最初のチャージ金額500 HKDが引かれるため、口座残高が110 USD以下の場合は申請不可となっております。

証券会社から出金した資金をすぐに現金として出金したい場合、STICPAYカードでUnionpay提携したATMを利用すると、どんなATMからでも現金を出金できるので非常に便利です。

出金、送金、着金という長い時間と多額の手数料をかけずに、スピーディーに現金を出金できるのがSticPayカードの大きな魅力なのです。

また一ヶ月に利用できる限度額が75,000香港ドル(9,500USD)と非常に大きく、買い物から海外FX口座への出金等使い勝手の良さも評判の理由です。オン/オフライン決済は1日最大15,000香港ドル(2,000USD) ATM 現金引き出しは1日最大40,000香港ドル(5,000USD)まで可能です。

年会費は、カード発行後13ヶ月以降は、毎月1ドルかかります。残高確認は、ATMで行うと3ドルかかってしまうので、インターネットから閲覧することをお勧めします。SticPayカードのATMでの利用限度額や出金限度額は、以下の表を御覧ください。

STICPAYカード使用限度額及び手数料

 

限度額の内容 限度額
一日の利用限度額 HKD 15,000 (US $ 2,000)
一ヶ月の決済可能金額 HKD 75,000 (US $ 9,500)
一日のATM引出限度額 HKD 40,000 (US $ 5,000)
(ATM出金可能金額はATM別に異なります。)
一ヶ月のATM引出限度額 HKD 75,000 (US $ 9,500)

 

資金移動の種類 取引手数料
入金手数料 1.3%
カード再発行手数料
(有効期間満了後、再発給手数料)
HKD 130
最小振替金額 HKD 500
海外の購入取扱手数料 *無料
ATM引出手数料 最小20 HKD又は出金金額の1%
年会費 STICPAYカード発給後13ヶ月から毎月10HKD
残高確認 インターネット:無料 | VRS :無料 | ATM : HKD 5
カード発給手数料 無料(ただし、配送料は別途)

香港ドル(HKD), 米ドル(USD)と日本円(JPY)との関係一覧

注意

・カードのレートはカード会社によって決定されます。
・STICカードは最初の有効化から2年間利用できます。有効期間満了前にカード再発行をご申請ください。
・カード再発行に関しては、japan@sticpay.comにお問い合わせください。
・関税などSTICカード発送後に発生する費用は利用者の負担になります。

SticPayを利用した入出金方法と、その時にかかる入金手数料

 

 

入出金方法 サービス名 入金手数料 出金手数料
クレジットカード
  • Visaカード
  • マスターカード
    (MasterCard)
入金額 × 3.85% 出金できない
  • ユニオンペイ(UnionPay)
入金額 × 1.5% 出金額 × 2%
デビットカード
  • Visaカード
  • マスターカード
    (MasterCard)
入金額 × 3.85% 出金できない
  • ユニオンペイ(UnionPay)
入金額 × 1.5% 出金額 × 2%
仮想通貨
  • ビットコイン
    (Bitcoin)
  • イーサリアム
    (Ethereum)
  • ライトコイン
    (Litecoin)
入金額 × 1% 出金額 × 1%
銀行送金
  • 国際送金
入金額 × 1% 出金額 × 5%
  • 現地(国内)銀行送金
    (国内送金)
出金専用のため、入金不可 800円 + 出金額 × 1.5%

 

新規登録受付中!!日本語完全対応!!口座開設&維持費全て無料!!

stickpay-header

>>スティックペイ(Sticpay)にこちらから登録する<<

 

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました