WeTradeがインデックス(指数)取引時間とスワップ料の課金日を変更します。

この記事は約2分で読めます。

wetradefx

WeTradeでは、リクイディティー・プロバイダーの慣習に従い、インデックス(指数)取引に関する週末を超えるスワップ料(3日分)の課金日を2022年1月から毎週金曜日に変更することになりました。

また、インデックス(指数)商品の取引時間は2022年1月7日から変更になりました。

この記事では上記の2点について一つずつ紹介します。

詳細はこちらから

Sponsor
Sponsor

スワップ料(3日分)の課金日の変更

WeTradeでは、リクイディティー・プロバイダーの慣習に従い、インデックス(指数)取引に関する週末を超えるスワップ料(3日分)の課金日を2022年1月から毎週金曜日に変更することになりました。

スワップポイントは、通貨間の金利差によって生じるもので、コツコツ貯めていくことで利益になる可能性があります。

ただし、スワップポイントは金利差によってプラスにもマイナスにもなるので、買えば必ず受け取れるわけではありません。

また、為替レートと同じようにスワップポイントも随時変動するので、受け取ることができる金額もそのときどきで変わりますし、場合によっては受け取りから支払いに転じることもあります。

スワップ料(3日分)の課金日が、「週明けに反映」から「毎週金曜日に反映」に変わりました。

「毎週金曜日に反映」に変わったので、土日のスワップポイントがまとめて付与されることがなくなります。

スワップがマイナスの場合は、土日にそのままポジションを保有してもスワップが課されなくなります。

どの通貨ペアを保有するかによってプラスかマイナスか、スワップの発生の仕方が異なります。

詳しいスワップポイントについては、MT4プラットフォームの気配値からご覧ください。

詳細はこちらから

インデックス(指数)商品の取引時間の変更

インデックス(指数)商品の取引時間は2022年1月7日から変更となりました。

最新の取引時間については、下記の表を参照してください。

シンボル 取引時間
200AUD 00:55-23:59
H33HKD 01:05-23:59
F40EUR 01:05-23:59

また、最新の取引時間については、公式Webサイトまたは、MT4で確認できます。

詳細はこちらから

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Get the Latest Articles(最新記事を入手しましょう)

メールアドレスを登録して、最新記事を入手しましょう!

記事が更新されるたびに、登録したメールアドレスに記事が更新されたことが伝えられます。

もちろん無料ですし、いつでも登録解除ができます。

よろしくお願いします。

Register your email address to get the latest articles!

Every time the article is updated, you will be notified that the article has been updated to the registered email address.

Of course it's free and you can unregister or unsubdcribe at any time.

Thank you.

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました