STICPAY(スティックペイ)が、入出金方法に仮想通貨「USDT(テザー)」を追加!

この記事は約4分で読めます。

sticpayusdtadd

STICPAYは、より便利なサービスを提供するために、いつもSTICPAYのユーザー達の要望に耳を傾けております。

この度、新たに仮想通貨USDT(テザー)ウォレット及び入出金機能が追加されたことをお知らせいたします。

仮想通貨USDT(テザー)とは価値が固定されている仮想通貨としてUSドルと1:1の比率に設定され、幅広く使用されている安定した仮想通貨です。

STICPAYでは現在USDTを含む計4つの仮想通貨(BTC, ETH, LTC)入出金サービスを提供していて、今後も更に多くの仮想通貨入出金サービスを追加していく予定です。

今後もSTICPAYは、ユーザー達にとって便利で利便性の高いサービスを提供していきますので、ご期待ください。

Sponsor
Sponsor

USDT(テザー)とは? USDT(Tether: テザー)の主な特徴とは?

他の法定通貨の価値と連動させている仮想通貨 「ペッグ通貨」 の1つであり、値動きの激しい仮想通貨の中でも、安定した価格を目的に作られたステーブルコインです。管理・運営はTether Limited社です。

USドルに連動する




テザーは、上記のチャートをみてもわかるように、米ドルの価格と合わせた「ペッグ通貨」です。

USドルと連携しているので、1USDT=1USD(米ドル)となり、取引も基本的にその値で行われます。多くの仮想通貨が値動きが激しいので、リスクが高いの特徴となっている一方で、USDT(テザー)は、固定されているので、仮想通貨の入出金方法で、最近使用されることが増えています。そして、固定された価格が、仮想通貨の価格の安定性を求める利用者の間で注目されています。

テザーは仮想通貨の 「サードパーティー(第三者)を経由しない個人間同士の送金」や「送金手数料の低さ」というメリットを持ちながら、同時にペッグ通貨としての役割を果たす入出金方法でよく利用されつつある仮想通貨です。

法定通貨に、USDT(テザー)の価格を連動させているので、暴落の危険はないとされてきました。しかし、後述する報道によりテザーへの不信感が一気に広がりました。

中央集権的

ビットコインなどの仮想通貨は、法定通貨のように基本的に通貨の発行や流通を管理する中央銀行のような「中央管理者」が存在しないので、ユーザーによる監視や取引の承認といった作業が必要となります。

しかし、テザーの場合、運営団体Tether Limitedが法定通貨を発行する中央銀行と同じ役割である「中央管理者」として新規発行や通貨の管理を行っているので、ユーザーによる監視や取引の承認といった作業が大幅に簡略化されるので、スムーズな運用に期待できます。

Proof of Reserves (プルーフ・オブ・リザーブ)を採用

Proof of Reserves (POR) とは、決められた口座に通貨を入金し、それが承認されると、通貨が受け取れる方式のことです。

テザーはProof of Reserves (POR) を採用しています。

テザーの場合は、中央管理者であるTether Limitedに米ドルを入金することで、その入金額と同等のUSDTを発行するので、テザーは、入金に使われた米ドルの総額と同等金額となるように調整されています。したがって、テザーの価格は安定されているのです。

Tether Limitedは、毎日保有しているテザーを公表することによって、米ドルの入金額と同等のテザーの発行をしています。この公開している透明性のあるシステムを採用しているのは、中央集権を採用しているからです。

発行上限枚数が無制限




テザーは、Tether Limitedという会社が発行しており、その会社が国の中央銀行と同様にテザーを発行しています。

法定通貨を既存のネットワーク上で入出金したり送金したりする時、金融機関のシステムを経由する必要があり、利用者側からみても、ATMの利用時間や事務手数料、送金時間がかかってしまうなどの不利な側面がありました。

一方ビットコインなどの仮想通貨はいつでも少額の手数料で取引ができたり、入出金や送金がアドレスによって簡単に行えたり、送金時間を早くしたりするなど利便性がありますが、しかし、実物資産による裏付けを持た無かったり、通信量(送金額)が大きくなるにつれて送金時間が長くなるなど、価値が不安定な状態です。

しかし、テザーには、発行できる枚数に上限がなく、無制限に新規発行できるので、Proof of Reservesのシステムを採用し続ける限り、新しいテザーが仮想通貨市場にエントリーされてきます。価格の安定性と無制限の発行上限は、中央銀行で刷られる札束と同様に、テザーの大きな特徴となっています。

発行上限が少ないと供給量が少なくなるので、価格が高騰しやすく、一般人では購入できなくなりますが、テザーは価格が安定しているので、入出金手段や送金手段として世界中で利用されつつあります。

>>スティックペイ(Sticpay)にこちらから登録する<<

メールで最新情報を受け取ろう
SticPay
トレーダー兼アナリストをフォローする
証券取引所まるわかり大辞典(FX・CFD Laboratory)
0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました