WeTradeFXが、2022年4月4日から取引商品に香港株を追加しました!

この記事は約7分で読めます。

wetradefx

WeTradeFXが、2022年4月4日から取引商品に香港株を追加します!

WeTradeFXでは、米国株式に加えて、最大レバレッジ10倍で、香港株も取引できるようになりました。

また、日本では、ご承知の通り、2022年4月1日以降から日本の成年年齢が改正されました。

それに伴い、WeTradeFXの口座開設年齢が、20歳以上から18歳以上へと変更されました。

つまり、 18歳以上の日本居住者は全員、WeTradeFXで口座開設することができるようになったことを意味します。

この記事では、WeTradeFXで追加された香港株の銘柄とその仕様について紹介します。

この機会に、18歳以上の日本居住者はWeTradeFXで取引を始めて稼ぎましょう!

こちらから取引を始める

Sponsor
Sponsor
banner

WeTradeFXで追加された香港株について

香港株(香港H株)とは、香港証券取引所に上場されている中国企業のうち、中国本土に登記がされているとともに資本の出所も本土となっている企業の株式の総称のことです。

香港株は、中国本土に居住する投資家以外の者であっても取引することができて、香港ドルによって売買取引が行われています。

香港株の値動きを表す指標として香港H株指数があるほか、香港市場全体の市況を表すハンセン指数を構成する銘柄の中にもいくつかの香港株銘柄があります。

以下が、WeTradeFXで追加された香港株の一覧となります。

コード 銘柄名 シンボル 取引可能な最小単位 最大レバレッジ 取引可能時間(GMT+3) 休憩時間
#9988 Alibaba Groups Holding Ltd. ALIBABA.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#9888 Baidu BAIDU.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#9626 Bilibili Inc. BILIBILI.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#1211 BYD Co. Ltd BYD.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#6862 HaiDiLao International Holding Ltd. HAIDILAO.HK 1000 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#9618 JD.com Inc. JD.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#1024 Kuaishou Technology KUAISHOU.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#2202 China Vanke Co. Ltd. VANKE.HK 1000 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#1810 Xiaomi Corp. XIAOMI.HK 1000 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00
#388 Hong Kong Exchange and Clearing Ltd. HKEX.HK 100 10倍 4:35-10:55 7:00-8:00

こちらから取引を始める

香港株を取引するメリットとリスク

香港は確かに表面上は魅力的な投資先ですが、1997年にアジアが経験したような金融危機の際には、特定の要因によって香港がよりリスクの高い投資になる可能性があります。

香港への投資のメリット

世界をリードする経済:香港は最も自由な国であり、おそらく世界で最も重要な金融センターです。

アジアの成長への近さ:前進する世界最大の経済の多くはアジアに拠点を置くため、香港は地理的に強力な位置にあります。

香港株への投資のリスク

地政学的問題:香港は中国に近接しているため、特に多くのビジネスリーダーが中国出身であるため、ビジネスの規制方法に影響を与える可能性のある地政学的問題のリスクにさらされています。

金融への集中:香港の経済は金融セクターに大きく依存しているため、景気後退時にはリスクが高まります。

こちらから取引を始める

香港株式市場の4つの特徴

香港証券取引所の上場企業の大部分を第三次産業が独占

上場企業の業界構造は依然として比較的単一であり、市場価値は非常に集中しています。

SEHKは1993年に国内の国有企業を上場に導入しましたが、香港証券取引所の上場企業の大部分を第三次産業が占める市場構造を大幅に改善しました。

全体として、香港の上場企業の産業構造は不均衡であり、市場価値は少数の株式会社に過度に集中しています。

香港上場企業の業界分布、特に33の構成銘柄は、基本的に中国電信に代表される不動産、銀行、情報産業に集中しており、市場価値はハンセン指数の33の構成銘柄、特に上位7銘柄に非常に集中しています。

市場価値のある株式が多いです。

たとえば、2001年には、HSBCホールディングス、チャイナモバイル、ハチソンワンポア、恒生銀行、長江産業、スンフンカイ不動産、チャイナユニコムを含む7つの上場企業の時価総額が、上場企業の時価総額の59.06%を占めました。

歴史的に、チャイナモバイル、HSBC、ヘワン、チャンシの4株の市場価値は、香港の総市場価値の約60%を占めていました。

香港の株式市場の構造は、強力なサポートが不足しており、外界の影響を受けて株式災害が発生しやすい傾向にあります。

これは、不動産業界が香港のバブル経済の中で最も深刻な業界であるためです。不動産業界は調整中の業界です。銀行業界は着実に発展していますが、経済環境全体の影響を大きく受けています。

投資価値があり、価格変動が激しい

香港市場に上場している株式の株価は頻繁に変動します。

市場全体の質に関する限り、香港の株式市場は間違いなく高い投資価値であり、平均株価収益率は約10倍です。しかし、香港の株式市場の投機的な性質は、他の国際的な株式市場にも匹敵しません。

日本の経済学者やジャーナリスト、投資家たちはかつて香港証券取引所を「アジア最大の金融カジノ」と呼んでいました。香港の株式市場が大きく変動するのは、まさにこの高度な憶測のせいです。

1年の最高点と最低点の間のギャップは、多くの場合、数倍以上になります。

たとえば、1973年のハンセン指数の最高値は1774.9ポイント、最低値は400.01ポイントで、4倍以上の差がありました。

近年、香港の株式市場は頻繁に変動し、徐々に激化しています。過去4年間の香港株式市場の動向を見ると、最も明らかな特徴は異常な変動と大きな浮き沈みです。

さらに、多くの場合、香港の株式市場はそれ自体の傾向に敏感すぎます。

米国の株式市場は、世界で最大かつ最も強力な市場であり、米国の株式のトレンドは確かに世界中の株式市場のトレンドにおいて重要で主導的な力です。

香港ドルは米ドルにリンクされているので、香港株は基本的にドル資産領域と見なされてきました。

したがって、香港株が影響を受け、影響を受けるのは正常なことです。

しかし、問題は、香港の株式市場がウォール街の「衛星」になりつつあることであり、これは明らかに異常です。

アメリカ株の変動による最近の株式市場のショックによると、ダウジョーンズ指数は2000年1月4日に下落し、それが世界の株式市場の衰退につながりました。

しかし、香港証券取引所は2日連続で11%の下落率で最も下落し、東京やロンドンなどの国際金融センターよりもはるかに高く、シンガポール、ソウル、バンコクよりもはるかに高かった。マレーシアのニーナ、ジャカルタ、シドニーが落ちました。

海外投資家が取引する割合が高い

香港証券取引所は開放度が比較的高く、海外投資家の割合が高いです。

近年、外国人投資家にとっての香港株式市場の魅力は大幅に高まっています。

香港証券取引所の調査報告書によると、機関投資家を主な投資グループとする海外投資家の割合は、2006年9月現在、過去10年間で最高水準に達しています。

2005年10月から2006年9月までの期間。外国人投資家の取引比率は42%に達しました。

つまり、さまざまなタイプの投資家の中で、海外の機関投資家の取引比率が最も大きいのです。

中国本土の株式の上場が多くなっている

香港証券取引所では、中国本土株の割合が年々増加しています。

過去10年間で、香港の株式市場は変化しました。

1997年、香港証券取引所に上場された中国関連株式(H株とレッドチップを含む)の時価総額は5,216億香港ドルで、香港上場企業の時価総額の16.29%を占めました。

2007年5月末までに、H株とレッドチップの時価総額は6.79兆香港ドルに達し、香港上場企業の時価総額の45.79%を占めています。

取引量では、H株とレッドチップのウェイトも1997年の38.19%から2007年には59.08%に上昇しました。②本土の株式が香港市場の半分を占めていることは明らかです。

中国のコンセプトは、香港市場のテーマにもなっていて、香港は中国の真の国際金融センターになりました。

香港の株式市場と中国本土の株式市場の間の相関関係も高まっています。

たとえば、2006年以降、本土のA株市場は急上昇しました。同時に、香港の株式市場は10年でピークに達しました。 2つの株式市場間の相関関係が明らかになりました。

近年、中国本土のA株のほぼすべての大きな変動により、香港の株式市場は「繁栄と損失の両方」の懸念に陥るでしょう。

こちらから取引を始める

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました