ThreeTrader(スリートレーダー)の取引環境が大幅アップ!サーバー機能とライブ口座の追加開設機能のアップグレードのお知らせ!

この記事は約4分で読めます。

threetrader

2023年11月にThreeTrader(スリートレーダー)が、取引環境を大幅に向上させるために、サーバー機能とライブ口座の追加開設機能のアップグレードをしました!

まず、サーバー機能について、MT4トレーディングサーバー「Live 2」がついに導入されました。

また、取引環境を向上させるために一番重要なサーバーシステムの負担軽減のために、6つ目の口座を追加開設するときのアップデートを行いました。

この記事では、ThreeTraderのサーバー機能とライブ口座の追加開設機能のアップグレードをしたことについてお知らせします!

こちらから口座開設をする

Sponsor
728_90_Crypto_EN

MT4トレーディングサーバーを追加

threetrader

ThreeTraderが2023年11月に新しいMT4トレーディングサーバー「Live 2」を導入しました。

この新しいMT4サーバー「Live 2」は、現行の製品と同等のスペックですが、容量が増えたので「Live 1」サーバーにかかる負荷を軽減し、新たな空間を提供することができるようになります

MT4サーバー「Live 2」の導入により、MT4の容量が倍増し、より多くのトレーダーを受け入れ、より安定した取引環境を提供することが可能となりました。

「Live 1」と「Live 2」詳細(MT4ターミナル内) 

  LIVE 1 LIVE 2
会社名 ThreeTrader Global Limited ThreeTrader Global Limited
サーバー名 ThreeTrader-Live ThreeTraderLimited-Live02
MT4番号範囲 500001-599999 600001-699999

 

クライアントがすべきこととは?

「Live 1」サーバーの既存のクライアントは、特別な手続きも操作も要りません。

ThreeTraderに新規で登録するクライアントには、クライアントが登録したメールで「Live 1」サーバーまたは「Live 2」サーバーを示すログイン詳細を登録したメールアドレスに送っています。

ログイン手順については、メール内で確認してください。

ThreeTraderで取引を始めたい方は、以下の口座開設をする方法を説明していますので、併せてご覧ください。

こちらから口座開設をする

ライブ口座追加方法に関するアップデート

threetrader

システムの負担軽減を目的として、6口座目以降のライブ口座を追加するとき、アップデートをしました。

変更事項を説明します。

3つの変更事項

1) 追加で口座を開設する場合、追加申請した後、自動で承認される口座が最大5口座までとなりました。 ただし、EN、RO、DISのステータスを持つアカウントのみが対象となり、ACアカウントは制限の対象外となります。

2) 6口座目以降に新たな口座を追加申請をする場合、審査が必要となります。通常、1営業日以内に完了します。

3) 6口座目以降の口座を申請するとき、既存の5つの口座のうち1つ以上の口座において、口座開設後1度も取引が行われていない口座がある場合、自動的に申請はキャンセルとなります。

つまり、5つまでは自動で口座を追加開設できますが、6つ目以降の口座を開設するときは、自動で開設できないということです。

6つ以上の複数の口座を開設するときは、5つ目までの開設したすべての口座で取引を行う必要があります。

大量に口座を保有すると、口座ごとにサーバーへ口座情報を記録する必要があります。

使わない口座がたくさん存在すると、それらの口座情報を記録しているサーバーの容量が原因で、取引履歴をサーバーに記録するための容量がなくなってしまいます。

したがって、サーバーの容量を確保するために、クライアントがたくさんの口座を保有するときは、それらの口座を利用する必要があることを意味します。

上記変更にあたり、6口座目以降の追加口座の申請を希望する場合は、一度申請前にお持ちの口座の中で一度も取引が行われていない口座がないか、確認してください。

保有している口座によっては、口座タイプ変更や通貨変更が可能な場合があります。

また、利用していない、もしくは、今後も利用する予定がない口座に関しては、休眠口座へと変更します。

 

こちらから口座開設をする

コメント(Comment)

タイトルとURLをコピーしました